須磨区の歴史

最終更新日
2011年9月1日

須磨区の主なできごとを年表でご紹介します。

1920〜1940年

 

年代須磨区での主なできごと神戸市とその他の主なできごと
1920年
(大正9年)
・兵庫県武庫郡須磨町が神戸市に編入(4月1日)
・須磨警察署が発足(4月1日)
・須磨消防組(現在の須磨消防署)新設(4月1日)
・第1回国勢調査実施(10月1日)
  神戸市の人口 608,644
  須磨町の人口 32,357
・須磨町、神戸市に編入(4月)
・阪神急行電鉄「梅田・神戸(上筒井)」間 開通(7月16日)
・神戸海洋気象台業務開始(8月26日)
・第5代市長櫻井鐵太郎就任(10月18日)
・第1回国勢調査実施(10月1日)
・市営住宅建設着手(10月)
・国際連盟成立(1月10日)
1921年
(大正10年)
・神戸市役所須磨出張所出火(3月31日)
建物の大半を焼き、「西須磨会議所」に臨時事務所を設置
・須磨の旧前田邸跡に須磨警察署新築落成(10月26日)
・「須磨町合併」「神戸開港五十年」「市制実施三十年」などの総合記念祝賀会開催(3月20日)
・市立図書館大倉山に開館(11月10日)
1922年
(大正11年)
・皇太后陛下(昭和天皇)武庫離宮に滞在(3月10〜18日)
・須磨裁縫女学校(現在須磨学園)が須磨町大手に開設(11月)
・第6代市長石橋為之助就任(12月22日)
1923年
(大正12年)
・私立睦高等学芸塾(現在須磨ノ浦女子高等学校)開設(6月10日)
・西須磨公設市場開設(11月)
・東須磨公設市場開設(12月)
・関東大震災発生(9月1日)
1924年
(大正13年)
・須磨地区水道工事完成(3月1日)・市立診療所創立(3月)
・神戸デパート開業(3月10日)
・神戸海洋気象台設立、天気予報開始(4月)
・甲子園野球場新設(8月1日)
1925年
(大正14年)
・「須磨百首かるた」発売(7月)
・第2回国勢調査実施(10月1日)
  神戸市の人口 644,212
  須磨町の人口 53,605
・摩耶山ケーブルカー開通(1月6日)
・第7代市長に黒瀬弘志氏就任(8月)
1926年
(大正15年・
昭和元年)
・天井川改修工事完成(6月30日)・大正天皇崩御、昭和に改元(12月25日)
1927年
(昭和2年)
・須磨天神橋跨線橋竣工(2月28日)
・山本周五郎氏、「須磨寺附近」発表(4月)
・金融恐慌勃発(3月14日)
・神戸の豪商鈴木商店破産(4月2日)
・阪神国道(国道二号)開通式(6月14日)
1928年
(昭和3年)
・この年須磨は自殺の名所となる。
 (1年間に自殺67人、未遂127人)
・国立神戸移民収容所開所(3月1日)
・神戸有馬電気鉄道湊川・有馬温泉間 開通(11月28日)
1929年
(昭和4年)
・妙法寺川尻海水浴場に初めて神戸市公設食堂を開設(7月1日)・六甲村・西灘村・西郷町の3カ町村神戸市編入(4月1日)
・第1回普通選挙法による市会議員選挙を実施(4月25日)
1930年
(昭和5年)
