ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年6月 > 大規模接種会場における保管温度の逸脱によるワクチンの廃棄について

最終更新日:2022年6月16日

大規模接種会場における保管温度の逸脱によるワクチンの廃棄について

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年6月16日)

 6月15日(水曜)、大規模接種会場(ノエビアスタジアム神戸)において、ワクチンを適温で保冷している保冷庫の保管温度が逸脱したため、ファイザー社製ワクチン30バイアル(180回接種分に相当)のワクチンが使用できない状態になりました。貴重なワクチンを無駄にしてしまうことになり、市民の皆さまにご心配・ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

(1)内容

 6月14日(火曜)午後7時10分頃、会場担当者(市職員)が保冷庫を確認した際は、異常はありませんでした。
 6月15日(水曜)午前1時00頃、ノエビアスタジアム神戸においてLED取替えを行った際、工事業者が誤って当該保冷庫のブレーカーを落としたため、保冷庫の温度がワクチンの保管温度(2~8℃)を超える状態が30分程度継続しました。
 同日午前8時00頃、出務した会場担当者(市職員)が、温度異常が発生したことに気づき、事故が発覚しました。
 当該保冷庫には、30バイアルが保管されていましたが、廃棄せざる得ない状況となってしまいました。 
 なお、同会場ではモデルナ社製ワクチンとファイザー社製ワクチンの両方を取り扱っていますが、モデルナ社製ワクチンは、別の電気系統の保冷庫で管理をしており、温度管理に問題ないことが確認できましたので、今後のワクチン接種の予定に変更はありません。(ノエビアスタジアムでのファイザー社製ワクチン接種については、6月14日で終了しています。)

(2)今後の対応・再発防止策

 全接種会場に対し、電源関係の工事・点検等を行う際は事前に神戸市とも情報共有し、必要な対策を図るよう周知を行いました。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア