区長のつぶやき

最終更新日
2019年1月1日

1月17日

新長田駅前広場 1月17日、阪神淡路大震災から今年で24年を迎えました。
 私も早朝から夕方まで震災関連の行事に可能な限り参加し、皆さんと一緒に震災で亡くなった方々を追悼させていただきました。
 震災を経験していない人が多くなっている今日、ますます震災の記憶を風化させないことが大切です。
 行事を支えていただいている皆さんとともに、今後も、引き続き、この特別な日を大切にしていかないといけないと強く感じました。
 また、震災を経験していない若い人たちも、その思いを抱き1月17日を迎えている姿が長田にはありました。大変心強いです。

新年のご挨拶

新長田コテモニュメント 皆さんあけましておめでとうございます。良き新年をお迎えのことと存じます。

 本年は、新長田南に県市合同庁舎が建設され、県市合わせて1,050人もの職員が勤めることになり、また、30万人の来庁者が見込まれています。また、「TRANS-KOBE」や「ラグビーワールドカップ2019」の開催などを通じ、たくさんの来訪者が見込まれます。この機会をとらまえて、多くの人々に、ぜひ長田の魅力を知っていただくよう取り組みます。
 
 猪年ということで「猪突猛進」というように、猛進しすぎて暴走するぐらいの勢いで、区役所の職員一同、地域のために頑張りたいと思います。

 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                          平成31年1月1日
                          長田区長 加藤 久雄

よいお年を

年末特別警戒激励 長田消防団では、年末特別警戒が行われています。外浦長田消防団長、大西長田消防署長とともに、8つの分団詰め所を視察激励にうかがいました。
 31日にかけて、深夜1時ごろまで詰めて、パトロール等が行われます。消防団員の皆さん、各自の仕事が終わってからのご出動、ほんとうにご苦労様です。
 それにしても、年季の入った制服は、かっこいいです。精励の証ですね。
 一方、私にも、びしっと、気をつけ、かしらー中、敬礼をしていただくのですが、私、まったくの付け焼刃で、さまになっていません。

 ところで、こうして夜の長田を巡回して気がつくのは、地域の皆さんが自主的に年末夜警パトロールをされていることの多さです。地域福祉センターや自治会館などには年末夜警のちょうちんがともされ、火の用心の声とともに拍子木のかんかんという音が夜の街に響いています。
 年末、寒くなると火を使う機会が増える一方、あわただしさについ火の後始末を怠りこともあります。火の用心の声に、ああそうだった、気をつけようと助けられるのだと思います。

 4月に長田に着任して以来、こうした長田の助け合い、支えあいの暮らしに触れ感動し、仕事でも、自分の生き方にも大いに勉強になりました。
 私の仕事も、長田の様々な人が陰日なたで支えていただいたからこそ、なんとかやってこられました。一年間、本当にありがとうございました。どうぞ良いお年をお迎えください。

長田のクリスマス

 12月は、クリスマス会。
 呼んでいただいたところでは、まず、三ツ星ベルトふれあい協議会(社員のボランティア!)主催のふれあいクリスマス会。地域の保育所・保育園・小学校の子どもたちが中心となって、歌を歌ったり、楽器を演奏したり。観ていて、ほほえましく、楽しい。
 でも、区長あいさつが、いつもの大人相手とは勝手が違う。難しい言葉は言わずに、子どもたちにしっかり聞いてもらえるようにと思うと、けっこう緊張するのです。
汗;

 細田・志里池・北町のふれあいのまちづくり協議会合同のクリスマスの集いは、屋外の神楽公園で。寒さと天気が心配だったけど、子どもたちは、おもちゃやお菓子の景品GETを目指し、元気よくゲームに参加していました。地域の人たちの手作りうどんややきそばを、僕もおいしくいただきました。

 宮川のふれまちでのクリスマス会は、ふれあい給食にあわせて高齢者がお客様でした。プレートは、チキンライスに、から揚げに、ウインナーなどなど。昔大好きだったお子様ライスといってもいい ?! ?!
 たいへん美味しくいただきました。ケーキも食べさせていただき、お礼に?舞台にたって、演歌を一曲熱唱させていただきました(笑)。盛大な拍手をいただきましたよ(義理?)。