・市営バス運転開始(須磨駅前〜六甲桜口間)(9月16日)
・第3回国勢調査実施(10月1日)
  神戸市の人口 787,616
  須磨町の人口 74,270
・海港博覧会開催(9月20日)
1931年
(昭和6年)
・東須磨地域の町名整理(ほぼ現行の町名を設定)(7月)
・須磨区役所新発足(9月1日)
(東須磨北町1丁目1番地先―天井川埋立地にあり)
・国鉄灘駅〜鷹取間高架工事完成(10月10日)
・西須磨地域の町名整理(ほぼ現行の町名を設定(10月)
・神戸市を8区に分割、灘、葺合、神戸、湊東、湊、湊西、林田、須磨にそれぞれ区制を実施(9月1日)
・六甲ロープウェイ開通(9月10日)
1932年
(昭和7年)
・区内に火災報知器を設置(5月1日)・六甲山ケーブル開通(3月10日)
・区内小学校に学校給食開始(7月7日)
・ひよどり越墓園開園(12月2日)
1933年
(昭和8年)
・市営バス須磨駅前〜多井畑運転開始(3月11日)・神明国道完成(8月3日)
・第1回神戸みなとの祭開催(11月7日)
・第8代市長に勝田銀次郎就任(12月21日)
1934年
(昭和9年)
・市営バス川上町〜車大道間運転開始(3月1日)
・国鉄高架線電化完成、須磨〜吹田間 運転開始(7月20日)
・中突堤完成(9月6日)
・市電三宮〜税関前開通(9月7日)
1935年
(昭和10年)
・東須磨公設市場開設(2月20日)
・須磨浦公園開園(8月1日)
・第4回国勢調査実施(10月1日)
  神戸市の人口 912,179
  須磨区の人口 94,382
・市電東部国道線開通(10月1日)
1936年
(昭和11年)
・神戸市立大黒小学校開校(4月1日)
・多井畑浄水場完成、給水開始(4月)
・須磨浦公園鉢伏山山中に芭蕉句碑を建立(4月)
・2.26事件発生(2月26日)
・阪急電車三宮高架乗入れ(4月1日)
・市内観光バス営業開始(10月11日)
1937年
(昭和12年)
・市電須磨線(須磨浦通4〜須磨駅前)全線開通(1月28日)
・芭蕉の三段切の句碑を現光寺境内に建立(2月)
・市電板宿線開通(4月1日)
・千歳小学校開校(4月1日)
・須磨高等小学校開校(9月1日)
・市内に木炭バス運行開始(3月15日)
・ヘレン・ケラー来神(5月13日)
1938年
(昭和13年)
・若宮小学校開校(4月1日)
・松野実業学校(現神戸工業高校)開校(4月8日)
・7月5日の阪神大水害で天井川畔に仮設住宅「須磨避難所」建設(7月24日)
・市制50周年記念式挙行(4月21日)
・阪神大水害おこる(7月5日)
  神戸市死者 616人
  家屋流失 5,961戸
  被害高 約1億5千万円
1939年
(昭和14年)
・須磨警防団結成(3月13日)・神戸市の人口100万人突破(10月1日)
1940年
(昭和15年)
・第5回国勢調査実施(10月1日)
  神戸市の人口 967,234
  須磨区の人口 113,212
・「隣組制度」発足(8月28日)
・日独伊三国同盟条約(9月27日)
   

