区長のつぶやき

最終更新日
2017年6月6日

6月6日(火) 中学2年生とのクロストーク

 6月5日(月)、雲雀丘中学校より総合学習「キャリア教育」の一環で授業を行って欲しいとの依頼をいただき授業を行ってきました。

 集まってくれたのは、中学2年生の皆さん。「区長ってどんな仕事?」などの質問タイムから始まり、長田区のいいところの発表や長田区の今後の施策についての提案まで、45分という短い時間でしたが、中学生の素朴かつ鋭い意見をたくさんいただきました。

 なかでも、長田区の今後の施策についての提案では、「街灯を増やして欲しい」「高齢者が多いので、歩きやすい道に変えて欲しい」といった地域の問題に直接関わるものもあり驚かせられました。「区長ってどれくらい給料もらってるんですか?」との質問には、一瞬たじろぎましたが(笑)、フレッシュな皆さんとお話することで、多くの刺激を受けることができました。

 今回、この授業の依頼をお受けしたのは、子どもたちの思っている新鮮な生の意見を聞くいい機会だと思ったからです。色んな意見を聞かせてもらう中で、この生徒たちが長田区のことを誇りに思ってくれる、そして長田区に住み続けたいと思ってもらえる、そんな施策を考えていかなければいけないと改めて感じさせられました。

 雲雀丘中学校2年生の皆さん、そして先生方、ありがとうございました。

  • 雲雀丘中学校の生徒1
  • 雲雀丘中学校の生徒2

5月23日(火) 長田フェスティバル

 5月19日(土)、長田フェスティバルが開催されました。お天気もよく、まさに、お祭り日和。鉄人28号が見守る中、子どもさんからご年配の方まで多くの方でにぎわいました。

 今回でこのお祭りに参加するのは、2度目となります。昨年4月の着任から、地域・企業・学校など様々なフィールドで多くの方とお会いしました。顔の分かる方が増えれば増えるほど、みんなで力を合わせて一つのお祭りを作っていく喜びは増していきます。回数を重ねるごとにお祭りの楽しみ方も変わってくるものですね。今年もあっという間に時間が過ぎていきました。

 ステージに向けて多くの練習を積み重ねてこられた皆さん、屋台や出前教室を準備された皆さん、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

 5月27日(土)の真陽フェスティバル、28日(日)の駒ヶ林ふれあいまつりと長田フェスティバル地区行事もいよいよラストスパートです。今週末もお天気に恵まれますように。

  • 長田フェスティバル1
  • 長田フェスティバル2

4月19日(水) ししが池まつり

 4月16日(日)、ししが池まつりが開催されました。地元の皆さんをはじめとする多くの参加者で大変盛り上がりました。ご準備いただいた獅子ヶ池を美しくする会の皆さん、ありがとうございました。

 この獅子ヶ池、10数年前は産業廃棄物やごみの不法投棄で荒れ果てていましたが、地域の方々が、再び美しい池を蘇らせたいという強い想いで清掃活動を進められ、美しい池を蘇らせました。今でも毎月、地域の方が中心となって清掃活動を行い、美しい環境を守っておられます。

 この場所を訪れて思うのは、緑が豊かで空気がとても美味しく感じます。そんな緑豊かな場所を区の北部地域のみならず、南部地域にも緑を増やしていけたらという気持ちで、長田区では、今年度、主要施策の一つとして、「長田区南部 区民の想い育む緑づくりプロジェクト」を始めます。

 これは、緑の少ない長田南部を、緑あふれるみんなが癒される居心地が良いまちとするため、区民・企業・行政が協働して緑化活動に取り組むとともに、地域間交流の活性化を図り、区民等が一体となって取り組める緑化活動を展開するという取り組みです。

 このプロジェクトの鍵となるのが、獅子ヶ池。南部地域の人が、獅子ヶ池で北部地域の人と一緒に苗木を育て、成木になったら、南部に持ち帰り地域のみんなで育てていく。そのような取り組みを通じて、南北の交流を図るとともに、企業のお力も借りながら、南部地域の緑を増やしていきたいと思っています。

