ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年10月 > インフルエンザワクチン早期接種の勧奨について

最終更新日:2022年10月13日

インフルエンザワクチン早期接種の勧奨について

ここから本文です。

記者資料提供(2022年10月13日)
健康局保健所保健課

1.経緯

新型コロナ感染症の流行以降はインフルエンザの流行がみられませんでしたが、オーストラリアの流行状況から今年は流行が懸念されています。
インフルエンザによって入院治療を必要とされた方の多くは、高齢者や子どもであることから、特に感染予防対策や重症化予防策が重要です。
インフルエンザの予防接種には、発症を予防する効果や発症した場合であっても重症化を防ぐ効果があります。
また、今年度より、新型コロナワクチンとの接種間隔の規定が撤廃され、同時接種も可能となったことから、より接種をうけていただきやすくなりました。
今冬は、新型コロナウイルス感染症との同時流行に備え、重症化を防止し、病床の逼迫を防ぐためにも、早期に接種を受けていただきたいと考えており、様々な呼びかけを行っていきます。

2.呼びかけ内容

  • 高齢者及びこどもへのインフルエンザワクチンの早期接種の推奨
  • インフルエンザワクチンと新型コロナワクチンの同時接種が可能なこと

3.本市からの呼びかけ方法

国からの要請に基づき、例年実施している各医療機関、区役所等での啓発に加え、早期に接種していただくよう、デジタルサイネージ・ポスターを活用し公共交通機関及び商業施設において啓発を図るほか、公式ホームページ及びSNSによる広報を実施します。
date

4.助成対象者及び助成費用

対象 自己負担額 備考

高齢者
①満65歳以上
②満60歳から64歳の心・腎・呼吸器機能、HIVによる免疫機能の障害で身体障害者手帳1級を有するまたは同程度以上の人

1,500円
(低所得者は無料)

  • 定期予防接種のため、市基準額を設定し、市民の自己負担額も一定額(1,500円)
  • 定期接種化は平成13年度

子ども
①満1~12歳

※任意予防接種であるが、市独自で費用助成実施

接種費用のうち2,000円を除いた額
(満18歳未満の子が2人以上いる世帯は、2回目接種も助成)

  • 自由診療にあたるため、接種料は医療機関設定額であり、一律金額を助成
  • 費用助成開始は平成21年度

5.助成対象期間

神戸市では、早期に接種を開始していただく観点から、令和4年10月1日から令和5年1月31日までとしています。

6.インフルエンザワクチンの供給状況について

ワクチンの需要が高まる中、今冬のインフルエンザワクチンは、記録が残る中で最大の供給量となる約3,521万本を確保できる見込みです。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア