現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年6月 > 特定医療費(指定難病)受給者証有効期間延長についてのお知らせの誤送付について

更新日:2020年6月8日

特定医療費(指定難病)受給者証有効期間延長についてのお知らせの誤送付について

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年6月8日)
神戸市健康局保健所保健課 難病担当 加納・田中
TEL:078-322-5125 内線3366
E-mail:nanbyou_syomu@office.city.kobe.lg.jp

特定医療費(指定難病)受給者証有効期間延長についてのお知らせの誤送付について

  1. 概要
    令和2年6月3日(水)に「新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特定医療費(指定難病)受給者証有効期間の延長について」のお知らせを全受給者宛に郵送しました。
    その後、令和2年6月5日(金)に書類送付先のひとりから、市外に転出しているにもかかわらず、お知らせが送られてきたとの電話連絡を受け調査したところ、以下のとおり神戸市からの転出者等(喪失届を提出されている方)に対して、誤って喪失前の住所に送付していることが判明しました。

    受給資格喪失前の住所に誤って送付した方 計15名
    (内訳)
    ・市外に転出しているが、転出前の住所に送付した方 10名
    (上記のうち、転送届が提出されていることが受給者に確認できた方3名、
    受給者と連絡がとれていないため転送届が提出されているか不明な方7名)
    ・送付先として設定していた住所に転出した方 4名
    ・軽症になったため喪失していたが送付した方 1名

    上記のうち、転出前の住所に誤って送付し連絡が取れていない7名について、郵便局への転送届が未提出の場合は、第三者に郵便物が配達されている可能性があることがわかりました。お知らせには個人情報は記載されていませんが、第三者に指定難病の受給者であることを知られる可能性があります。
     
  2. 原因
    喪失者のシステム入力を行った際に、次年度の更新取下げの入力を行っていたが、有効期間を正しく入力していなかったため。
     
  3. 対応
    転出前の住所に送付し、転送届が提出されているか不明な7名の方に、6月6日(土)新しい住所にお詫びの文書を送付しました。
     
  4. 再発防止について
    今後、喪失者のシステム入力を行う際に、正しい有効期間に設定することを徹底し、再発防止に努めてまいります。
     

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア