人 街 ながた震災資料室

最終更新日
2016年11月10日

人・街・ながた震災資料室(職員等がボランティアで運営しています)

震災資料室

震災関連資料を集めています。寄贈いただいた資料につきましては、保存し、公開させていただきます。ご協力をお願いいたします。

1995(平成7)年1月17日(火曜)午前5時46分、神戸の街は「震度7」の激震に見舞われ、長田区も未曾有の被害を受けました。以来、区役所職員は今まで経験したことのない「場」で日夜震災関連業務に従事しました。また、各方面の皆様には、献身的なご支援をいただき、「人と人が支えあうこと」の大切さを学びました。その時の貴重な体験を風化させないために、震災1周年には職員記録誌「人・街・ながた 1995・1・17」を発行しました。

そして、被災地の中の長田区役所に、震災の状況を永く記憶するため、「人・街・ながた震災資料室」を1997(平成9)年1月に開設し、長田区の震災関係資料を収集保存するとともに一般公開することにより、後世の人々に継承していく活動をしています。

What‘s New(新着情報)

2016年秋の震災資料室展を開催します。
期間:2016年11月10日(木曜)から14日(月曜)まで(土曜・日曜も開設)
時間:午前9時から午後5時まで
場所:区役所7階ギャラリー

目次

見学等を希望される方へ

ご希望日の2週間前までに下記へご連絡ください。ご連絡がない場合は対応できないことがあります。