1941〜1960年

 

年代須磨区での主なできごと神戸市とその他の主なできごと
1941年
(昭和16年)
・須磨高等小学校を南須磨国民学校と改称(4月1日)
・板宿公設質屋開設(5月)
・明石郡垂水町を神戸市に合併、須磨区に編入(7月1日)
・小学校を国民学校と改称(4月1日)
・大東亜戦争始まる(12月8日)
1942年
(昭和17年)
・「安徳帝内裏跡伝説地」の石標を西須磨協議会が建立(12月8日)・第9代市長 野田文一郎就任(1月8日)
・神戸、初空襲される(4月18日)
1943年
(昭和18年)
 ・建物の疎開始まる(9月)
1944年
(昭和19年)
 ・神戸市が学童疎開都市に指定(7月)
1945年
(昭和20年)
・B29の爆撃により、須磨区の大半焼土と化す(3月17日)
  市内被害者23万人、死者2,598人、負傷者8,558人
・神戸市8区を6区に再編成(5月1日)
  (生田、兵庫、長田、須磨、灘、葺合日)
・須磨区役所爆撃により焼失、事務所を西須磨国民学校へ(6月5日)
・第10代市長 中井一夫就任(8月1日)
・ポツダム宣言を受諾し終戦(8月15日)
・神戸市復興本部発足(11月1日)
・戦後第1回の人口調査
  人口 37万859人
1946年
(昭和21年)
・神戸市電、鷹取町2丁目〜離宮道間復旧(2月20日)
・須磨区内の垂水地区新たに「垂水区」となり市内7区編成(11月1日)
・全市の小学校で給食開始(1月25日)
・市立外事専門学校(神戸外大)開校(3月)
1947年
(昭和22年)
・神戸市立鷹取中学校開校(4月1日)
・神戸市立飛松中学校開校(4月22日)
・須磨境浜海水浴場再開(7月1日)
・須磨消防署、鷹取1丁目に新発足。板宿、離宮道に出張所設置(8月27日)
・第6回国勢調査実施(10月1日)
  神戸市の人口 607,079人
  須磨区の人口 57,923人
・有馬町など西北神の10カ町村を神戸市編入(3月1日)
・初の市長公選により第11代市長に小寺謙吉就任(4月7日)
・日本国憲法公布(11月3日)
1948年
(昭和23年)
・神戸市立太田中学校が飛松中学校より分離独立(4月2日)
・須磨海浜公園布設海水浴場を開く(6月25日)
・須磨保育所を開所(7月)
・須磨神愛母子寮開設(7月)
・山陽電鉄、須磨‐塩屋間新線布設工事完成(11月18日)
・神戸市警察・消防局発足(3月7日)
・神戸市教育委員会発足(10月)
1949年
(昭和24年)
・神戸市立須磨高等学校、学区制実施により若宮小学校内に開校(4月1日)
・須磨公民館を須磨区須磨南町に開設(6月)
・神戸市立飛松中学校新校舎落成(11月18日)
・須磨区役所を東須磨南町1丁目に新築(12月)
・第12代市長原口忠次郎就任(11月25日)
1950年
(昭和25年)
・須磨保健所開設(4月1日)
・第7回国勢調査実施(10月1日)
  神戸市の人口 804,501人
  須磨区の人口 68,086人
・神戸博覧会開会(3月15日)
・御影町、住吉村、魚崎町、神戸市と合併(4月1日)
・ジェーン台風神戸上陸(9月3日)
・本庄村・本山村を合併(10月10日)
1951年
(昭和26年)
・須磨海浜公園開く(3月1日)
・須磨保健所を稲葉町3丁目に新築移転(6月1日)
・市立図書館入場料を(4月17日)
・道場村・八多村・大沢村を合併(7月1日)
1952年
(昭和27年)
・市バス須磨−三宮間急行バス運転開始(5月15日)
・納涼花火大会を須磨境浜にて開催(8月9日)
・神戸放送(AM神戸)が放送開始(4月1日)
・全国「住民登録」始まる(7月1日)
1953年
(昭和28年)
・須磨区体育振興会結成(4月)
・須磨区月見山、松風架道橋完成(8月25日)
・太田中学校落成式(10月17日)
・市バス板宿〜三宮間急行バス運転開始(12月1日)
・民間テレビ放送(8月28日)
・市立中央市民病院開院(10月1日)
1954年
(昭和29年)
・須磨浦公園 みどりの塔 除幕式(4月3日)
・須磨保育所落成(6月28日)
・須磨観光協会創立(10月11日)
・日本の貨幣の「円」以下を廃止(1月1日)
・国鉄新長田駅新設(4月1日)
1955年
(昭和30年)
・市立須磨高校高尾台に新校舎完成(2月26日)
・神戸市立若宮幼稚園を若宮幼稚園内に開園(4月1日)
・第8回国勢調査実施(10月1日)
  神戸市の人口 981,318
  須磨区の人口 80,063
・須磨区連合婦人会結成(11月10日)
・長尾村、神戸市と合併(10月1日)
1956年
(昭和31年)
・須磨海浜公園野球場完成(9月30) (国体軟式野球用)・六甲山国立公園となる(5月10日)
・神戸市政令指定都市になる(7月31日)
・人口再び100万人突破(10月1日)
・第11回国民体育大会神戸市開催 (10月28日)
1957年
(昭和32年)
・神戸市立須磨水族館開館(5月10日)
・須磨浦ロープウェイ架設(9月18日)
・板宿−長田山麓道路開通(10月)
・長田市民病院開設(4月)
・神戸市役所前花時計始動(4月24日)
・神戸市新庁舎(現2号館)落成(4月26日)
・神戸・シアトル姉妹都市提携(10月21日)
1958年
(昭和33年)
・須磨浦公園に「みどりの塔」建設(5月)
・須磨海浜公園内に須磨ビーチハウス開館(7月)
・淡河村、神戸市と合併(2月1日)
・1万円札発行(12月)
1959年
(昭和34年)
・須磨浦公園山上遊園開園(7月24日)
・須磨浦公園内に勤労会館海の家開設(7月31日)
・メートル法完全実施(1月1日)
・伊勢湾台風被害甚大(9月26日)
1960年
(昭和35年)
・神戸市立北須磨小学校を開校(4月1日)
・須磨ヨットハーバー完成一般開放(7月1日)
・第9回国勢調査実施(10月1日)
  神戸市の人口 1,113,977
  須磨区の人口 93,578
・カラーテレビ放送開始(9月10日)
  

