ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年9月 > ファイザー社製のコロナワクチンの異物混入について

最終更新日:2021年9月15日

ファイザー社製のコロナワクチンの異物混入について

ここから本文です。

ワクチンロゴ

記者資料提供(令和3年9月15日)

 9月13日に神奈川県鎌倉市において、9月14日に同県相模原市及び大阪府堺市において、それぞれの接種会場で使用するファイザー製ワクチンから異物が確認されたとの発表がありました。
 この発表を受けて調査した結果、神戸市にも対象のロット番号が付されたワクチンが配分されていたことが判明しました。
 これらに関し、本日、厚生労働省及びファイザー社から、以下の発表がありました。

1.厚生労働省発表要旨(新型コロナウイルスワクチンのバイアル内の白色浮遊物について)

・ファイザー社製ワクチンは、製剤特性として製品由来の白色の微粒子(浮遊物)を含むことがあるが、希釈し溶解した場合は問題なく使用可能。
・稀に、希釈後、製品由来の白色の微粒子(浮遊物)が溶解せずに残ることがある。その場合は当該バイアルは使用せず、他のバイアルを使用すること。
 なお、製品由来の白色浮遊物は安全性への影響はない。

2.神戸市に納入された対象のワクチン

ロット番号「FF5357」
(合計バイアル数10,725バイアル(64,350回接種分))(1バイアル=6回接種)
なお、一部の集団接種会場と個別接種医療機関において、既に対象となるワクチンを使用しましたが、接種前の確認では異物の混入は認められていません。

3.神戸市での対応

他都市での発表を受け、本市においても該当ロット番号のワクチンの使用を一時見合わせておりましたが、厚生労働省及びファイザー社の発表を受け、引き続き細心の注意を払い、異物の混入がないことを確認のうえ、接種に使用することとします。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア