キャッシュカードを騙し取る詐欺被害に注意してください!

最終更新日
2018年6月19日

 最近、区役所、警察官、百貨店、金融機関等を名のって電話をし、暗証番号を聞き出して、キャッシュカードを自宅まで取りに来て騙し取る振り込め詐欺被害が連続発生しております。

「防犯のポイント」

 以下の点に十分注意していただき、不審電話があれば、その場で回答せず、警察へ通報してください。

「キャッシュカードを預かる」「暗証番号を教えて」は詐欺です

手続きで金融機関等に暗証番号を伝える必要はありません。

絶対にキャッシュカードを他人に渡してはいけません

警察官や金融機関等がキャッシュカードを預かることはありません。

必ず誰かに相談してください

電話でお金やカードの話が出たときは要注意です。すぐに行動せず、必ず警察や家族、知人に相談してください。
警察からの要請により、金融機関等では高齢者の高額出金に際して、出金理由の確認や警察への連絡を実施しており、本当のことを話していただければ被害防止は可能ですので、ご協力をお願いします。

固定電話に防犯対策をしてください

犯人からの詐欺電話の多くは固定電話にかかってきます。「知らない番号からの電話には出ない」、「常時留守番電話に設定し、相手の用件を確認してから応答する」といった対策が有効です。
また、電気店等で販売されている防犯機能付電話機器を設置することも有効です。

問い合わせ

長田警察署生活安全課
電話078-578-0110 (内263)

長田区総務課
電話078-579-2311 (内204) 
FAX078- 579-2335

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。