1961〜1980年

年代須磨区での主なできごと神戸市とその他の主なできごと
1961年
(昭和36年)
・須磨寺大池湖畔に温泉湧出「須磨温泉」と命名(2月)
・須磨区役所に「市民相談室」開設(6月1日)
・国民健康保険制度実施(1月1日)
・神戸・マルセイユ姉妹都市提携(7月2日)
1962年
(昭和37年)
・国民健康保険制度実施(1月1日)
・神戸・マルセイユ姉妹都市提携(7月2日)
 
1963年
(昭和38年)
・高倉山で須磨ベルトコンベアーの工事始まる(4月)
・神戸須磨ライオンズクラブ発足(8月3日)
・神戸須磨ロータリークラブ発足(10月12日)
・神戸ポートタワー完成(11月20)日
1964年
(昭和39年)
・須磨高尾台団地分譲始まる(1月5日)
・多井畑、高倉山一帯開発工事開始(3月31日)
・須磨海浜公園西端に旧和田岬灯台保存移転工事完成(7月30日)
・東海道新幹線営業開始(10月1日)
・東京オリンピック開幕(10月10日)
・神明国道バイパス開通(10月30日)
・神戸市の人口、120万人突破(12月)
1965年
(昭和40年)
・国鉄鷹取−西明石間複々線完成(2月17日)
・阪神間海水浴場廃止、須磨は唯一として残る(6月29日)
・第10回国勢調査実施(10月1日)
  神戸市の人口 1,216,666
  須磨区の人口 103,509
・須磨区総合庁舎起工式(12月28日)
・さんちかタウンオープン(10月1日)
・神戸デパート完成(11月23日)
1966年
(昭和41年)
・安徳帝内裏跡で「玩具供養」(4月24日)
・須磨区善意銀行(区役所内社会福祉協議会)発足(10月1日)
・須磨区総合庁舎を須磨区中島町1丁目1番地に新築移転(12月12日)
・ポートアイランド着工(4月14日)
・阪神高速道路神戸1号線京橋−柳原間開通(10月17日)
1967年
(昭和42年)
・須磨離宮公園開園(5月1日)
・市立板宿児童館開館(6月1日)
・六甲山トンネル開通(3月25日)
・神戸開港百年祭挙行(5月15日)
・集中豪雨被害(7月9日)
1968年
(昭和43年)
・ラジオ関西新社屋完成、放送開始(4月1日)
・神戸高速鉄道開通、阪神、阪急ともに、須磨浦公園駅まで乗入れ開始(4月6日)
・阪神高速道路神戸1号線生田川−若宮間開通(7月29日)
・須磨離宮公園100万人(9月8日)
 