 最後に訪問させていただいたのは、真陽婦人会と駒栄児童館によるクリスマス会。
ケーキ職人さんのご指導による本格的ケーキづくり体験でした。小学校2年生って結構、器用なのです。それにひきかえ、僕もエプロンしめて、気合いれて参加したけれど、ぶっとい指では、きれいに飾りつけできなかった(一緒のグループになった子どもたちごめん)。でも、食べたら味は一緒、とっても美味しかったね。
 カレーライスも振舞われ、これも美味しくて、おかわりが続出。サプライズは、ある子どもが、児童館で覚えた歌と踊りを始めたところ、つられて、フラッシュモブよろしく、みんなが参加して、最後は大合唱になったこと。子どもたちは、よっぽど楽しかったんだね。

 ありがとう、元気をもらいました。
 楽しいことは、みんなでやればもっと楽しい。こうした取り組みを通じ、もっと地域を好きになっていくのでしょうね。

クリスマス1

クリスマス2

クリスマス3

駒ケ林小学校訪問

 12月14日に、駒ケ林小学校に行ってきました。
 到着すると、竹村校長先生が温かく出迎えてくださり、児童のみなさんの学校での様子や、学校や周辺の環境についてお話くださいました。
 そして今回は6年生のみなさんに、長田区役所の仕事についてお話しました。区役所は結婚、出産、病院、介護といった生活に関わる仕事をしてるんですと例を挙げながら説明しました。みんな真剣に聞いてくれていたけど、先生役はうまくできていたでしょうか。
 質問タイムでは、はい!はい!はーい!!とたくさんの手が挙がり、「区役所で仲のいい友達はいる?」「月収はいくら?」「もっとたくさんの公園を作ってほしい!」など、けっこう盛り上がり、最後には先生の発言に児童のみなさんから拍手喝采の場面も。
 授業のあとは給食タイム。6年1組のみなさんと一緒に給食をいただきました。いつもは最後5分間は「もぐもぐタイム」(話さずにご飯を食べる時間)だけど、今日だけ許してもらいました。「区長の好きなキャラクターは?」って聞かれたのは驚いたけど、すかさず「ピカチュー」って答えました。(なんせ3人の子持ちですから)
 給食タイムが終わり「鬼ごっこしよう!」と声をかけてもらいましたが、時間がなく参加できなかったのは残念・・・。誘ってくれてありがとう!
 元気と笑顔があふれる児童のみなさんのおかげで、楽しい時間を過ごすことができました。駒ケ林小学校のみなさん、ありがとうございました。

学校訪問の様子1

学校訪問の様子2

 ※駒ケ林小学校は二葉小学校と長楽小学校が統合し、平成21年4月1日に創立した学校で、「元気」「チャレンジ」「思いやり」を目標に、389人が学んでいます。

神戸マラソンを走りました

 第8回神戸マラソンに参加しました。
 「感謝と友情」のテーマのもと、“「ありがとう」の42.195km”をキャッチフレーズに、20,000人のランナーとともに神戸の街を駆け抜けました

 当日は気温が高く、厳しい環境でのマラソンでしたが、アグロガーデン前の鉄板コテ応援、若松公園のふれあいフェスティバルをはじめ、沿道のみなさんの温かい応援に何度も勇気付けられました。
 ランナーの1人としてお礼を言わせていただきます。本当にありがとうございます。

 ちなみにタイムは5時間30分で、残念ながら自己ベストを更新することはできませんでしたが、楽しんで走ることができました。
 また来年も参加できるようであればリベンジしたいと思いますので、応援よろしくおねがいします。

神戸マラソン1

神戸マラソン2

ランチミーティング・シンチャオ

 真野児童館で、真野婦人会にご協力いただき、区社会教育協議会によるベトナム人親子を対象としたお弁当作り体験を行いました(11組28名の親子が参加)。
 ベトナムでは、お弁当をつめる、持っていくという文化がないようです。小学校や児童館では、時にお弁当が必要な行事などがありますが、袋にいれて食べ物を持ってくる、家に帰って食べるなどのケースもあったようです。

