須磨区長日記

最終更新日
2018年2月26日

須磨区の日々の出来事から、私自身が感じたことなどをお届けします

平成30年2月26日(月曜) 須磨区役所にうみがめがやってきました

 須磨海浜水族園の特別展「スマスイ開業60周年展」で、人気を集めていたうみがめが須磨区役所にやってきました。

 また、旧須磨水族館のシンボルであった「うみがめ水槽」を再現した水槽や、当時のポスター、建物の模型なども合わせて展示しています。
 須磨水族園の60年の歴史を振り返ると共に、人懐っこいうみがめを見に、ぜひ須磨区役所へお越しください。

【展示期間】2月26日(月曜)〜3月30日(金曜)(土曜・日曜・祝日を除く)
【展示時間】8時45分〜17時15分(入場無料)
【展示場所】須磨区役所1階ギャラリースペース

  • 展示のようす
  • うみがめ
  • 展示のようす2
  • 須磨水族館時代の模型

平成30年2月18日(日曜) 2018年西神戸須磨軟式少年少女野球連盟 合同開会式 に出席しました

始球式 2月18日(日曜)に、ほっともっとフィールド神戸で開催された『2018年西神戸須磨軟式少年少女野球連盟 合同開会式』に出席しました。

 本開会式は、須磨区を中心に活動する小学生の野球チームが集まって実施されました。青空のもと寒い中ではありましたが、20チームの少年少女の選手たちが、元気いっぱいに入場行進をしてくれました。また、私は式典の始球式で投手をさせていいたのですが、力んでワンバウンドしてしまいました。

選手たちには、健康で怪我なく野球を楽しんでいただき、このシーズンが実りのあるものになるように頑張ってほしいと思います。
本大会を開催するにあたり、ご尽力いただいた主催者並びに関係者の皆様に心より感謝いたします。

平成30年2月18日(日曜) 須磨区歴史講演会「平清盛生誕900年記念講演〜清盛の時代と須磨〜」

2月18日(日曜)に須磨区歴史講演会を開催しました。
平成30年が平清盛生誕900年にあたることから、「清盛の時代と須磨」をテーマに、神戸の歴史家としてテレビ・ラジオ等でも幅広くご活躍されている園田学園女子大学名誉教授の田辺眞人先生からご講演いただきました。田辺先生は、古地図や古文書をもとに、古の須磨の様子がいきいきと蘇るようなお話を展開されました。そして、須磨の地名の由来や当時の政治体制にまつわる豊かな知識も数多く披露していただきました。
また、「神戸・清盛隊」の皆さんに、タイムスリップした気にさせるパフォーマンスを披露していただき、講演会を大変盛り上げていただきました。
 今後も須磨区の歴史的資源の魅力を多くの方に知っていただけるように努めてまいります。

  • 神戸清盛隊
  • 歴史講演会

平成30年2月17日(土曜) 須磨FRSネット自然環境サミット2018

 須磨の豊かな自然環境を守り育て次世代に伝えていく活動をしている須磨FRSネットにより、今年も「自然環境サミット」が開催されました。
はじめに、神戸親和女子大学の觜本教授よる講演「六甲山地と大阪湾の生い立ち」では、須磨の大地が100万年にわたる地震と土石流の繰り返しにより作られたことがよく理解できました。
 次に、六甲砂防事務所の石塚所長による講演「最近の土砂災害と六甲山地における対策」では、実際の貴重な災害の映像により、砂防ダムの役割や効果など、土砂災害の最前線の取り組みが説明されていました。
最後に、須磨里海の会の吉田水族園園長による活動報告がありました。須磨海岸でアサリを育てるため、様々な試験に取り組まれていることが分かりました。
 須磨区としましても、自然環境を次世代に継承するため、地域の皆さんと一緒に継続した取組を進めて参ります。

  • FRS1
  • FRS2

平成30年2月5日(月曜) 須磨東高等学校「地域課題解決発表会」に参加しました

発表会のようす須磨東高等学校の2年生による、「須磨区の人口減少をどう克服するか」についての発表がありました。

リーガルマインド類型のクラスの皆さんが、このテーマについて研究された成果を、グラフや図など分かりやすく工夫を凝らした紙芝居を使って、発表されました。

発表内容は素晴しく、子育て環境の充実などの具体的な提案や、須磨海岸などまちの賑わいにつながる施策など、須磨区の現状をよく調べた上で、高校生らしい斬新なアイデアに満ちていました。

今後もこのような若い世代の意見を聞く機会を通して、幅広い世代にとって魅力的な須磨を皆さんと一緒に創っていきたいと思います。

バックナンバー

区長あいさつ