1969年
(昭和44年)
・阪神高速道路月見山−若宮間開通(4月25日)
・神戸市立考古館、須磨離宮公園内に開館(5月1日)
・サンテレビ開局(5月1日)
・リオ・デ・ジャネイロ市と姉妹都市提携(5月19日)
・第13代市長に宮崎辰雄就任(11月20日)
1970年
(昭和45年)
・第二神明道路(月見−魚住)開通(3月8日)
・須磨神戸市編入50周年記念祝賀式を須磨公会堂で開催(4月29日)
・県立こども病院開設(5月5日)
・村雨保育所開設(6月1日)
・第11回国勢調査実施(10月1日)
  神戸市の人口 1,288,937
  須磨区の人口 111,123
・大阪で日本万国博覧会開催(3月14日)
・神戸大橋開通式、ポートターミナル完成式(4月10日)
1971年
(昭和46年)
・禅昌寺完保育所完成(4月28日)
・第1回神戸まつり「須磨音楽の森」開催(5月15日)
・鷹取保育所開設(7月1日)
・須磨水族館、ファミリープールオープン(7月1日)
・市電全線廃止(3月13日)
・第一回神戸まつり開催(5月15日)
1972年
(昭和47年)
・海釣り公園釣り台第1号完成(3月16日)
・白川台・高倉中学校開校(4月) ・市営地下鉄起工式(11月25日)
・人間環境都市宣言(7月31日)
・六甲アイランド着工(12月)
1973年
(昭和48年)
・高倉台小学校開校(4月)
・高倉台保育所開所(6月1日)
・「須磨海岸を美しくする運動推進協議会」が発足。30日第1回活動(6月22日)
・須磨体育館完成(7月17日)
・北区誕生(8月1日)
・神戸文化ホール開館(9月16日)
1974年
(昭和49年)
・須磨海釣り公園オープン(8月25日)・リガ市と姉妹都市提携(6月18日)
1975年
(昭和50年)
・菅の台小学校開校(4月) ・須磨消防署板宿出張所新庁舎竣工(6月16日)
・第12回国勢調査実施(10月1日)
  神戸市人口 1,360,605
  須磨区人口 125,550
・第1回六甲山縦走市民大会開催(11月23日)
・神戸市婦人団体協議会の市債購入運動開始(12月6日)
1976年
(昭和51年)
・竜が台中学校開校(4月)・名谷南会館開設(4月2日)
・市営地下鉄、名谷業務ビル総合事務所開所(8月3日)
・新神戸トンネル開通(5月14日)
1977年
(昭和52年)
・落合中央公園完成(2月28日)
・北須磨団地中央センター完成(3月25日)
・北須磨支所開設(6月6日)
・名谷団地(垂水区)を須磨区に編入(6月6日)
・東落合・竜が台・満香幼稚園、須磨東高が開設
・市営地下鉄名谷・新長田間開通(3月13日)
・この年異人館ブームになる
1978年
(昭和53年)
・須磨ヨットハーバー開港(7月1日)
・南須磨公民館開館(12月12日)
・横尾・西落合幼稚園、東落合・竜が台小学校、青養高等養護学校が開設
 
1979年
(昭和54年)
・西落合・横尾小学校、東落合・友が丘中学校開校(4月)・須磨離宮植物園開園(4月28日)
・名谷センタービル竣工(9月28日)
・落合クリーンセンター完成(11月)
・板宿福祉ビル完成(12月25日)
・神戸フィルハーモニック誕生(6月21日)
1980年
(昭和55年)
・須磨パティオオープニング(3月15日)
・第1回須磨大茶会開催(5月2日)
・第13回国勢調査実施(10月1日)
  神戸市人口 1,367,390
  須磨区人口 155,683
・若草・松尾小学校、西落合・横尾中学校、神戸工業高校、のぞみ・やまびこ保育園が開設
・勤労開館・青少年会館開館(4月24日)
・西神インダストリアル・パーク始動(6月11日)
・中央区発足(12月1日)