 とても時間のかかるプロジェクトですが、地域・企業・行政が一体となって少しずつ進めて行きたいと思っていますので、ご協力よろしくお願いいたします。

  • ししが池まつり1
  • ししが池まつり2

4月5日(水) 映画「ふたりの旅路〜MAGIC KIMONO〜」試写会

 桃井かおりさん、イッセー尾形さん主演の映画、「ふたりの旅路〜MAGIC KIMONO〜」の試写会に行ってきました。

 この映画は、姉妹都市である神戸市とラトビアのリガ市が舞台。ある日を境に心を閉ざしてしまったヒロインがラトビアを訪れ、着物を通して現地の人々と触れ合ううちに、少しずつ本来の自分を取り戻していく姿を描くというストーリーです。
 
 実は、この映画のロケ地に、駒ケ林にある角野邸が使われています。角野邸は、アーティストの小國さんが空家を改修し住居兼アトリエにしておられる、和洋折衷の趣きを残した建物です。私も何度か足を運んだことがあるのですが、その場所に桃井さんやイッセーさんが溶け込んでいる映像を見て、何とも言えない不思議な感覚に陥りました。

 映画は、関西では7月以降に順次公開とのこと。角野邸のほか、元町や北野、灘丸山公園など市内の風景を楽しむことができます。ぜひご覧いただければと思います。映画を通して神戸の新たな魅力を発見できるかもしれません。

  • ふたりの旅路1
  • ふたりの旅路2

3月27日(月) 「長田消防署大橋出張所・長田消防団第7分団詰所」竣工式

 3月25日(土)、長田消防署大橋出張所の竣工式が行われました。大橋出張所は、かねてより長田区南部地域の防災拠点となってきましたが、この度、老朽化や耐震上の問題から大橋3丁目に移転しました。

 ハード面では、新たに防火水槽や非常用発電を備えるなどの機能強化を図っているとのことですが、特筆すべきは、地域住民で組織された長田消防団第7分団の詰所が出張所の建物内に併設されたことです。消防署出張所と消防団詰所が同じ建物で設置されるのははじめてで、行政と地域との連携をより積極的に行っていこうとする姿勢の表れではないかと思います。

 長田区は阪神・淡路大震災で大きな被害を受けました。そして、南部地域は南海トラフ地震等で起こる可能性のある津波にも備える必要があります。長田区役所としても、長田消防署や地域の消防団と連携して将来起こりうる災害に備えてまいります。

 災害はいつ起こるか分かりません。区民の皆様も、地域で行われている防災訓練への参加やすまいの耐震化、ご家庭でできる備蓄など災害への備えを改めてお願いしたいと思います。

  • 大橋出張所竣工式1
  • 大橋出張所竣工式2

2月21日(火)「ふれまちフェスタとながた賞表彰式」

 2月19日(日)に、「第6回ふれまちフェスタ」がふたば学舎で開催されました。区内に21あるふれあいのまちづくり協議会が一同に集まり、日頃の活動を舞台やパネルで披露するお祭りです。旧二葉小学校の跡地ならではの特徴を活かし、舞台では踊り、歌、楽器演奏など様々なパフォーマンスが催される一方、教室では趣向を凝らした水彩画、手芸作品や喫茶コーナー、そして、調理室では美味しいおはぎ、バラずし、カレー、焼きそば、おでんなどが並びました。

 手づくり感あふれる温かい雰囲気の中、お天気にも恵まれ、多くの人で大変にぎわいました。この日のためにかなり前から準備いただいたふれあいのまちづくり協議会の皆さん、本当にお疲れ様でした。

 また、このふれまちフェスタの中で、今回初めてとなる「ながた賞」の表彰式を開催しました。

 「ながた賞」は、日常で模範となる活動を継続的にしている個人の方の活動を讃える賞。地域での素晴らしい活動が広がっていくことで、長田区全体のイメージアップにつながるのではと考え、新たに創設することにしました。