 思い思いにおにぎりを作り、のりで楽しい顔を書きます。あらかじめ婦人会が用意してくれたおかずを彩りよくつめていきます(僕も作りました)。
そして、最後に、みんなで、いただきます。
子どもたちはもちろんですが、お母さん、お父さんがすごくうれしそうにしていたのが印象的でした。終了時に、あるお父さんは、婦人会のかたがたをはじめ僕たち一人ひとりにお礼を言って回られました。

 長田でもベトナム人を中心に外国籍の人が増えており、文化や習慣の違いによるごみの出し方など日本のルールにあわないことでトラブルも発生しています。
 多文化共生では、文化や習慣、価値観が違うということを理解し尊重しあうことが大事といわれますが、こうした交流がその第一歩になると実感!
 真野婦人会の皆様をはじめ、ランチミーティング・シンチャオに協力いただいたみなさん、ありがとうございました!

ランチミーティング・シンチャオ 弁当詰め

ランチミーティング・シンチャオ いただきます!

ランチミーティング・シンチャオ 集合写真

秋は、またまた、祭りの季節

おやつはべつばら(お菓子なつり堀) 長田区って、なんて、お祭りが多いのだろう。
 一万人もの人が来場し、フィナーレでカチャーシーをみんなで踊る「琉球祭(10月7日)」、長田神社の秋の例祭にあわせて行われる「おやつはべつばら(10月6日〜20日)」、中国の武将になってパレードする「三国志祭(11月3日)」、「こなもん祭り(11月4日)」などが有名なところ。10月27日には「奄美群島地域振興展」もありました。

 また、区民による手作りの秋祭りも盛んで、丸山地区や新長田北地区では、舞台とともに、地区内の自治会、消防団、老人会などが様々な飲食の提供やゲームを催され、たいへん盛り上がりました。さらに、ながたっ子祭り(10月7日)といって、青少年の健全育成に関係する各種団体が一同に介した同様の祭りもありました。
 ハロウィンでは、地域ごとに子どもたちを中心としたハロウィンパレードも行われます。

 みんなで汗をかいて、祭りを企画運営し、一緒に愉しんでおられる姿をみるにつけ、祭りって、まちづくりの取り組みが凝縮されているようだと思うのです。
 そして、地域で楽しかったという思い出とともに、その子どもたちが次代を担ってくれるのでしょう。

丸山ひばり小学校訪問

 9月14日に、丸山ひばり小学校に行ってきました。まずは山崎校長先生とお会いし、子どもたちの普段の学校生活の話から始まり、さらに地域が学校に対して非常に協力的に見守っていただいている様子を伺いました。
 今回は、6年生の教室にお邪魔しました。2クラス合計54名の元気いっぱいの児童に迎えていただき、そのパワフルさに最初は圧倒されました。
 その後、私から長田区役所について授業をさせていただきました。久しぶりに見た黒板とチョークに戸惑いながらの授業にも、「わかりやすかった」「理解できた」という声を聞いてひと安心。
 質問タイムでは、「仕事で楽しかったことは?」「月収はいくら?」「趣味は?」「何で区長になったの?」などなどたくさん聞いてもらいました。今回の機会で「公務員になりたい!区長になりたい!」って思ってもらえるとうれしいなぁ。
 最後に、まちづくり課長から長田区のマスコットキャラクター「なぁたん」について紹介させてもらいました。もし長田の町で「なぁたん」を見かけたら、一緒に写真を撮ったりしてあげてくださいね。
 授業のあとは給食タイム。給食なんて40数年ぶりです。みんなで食べる給食は格別の味で、とってもおいしかったー。
 子どもたちの笑顔にあふれたとてもすばらしい小学校でした。山崎校長先生をはじめ、丸山ひばり小学校の皆さん、本当にありがとうございました。