1981〜2000年

年代須磨区での主なできごと神戸市とその他の主なできごと
1981年
(昭和56年)
・国立神戸病院が開院(4月1日)
・横尾センターがオープン(4月25日)
・須磨区民センター、須磨図書館オ−プン(9月1日)
・花谷・神の谷小学校、くすのき保育園、千歳保育所開設
・ポートアイランド完成(2月4日)
・ポートライナー開通(2月5日)
・新中央市民病院開設(3月14日)
・ポートピア 81開幕(3月20日)
1982年
(昭和57年)
・北須磨文化センター開館(7月17日)
・市営地下鉄妙法寺駅前にパーク&ライド方式の駐車場が開設(7月19日)
・山陽電鉄地下化工事(新湊川右岸〜東須磨駅)開始(9月16日)
・須磨消防署北須磨出張所開設(9月29日)
・西区発足(8月1日)
・市立博物館開館(11月3日)
1983年
(昭和58年)
・須磨アルプスに道標設置(4月23日)
・南落合小学校・須磨友が丘高校が開設。啓明女学院高が須磨区に移転
・グリーンコウベ作戦の植樹、1千万本達成(3月)
1984年
(昭和59年)
・神戸ライオンズクラブ源平800記念碑建立(4月3日)
・須磨太鼓誕生(4月23日)
・神戸総合運動公園陸上競技場完成(10月4日)
・山麓バイパス開通(中央区加納町〜車)(11月2日)
・青少年科学館オープン(4月29日)
・神戸ポートアイランドホール完成(10月5日)
・農業公園オープン(10月28日)
1985年
(昭和60年)
・神戸総合運動公園、神戸流通業務団地を垂水区、西区から編入(2月1日)
・源平須磨まつり開催(4月6日)
・グリーンエキスポ 85開幕(総合運動公園)(7月21日)
・ユニバーシアード神戸大会開幕(8月24日)
・第14回国勢調査実施(10月1日)
  神戸市人口 1,410,834
  須磨区人口 181,966
・ブリスベーン市と姉妹都市提携(7月16日)
1986年
(昭和61年)
・神戸総合運動公園体育館オープン(4月12日)
・高倉台地域福祉センター オープン(市内第1号)(10月1日)
 