 記念すべき第1回の授賞者は17名。登下校時の防犯活動や交通安全活動、道路・公園・ごみステーションの美化活動、目の不自由な方への社会福祉活動など活動は様々。中には、40年近く活動を続けてこられた方もおられました。

 授賞の記念品は、「Made in ながた」にこだわった革製の小銭入れ。ながたへの愛着を引き続きお持ちいただき、日々の活動を継続、そして広めていただければ幸いです。授賞された皆さん、おめでとうございました。

  • ふれまちフェスタ1
  • ふれまちフェスタ2
  • ながた賞表彰式

2月13日(月) 「「第29回ふれあい高取山耐寒スタンプテーリング」

 11日(土・祝)、「第29回ふれあい高取山耐寒スタンプテーリング」が開催されました。一週間前から雨や雪の予報が出ており、当日を迎えるまで無事開催できるか不安でしたが、当日は気温は低かったものの天気に恵まれ、まさに、耐寒登山と銘打つにふさわしい一日となりました。

 私自身は震災前に家族と登って以来、2回目の登山となりました。鉄人28号モニュメントのある若松公園を出発し、全長6.5キロの道のりを経て、ゴールは長田区役所。時折、息が上がる場面もありましたが(笑)、途中、山頂からの素晴らしい眺めと澄み渡った空気に触れ、清々しい気持ちになることができました。ゴール地点では婦人会のみなさんに準備いただいた美味しいおぜんざいを、参加された方々との会話を楽しみながらいただきました。振り返ればあっという間の楽しいひとときでした。

 今回、イベントを支えていただいた長田区連合婦人会、高取山筋登山連合会、神戸市スポーツ推進委員長田区連絡会、NPO法人B.L.S KOBE救護班、その他関係者の皆さん、本当にありがとうございました。

  • 高取山山頂にて
  • ぜんざいに並ぶ登山者のみなさん

1月18日(水) 「特別な日」

 1月17日、阪神淡路大震災から22年を迎えました。区内でも、早朝から各所で亡くなられた方の鎮魂のセレモニーが行われ、私も可能な限り参加をさせていただきました。

 長田南小学校の「1・17光のつどい」にも参加させていただきましたが、各学年の代表生徒さんがスライドと作文で震災を振り返る催しでした。生徒の皆さんは阪神淡路大震災を経験していませんが、読み上げられる一つひとつのメッセージが映し出されるスライドと重なり、忘れてかけていた当時の記憶が一気によみがえってきました。特に、「震災のがれきの中から多くの生命を救ったのは、地域の方だった」というメッセージには改めて心を動かされました。

 1日を通じて、やはり1月17日は「特別な日」だと感じました。改めて震災で亡くなった方々を追悼し、復興に取り組んで来られた方々に敬意を表するとともに、この日のためにセレモニーを準備された多くの地域・学校の皆さんに感謝の意を表したいと思います。そして、これからも「特別な日」1月17日を区民の皆さんとともに語り継いでいきたいと決意しました。

  • 1.17KOBEに灯りをinながた
  • 区長あいさつ風景

1月1日(日) 「新年の御挨拶」

 皆さま、あけましておめでとうございます。

 今年は、区長になって2年目の年になります。これまで以上に皆さまの声を聞かせていただきながら、少しでも長田区が皆さまにとって、住みよいまちになるようにしていきたいと気持ちを新たにしております。

 今年は、「とり」年。烏田の「烏」もカラスで、「とり」の仲間でございます。

 皆さまにおかれましては、色「とり」どりな幸せが訪れる1年となりますように。そして、私も皆さまのご意見をしっかり「とり」入れながら、良い意味で多くの人に「とり」あげていただけるまち長田区をつくっていきたいと考えています。