丸山ひばり小学校での様子1

丸山ひばり小学校での様子2

夏の思い出

9月になりました。ようやく、虫の音も、あの騒々しいクマゼミの大合唱から、奥ゆかしいこおろぎへと変わりました。やれやれ。
 でも、長田の夏は楽しかった−!! 夏祭りを満喫しました。訪問させていただいたところを数えるとなんと18箇所!
 縁日・屋台に演芸・ゲーム、そうめん流しにカレーライス、そして、絶対にはずせない盆踊り。
 どこも各地域各団体が趣向を凝らした地域の力でつくりあげたすばらしいお祭りでした。みんなで準備しみんなで愉しむ、子どもからお年寄りまでがひとつの輪になって盆踊りを舞う姿に長田の地域力の強さを感じました。
 私も皆さんの輪に入って一緒に踊ってると、「同じ町内の人間みたいやなあ」なんて声をかけられて、うれしかったなあ。
 みなさん、素敵な思い出をいただき、ありがとうございました!

夏祭りの様子1

夏祭りの様子2

室内小学校訪問

 7月12日に今年度最初の学校訪問に行ってきました。場所は室内小学校です。
まず、校長先生から、普段の学校生活の様子や、地域との関わりといった室内小学校の児童たちの話を伺いました。
 この日は「室内祭」ということで、3年生から6年生の児童が考えた模擬店が出店されていて、とても盛り上がっていました。様々なゲームが用意され、中には大人がうなる様なものも。児童の皆さんが、この日までに一生懸命準備されてきたことがよくわかりました。
 他にも、青少年育成協議会やPTAの方々が、コマまわし・ダルマ落とし・けん玉・竹とんぼなどの昔遊びをしていました。
 私も3択ブラックボックスやボーリングシュート、コマまわし等に参加しました。ボーリングシュートでは10点中たったの3点しか取れずに悔しい思いをしましたが、3択ブラックボックスは見事正解!!更にコマまわしでも成功!!児童からも褒めてもらいました。

長田フェスティバル

長田フェスティバルの様子5月19日(土)、長田フェスティバルが開催されました。
前日の5月18日(金)にはJ:COMの番組に出演し、長田フェスティバルについてPRをしてきました。
直前まで天気が心配されていましたが、当日は少し肌寒かったものの、見事に雨も上がりお祭り日和となりました。鉄人28号が見守る若松公園には、子どもさんからご年配の方まで多くの方でにぎわいました。

食と遊びの広場では、地元の飲食店や団体に出店いただき、大きな賑わいを見せていました。特に昼ごろには、どの屋台も長蛇の列をつくっていました。
他にも、船だんじりの展示や、「ながた緑プロジェクト」の一環で、ハナミズキ・オリーブ・ドングリの苗木を配布したり、盛りだくさんの内容でした。
メイン会場の鉄人ステージでは、長田の宮神撫太鼓研究会のよびこみ太鼓に始まり、長田区連合婦人会による民踊総おどりなど、様々な演出でフェスティバルを華やかにしてくれました。最後を締めくくったサンバでは、ステージの輪の中に加わり一緒に踊らせていただき、大盛り上がりの中、フェスティバルは終了しました。

長田の地域・企業・学校など様々な分野で活躍される皆さんがあつまり、力を合わせてつくりあげたお祭りだと感じました。

ステージに出演された皆さんや、屋台や体験教室等を準備された皆さんをはじめ、長田フェスティバルに参加された皆さん、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

長田区のみなさまはじめまして。

長田区長 加藤 久雄4月1日付けで長田区長になりました加藤久雄です。

長田区は下町情緒豊かな、住んでいる人々の人情であふれるまちの印象が強く、神戸市の中でも個性あふれるまちです。

これまでも、地域のイベントで「こなもん」をはじめ長田ならではのおいしい食べ物を食べ歩き、長田のファンでしたが、区長に就任してから様々な行事やイベントに顔を出させていただき、活気にあふれた地域の皆さんとお会いする中で、さらに長田のまちのことが好きになりました。

地域の皆さんと力を合わせて、より魅力的なまちにしていけるよう精いっぱい頑張ります。地域に積極的に出かけていき、皆さんとお会いしていきたいと思いますので、これからよろしくお願いいたします。

問い合わせ

まちづくり課 広報相談ライン
TEL:078-579-2311
FAX:078-579-2301