1987年
(昭和62年)
・須磨北郵便局開局(3月9日)
・須磨北中学校開校(4月1日)
・友が丘地域福祉センターオープン(6月6日)
・松風南地域福祉センターオープン(6月18日)
・須磨海浜水族園オープン(7月16日)
・スマビーチ・サマーフェスティバル開催(8月1日〜2日)
・市営地下鉄全線開通(3月18日)
・神戸開港120年祭開催(4月29日)
・神戸海洋博物館開館(4月30日)
1988年
(昭和63年)
・「グリーンスタジアム神戸」完成式(3月6日)
・第1回須磨ビーチフェスティバル開催(8月16日)
・明石海峡大橋着工(4月1日)
・北神急行電鉄開業(4月2日)
1989年
(昭和64年・
平成元年)
・須磨区役所北須磨支所庁舎移転記念式(2月13日)
・イルカライブ館オープン(須磨海浜水族園)(3月27日)
・市政100周年須磨区記念行事「須磨源平武者行列」開催(4月9日)
・多井畑地域福祉センターオープン(6月7日)
・フェスピック神戸大会開会式(9月15日)
・昭和天皇崩御、平成に改元(1月7日)
・神戸市制100周年記念式典(4月1日)
・消費税実施(4月1日)
・「しあわせの村」開村(4月23日)
・第14代市長に笹山幸俊就任(11月20日)
1990年
(平成2年)
・土木局西部土木事務所(現建設局西部建設事務所)竣工(7月24日)
・神の谷地域福祉センターオープン(5月31日)
・第15回国勢調査実施(10月1日)
  神戸市人口 1,477,410
  須磨区人口 188,119
・六甲ライナー開業(2月21日)
・オリックス球団が神戸に移転(8月)
1991年
(平成3年)
・神戸まつり「須磨音楽の森」にて「こども源平武者行列」開催(5月18日)
・新たな須磨福祉事務所開設(6月15日)
・西落合地域福祉センターオープン(6月18日)
・須磨の浦地域福祉センターオープン(6月24日)
・白川台地域福祉センターオープン(7月10日)
・第1回須磨薪能開催(8月29日)
・第1回北須磨きらきら夏まつり開催(8月31日)
・布引ハーブ園、新神戸ロープウェー 開業(10月)
1992年
(平成4年)
・菅の台地域福祉センターオープン(2月14日)
・須磨在宅福祉センター(デイホームコスモス)開所(2月26日)
・禅昌寺地域福祉センターオープン(3月18日)
・竜が台地域福祉センターオープン(4月7日)
・須磨警察署、大池町に移転(7月17日)
・神戸ハーバーランドびらき(9月)
・神戸市の人口150万人達成(12月)
1993年
(平成5年)
・須磨ストリートギャラリー完成(JR鷹取駅西側)(1月18)
・妙法寺地域福祉センターオープン(3月10日)
・アーバンリゾートフェア 93須磨区オープニングイベントでJR須磨駅前に観光案内板掲示(4月1日)
・松尾地域福祉センターオープン(4月13日)
・南落合地域福祉センターオープン(4月16日)
・グリーンアリーナ神戸完成(7月2日)
・第1回区民スポーツフェア開催(7月4日)
・ハーバーハイウェイが全線開通(2月)
・西神南ニュータウンが街びらき(3月)
・フルーツフラワーパーク開園(4月)
・バルセロナ市と姉妹都市提携(4月)
1994年
(平成6年)
・大黒地域福祉センターオープン(3月23日)
・環境須磨事業所新庁舎完成、業務開始(5月30日)
・関西国際空港が開港(9月4日)
1995年
(平成7年)
・阪神・淡路大震災発生(1月17日)
 須磨区内被害状況
  ・死亡者 401人
  ・全 壊 7,696棟
  ・半 壊 5,608棟
  ・全 焼 407棟
  ・半 焼 9棟
・横尾地域福祉センターオープン(2月1日)
・第16回国勢調査実施(10月1日)
  神戸市人口 1,423,792
  須磨区人口 176,507
・リファーレ横尾リニューアルオープン(10月6日)
・阪神・淡路大震災発生(1月17日)
 マグネチュード7.2
 神戸市内被害状況
  ・死亡者 4,569人
  ・全 壊 67,421棟
  ・半 壊 55,145棟
  ・全 焼 6,965棟
  ・半 焼 80棟
・「神戸ルミナリエ」初開催(12月15日)
1996年
(平成8年)
・新春復興凧揚げ大会開催(1月13日)
・震災1年復興記念植樹(下中島公園)(1月31日)
・ジョイエール月見山オープン(4月17日)
・板宿商店街のアーケード・カラー舗装完成(4月26日)
・シーパル須磨オープン(7月1日)
・神戸市看護大学が開学(4月)
1997年
(平成9年)
・須磨大茶会復活(5月2日)
・須磨寺公園完成記念式典(5月3日)
・須磨区民ふれあいのつどいにて「1997年夏・須磨宣言」が行われる(8月16日)
・消費税5%に(4月1日)
・神戸ファッション美術館オープン(4月25日)
・神戸港震災メモリアルパークを竣工(7月)
1998年
(平成10年)
・東落合地域福祉センターオープン(3月21日)
・第1回源平こども夢行列開催(9月26日)
・明石海峡大橋開通(4月5日)
・WHO神戸センター本事務所がオープン(4月1日)
・神戸・長江経済貿易連絡事務所を開設(12月)
1999年
(平成11年)
・須磨寺参道にお大師広場完成(10月24日)
・東須磨地域福祉センターオープン(12月23日)
・神戸港港島トンネルが開通(7月30日)
・神戸空港着工(9月13日)
2000年
(平成12年)
・須磨水族園「アマゾン館」オープン(7月7日)
・須磨パティオ「健康館」オープン(9月7日)
・第17回国勢調査実施(10月1日)
  神戸市人口 1,493,398
  須磨区人口 174,056
・介護保険スタート(4月1日)