 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


平成29年1月1日    
 長田区長 烏田 政明

  • 新年の御挨拶区長写真

12月28日(水) 「年末の御挨拶と年末特別窓口」

 本日で、通常業務は御用納めとなります。

振り返ってみると、びっくりするほど、あっという間の一年でした。
特に、4月に区長になってからは、新しいことの連続・・・色々な経験をさせていただきました。

4月から多くの地域行事や会議に参加させていただき、本当にたくさんの方と出会い、お話しさせていただきました。
これまでの人生で、一年にこれほど多くの人と新たに出会い、お話ししたことはなかったと思います。
皆さんからは、これまで知らなかった長田のいいところをたくさん教えていただきましたし、色々な課題もいただきました。
来年も、引き続き、教えていただいた長田のいいところを含め、長田のあふれる魅力を多くの人に伝えるとともに、いただいた課題についても取り組んでいきたいと思います。

最後に、明日29日と明後日の30日、区役所では、年末特別窓口を設置しており、住民票、戸籍謄抄本、所得証明等の証明書を取得していただけます。帰省されている方など、ぜひご利用ください(詳細は以下をご覧ください)。

それでは、皆さん、お互い寒さと食べ過ぎ・飲み過ぎに気をつけて、よい年末年始を過ごしましょう!

【年末特別窓口のページ】
http://www.city.kobe.lg.jp/life/registration/kugyomuannai/nennmatsu.html


年末特別窓口

 

 

12月19日(月) 「長田区の魅力をTVで発信しました」

 師走と呼ばれるこの季節。あっという間に12月も半分が過ぎてしまいました。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

 先日16日、区と連携協定を締結しているJ:COMのディリーニュースという生番組に出演させていただき、長田区のPRをしてきました。

 鉄人、こなもん、靴、高取山、長田港、獅子ヶ池といった長田の「ええとこ」をお伝えするとともに、2月11日に開催予定の高取山耐寒スタンプテーリング、2月の文化ウィークでのクラシックコンサートをはじめとした音楽のまち長田の取組み、今後の展開として、新長田の県市合同庁舎をきっかけとしたまちの活性化、長田のええとこのブランド化など、限られた時間では、なかなか長田の魅力は語り尽くせませんでしたが、少しはTVの前の皆さんに長田の魅力をお伝えできたと思います。

 今回の放送に合わせ職員が作ってくれた、手作りなぁタンもいきなりのTVデビュー。これからは区役所やイベントでお会いできるかと思いますので、よろしくお願いいたします。

 しかし、やはり生放送は緊張します・・・観ていただいた方おられましたら、こっそり感想を教えていただければと思います。

  • J:COMデイリーニュース1
  • J:COMデイリーニュース2
  • J:COMデイリーニュース2

8月31 日(水) 「夏祭りを振り返って」

 まだまだ暑い日々が続いてますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 8月28日、長田の夏祭りの締めくくりとなる神戸・新長田思い出夏祭りがアグロガーデン神戸駒ヶ林店で開かれました。

 呂布像のお披露目や、サンバ、妖怪ダンスなどで盛り上がるなか、最後の締めくくりは、やはり盆踊り。みなさんと踊りながら、ふと、このひと夏を、振り返っていました。

 区長になり、初めての夏。長田区内で開かれるお祭りに、たくさん参加させてもらいました。初めは盆踊りが全く踊れなかった私も、初級者編の炭坑節、河内音頭・・・と婦人会の踊りの先生方を見本にしながら、少しずつ踊れるようになりました(先生から見れば、まだまだと言われそうですが・・・笑)。

 地域のお祭りには、それぞれ個性がありましたが、どのお祭りでも、みなさん暖かい雰囲気の中迎えていただき、おかげで楽しい時間を過ごせました。お祭りに携われた関係者のみなさん、本当にお疲れ様でした。

