なでしこ通信1月号16面

最終更新日
2018年12月17日
なでしこ通信の紙面(16面)を、PDFファイルでご覧いただけます

空き家・空き地を適切に管理し、活用しよう!!

住まいはその所有者の大切な財産です。しかし住まいは使用しないとカビや結露など劣化が進みます。その結果、財産価値が下がるだけでなく、周辺地域の衛生環境や防犯上にも好ましくありません。
空き家・空き地の管理はその所有者の責任です。
大切な住まいや土地の管理や活用方法について、ぜひ一度相談してみませんか。

・屋根や壁の破損や落下 不審者の侵入
・ごみの放置 アライグマなど動物のすみつき
・草木の繁茂による通行障害・害虫発生 など

空き家等活用相談の流れ

・一般相談
お持ちの空き家・空き地情報や活用等の希望を無料で相談。相談内容に応じてアドバイス。(予約不要・電話か来所)

・専門相談
さらに専門的な相談が必要な場合、専門相談員がアドバイス。(予約制・来所)

・活用提案
専門相談の結果、支援事業者から活用策など提案。(全てのケースで受けられるわけではありません。)
 

空き家セミナー〔要予約〕

【日時】1月26日(土曜)13時30分〜16時30分
【場所】勤労会館(中央区雲井通5丁目1-2 4階講習室403号)
【申し込み】『問い合わせ』に電話、FAX(代表者の氏名、住所、電話番号及び参加人数を記入)、もしくはホームページにて ※1月12日(土曜)締切
【講師】・空き家セミナー:水谷 秀志(NPO空き家サポートセンター理事長)
    ・不動産セミナー:南村 忠敬(全日本不動産協会常務理事)  
【内容】空き家の管理や利活用方法など、空き家所有者のお悩みを解決します。
【問い合わせ】すまいるネット事務局 電話222-0186 FAX 222-0106



地域の取り組み

以前、同様のセミナーを受講し、地域でも空き家について話題が出るので、空き家の整理について婦人会で勉強会を開催しました。「生前から家の中を整理することにより住環境を整え健全で長生きすることにつながる」と聞いて、皆でなるほどと感心しました。地域でも空き家の庭の草取り・剪定(せんてい)などをお困りサポート(NPO法人コミュニティかりば事業)として取り組んでいます。
狩場台婦人会

地域の取り組み

富士見が丘地区では毎年、空き家等の状況を点検調査し、空き家と空き地のリストを作っています。その中で適切に管理されていないものについては所有者の連絡先を調べ、自治会から改善をお願いしています。また、空き地の所有者と話し合い、草刈管理地として自治会が年2回の草刈りをおこなうなど、住環境を守るため日々取り組んでいます。


富士見が丘自治会
会長 岡崎 充男
副会長 生活環境部長 森田 到

空き家・空き地地域利用バンク

〜地域のために何かできないかな そんなあなたに!
市内にある空き家・空き地・空き部屋の所有者と、地域活動の場を探している団体との橋渡しをする事業です。

※詳細はすまいるネット事務局へ 電話222-0186 FAX 222-0106

神戸市すまいの総合窓口「すまいるネット」とは

空き家等の売却・賃貸・管理など、お悩みの方はご相談ください。また、次のメニューにも対応しています。(相談無料)
〔相談メニューの例〕
・住み替えを考えている
・家を建てたい、リフォームしたい
・マンションの管理で困っている
・すまいに関する補助制度を知りたい
・実家をバリアフリーにしたい



すまいるネットに相談しよう!

電話222-0005 FAX 222-0106 10時〜17時(水曜定休/土曜・日曜・祝日は開館)
※12月29日(土曜)〜1月3日(木曜)は休み

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。