2001年〜

年代須磨区での主なできごと神戸市とその他の主なできごと
2001年
(平成13年)
・21世紀・復興記念事業開催(1月17日〜9月)
・若草地域福祉センターオープン(4月14日)
・地下鉄海岸線開通(7月7日)
・神戸ウィングスタジアム完成(10月11日)
・第15代市長に矢田立郎就任(11月20日)
2002年
(平成14年)
・だいち小学校開講(千歳小・大黒小が統合)(4月1日)
・すまいるプラザ大黒オープン(11月5日)
・2002FIFAワールドカップ 神戸で開催(6月5日・7日・17日)
・有馬温泉「金の湯」オープン(12月4日)
2003年
(平成15年)
・リサイクル工房だいこくオープン(11月1日)
・須磨寺公園で桜の植樹(11月24日)
・「先端医療産業特区」「国際みなと経済特区」が構造改革特区に認定(4月25日)
・行政経営方針を発表(12月11日)
2004年
(平成16年)
・須磨区民防犯・防火大会開催(3月27日)
・すま障害者地域生活支援センターオープン(6月27日)
・市役所本庁舎でISO14001の認証を取得(3月8日)
・「こうべ環境未来館」「資源リサイクルセンター」がオープン(6月1日)
・全市震災直前人口越える(1,520,581人)(11月1日)
2005年
(平成17年)
・須磨区役所・須磨消防署にてKEMS認証を取得(2月23日)
・須磨区中期計画を策定(6月)
・第18回国勢調査実施(10月1日)
 神戸市人口 1,525,393
 須磨区人口 171,628
・ベルトコンベア稼動停止(9月12日)
・「震災10年神戸からの発信」を開催
2006年
(平成18年)
・神戸女子大学と地域連携協定を締結(3月7日)
・須磨百首かるたを再興(8月19日)
・須磨区の木を「松」に決定(12月)
・ポートライナー延伸線開通(2月2日)
・神戸空港開港(2月16日)
・のじぎく兵庫国体(9月30日〜10月10日)、のじぎく兵庫大会(10月14日〜10月16日)開催
・神戸文学館開館(12月4日)
2007年
(平成19年)
・「旧海の家」が「須磨一の谷プラザ」として再オープン(4月17日)
・須磨離宮公園開園40周年(5月1日)
・須磨海浜水族園開園50周年(5月10日)
・神戸市と北須磨団地との間でパートナーシップ協定が締結(10月23日)
・次世代スーパーコンピュータ神戸立地決定(3月28日)
・証明書自動交付機が稼動(7月1日)
・神戸ビエンナーレ初開催(10月6日〜11月25日)
2008年
(平成20年)
・神戸大学医学部保健学科と地域連携協定を締結(1月9日)
・JR須磨海浜公園駅供用開始(3月15日)
・「須磨海岸を守り育てる条例」の施行(4月1日)
・G8環境大臣会合開催(5月24日〜5月26日)
・ユネスコ「デザイン都市」にアジアで初認定(10月16日)
2009年
(平成21年)
・市立須磨高等学校と市立神戸西高等学校を再編統合し、市立須磨翔風高等学校を開校(4月)
・落合クリーンセンター ごみ焼却を停止(10月)
・市政施行120周年(4月1日)
・新型インフルエンザ発生(5月)
・長田のまちに鉄人28号誕生(10月4日)
・神戸空港搭乗者1000万人達成(10月30日)
2010年
(平成22年)
・第19回国勢調査実施(10月1日)
 神戸市人口 1,544,200
 須磨区人口 167,475
・神戸ポートタワー リニューアルオープン(4月28日)
・神戸市バス開業80周年(9月16日)
・神戸こども初期急病センター診療開始(12月1日)
2011年
(平成23年)
・流通科学大学との地域連携協定を締結(2月3日)
・須磨区計画を策定(2月)
・須磨区政80周年(9月1日)
・第5次神戸市基本計画及び神戸市行財政改革2015を策定(2月)
・神戸市総合コールセンター運用開始(4月1日)
・第1回神戸マラソン開催(11月20日)
2012年
(平成24年)
・妙法寺川親水護岸が供用開始(4月8日)
・須磨区役所を市立大黒小学校跡地に移転(5月7日)
・「危機管理センター」供用開始(4月1日)
・関西広域連合への正式加入(8月14日)
・スパコン「京(けい)」共用開始(9月28日)
・「デザイン・クリエイティブセンター神戸」 グランドオープン(10月6日)
2013年
(平成25年)
・須磨海浜水族園が「須磨ドルフィンコースト(社会実験)」を実施(6月13日〜7月31日)
・海水浴期間中、須磨海水浴場・須磨海浜公園で喫煙違反者から過料徴収を開始
・神戸市看護大学との地域連携協定を締結(11月1日)
・須磨区マスコットキャラクター「すまぼう」誕生(12月24日)
・国の環境モデル都市に選定(3月15日)
・神戸市災害受援計画策定(3月)
・ハーバーランドリニューアル、アンパンマンミュージアムとの連携(4月18日、19日)
・国立大学法人神戸大学との包括連携協定を締結(5月24日)
・第16代市長に久元喜造就任(11月20日)
2014年
(平成26年)
・妙法寺の一部を「桜の杜」に区域及び名称変更(3月1日)
・武庫離宮(現・須磨離宮公園)造営100年(12月)