 来年の夏祭りでは、上級者編の長田音頭など踊りのレパートリーを増やして参加できればと思います。来年もどうぞよろしくお願いします。

  • 神戸・新長田思い出夏祭り1
  • 神戸・新長田思い出夏祭り2
  • 神戸・新長田思い出夏祭り3

6月10 日(金) 「ドラゴンハイパー・コマンドユニット」

 先日、長田消防署長からお誘いのあった「ドラゴンハイパー・コマンドユニット」(エネルギー・産業基盤即応部隊)の中核車両「大型放水砲車」・「大容量送水ポンプ車」を見学させてもらいました。

 名前から想像するととても力強い感じがしますが、実は東日本大震災の教訓を踏まえ、石油コンビナート・化学プラント等のエネルギー・産業基盤の被災に備え、特殊災害の対応に特化した部隊として設置され、平成30年度末までに全国12地域で順次配備される予定だそうです。

 この度、この部隊の中核になる車両として、大規模爆発等の消火・延焼防止のための長時間大量放水が可能となる「大型放水砲車」と「大容量送水ポンプ車」が長田消防署に配置されました。2台とも通常の消防車よりも大きく、性能も何倍もあるそうです。これから全国各地の大規模火災等に出動する予定とお聞きしました。

 この様な部隊が長田消防署に配置されたことで、安心感が増したように思いました。長田消防署のみなさん、これからも安全・安心のためのご活動よろしくお願いします。

  • ドラゴンハイパー・コマンドユニット

6月7日(火) 「くつっ子まつり」

 6月5日に鉄人広場で開催された「くつっ子まつり」のテープカットに参加させていただきました。

 くつっ子まつりは、毎年2回、長田ブランドの靴がお買い得な値段で手に入ることから、毎年たくさんの方がお気に入りの靴を求め来場される、まさに靴のまち長田ならではのイベントです。

 ちょうどその日は近畿地方が梅雨入りしましたので、あいにくの小雨模様でしたが、たくさんの方々がお気に入りの靴を求めて来場されていました。中には、たくさん購入されいくつも袋をお持ちの方もお見受けしました。

 ケミカルシューズは以前より長田区発のブランドとして定着していますが、今まで以上に、その技術力や品質の高さをより多くの方に知っていただき、「神戸シューズ」をはじめとする長田で生まれたくつたちが、世界中の皆さんの足元できらりと光る存在であって欲しいなと感じました。

  • くつっ子まつり1
  • くつっ子まつり2
  • くつっ子まつり3

5月25日(水) 「神戸まつり地区行事&長田フェスティバル」

 長田区内で5月7日から始まった「第46回 神戸まつり」の地区行事が先日5月22日に終了しました。

 私もいくつかの行事に参加させていただきましたが、それぞれが手づくり感満載で地区の特色が出ており、とても楽しいイベントでした。それぞれの行事を企画、準備そして運営されました役員や関係者の方々、お疲れさまでした。また、それぞれの行事に参加されたみなさま、ありがとうございました。
 
 また、5月14日に開催した「長田フェスティバル」、15日の「メインフェスティバル」にも行かれましたか?今年は全ての行事の開催日がとてもお天気が良くて暑いくらいでしたね。

 協賛行事であるスポーツイベントは6月初旬まで開催されますが、関係者のみなさまよろしくお願いいたします。

 地域の方々によるイベント等を通じた直接的なふれあいは、コミュニティづくりに欠かせない取り組みですので、今後とも積極的な活動をお願いします。私もこれからもできる限り参加したいと思います。

  • 真陽フェス
  • 駒ヶ林ふれあいまつり
  • 長田フェスティバル

長田区のみなさまこんにちは。

長田区長 鈴木 雅子 4月1日付けで長田区長になりました烏田 政明(うだ まさあき)です。
 
 長田区は神戸市の中でも下町の雰囲気が残っていますので、昭和生まれの私にとって懐かしい想いがしております。また、異動早々ご挨拶や行事等でご挨拶させていただきましたが、早速みなさまからお元気なパワーをたくさんいただきました。
 一日も早くみなさまのようにパワーみなぎる仕事ができますようがんばってまいりますので、これからもいろいろな機会や場面でお声を掛けていただきたいと思います。

 新米の区長ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

過去のつぶやき