灘区役所におけるKEMS(神戸環境マネジメントシステム)への取り組み

最終更新日
2017年4月1日

神戸市及び灘区役所における環境への取り組み

神戸市では、昭和47年7月に、「人間環境都市宣言」を行い、その中で、「わたしたちは、神戸の町を、平和と安全が守られ、自然と文化の融合した最も人間性ゆたかな町にしたい。そしてそれを、わたしたちの子孫に引き継ぐべき義務がある。(中略)この時にあたり、わたしたちは、あらゆる市民、市、事業者の総力を結集して、環境破壊の波を阻止し、わたしたちの共有財産である愛すべき郷土を「人間環境都市」として築き上げることを決意し、ここに神戸市民の名において宣言する。」と宣言しました。

地球温暖化対策や限られた資源を有効に利用し、次世代へ引き継いでいくために神戸市では、「神戸市地球温暖化防止地域推進計画」を策定し、地球温暖化防止対策に取り組んでいるほか、平成15年には、市役所本庁舎が、環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証を取得登録をしました。灘区役所では、平成16年10月から灘区長を最高責任者とするKEMS(神戸環境マネジメントシステム)ステップ2の認証を取得するため、「環境宣言」を策定し、それに基づく環境マネジメントシステムを構築し、今日まで環境改善活動に取り組んできました。その結果、平成17年2月23日にKEMSステップ 2の要求規格に適合していると認められ、認証を取得登録(KEMS2-0022)を行い、現在、継続的な環境改善活動に取り組んでいます。

環境マネジメントシステム(EMS)とは

組織の活動により生じる環境への負荷を積極的に低減する仕組みです。ISO14001やKEMSなど、環境マネジメントシステム(EMS)では、環境方針の策定、その方針策定に向けたPLAN(計画)、DO(実行・運用)、CHECK(点検・是正)、ACTION(見直し)という、PDCAサイクルの確立、運用により継続的改善を図るシステムを規定しています。

KEMS(神戸環境マネジメントシシステム)とは

ISO14001が環境マネジメントシステムの国際規格であるのに対し、神戸において「具体的で取り組みやすく、かつその取組みによりコスト削減などのメリットにつながる環境マネジメントシステム(これを「神戸環境マネジメントシステム=KEMS(ケムズ)」と言います)の審査登録制度を第3者機関である「こうべ環境フォーラム」(認証機関)が創設したものです。

自治体がEMSの認証を取得し登録する意義

環境保全は、自覚の連鎖が重要であり、自治体の組織を構成する職員一人ひとりが環境への配慮を意識することが大切です。自治体が、率先垂範することが重要であると考え、まず自治体の組織を構成する職員自らが環境保全活動を実行し、市民の方々と一緒に環境保全のための行動をしていくことが重要であることや、現在の費用対効果から将来の社会コストの低減を図るため、リサイクル商品やエコ商品を率先購入する(グリーン購入)ことにより、環境負荷低減を考慮した商品やサービスなどの市場を形成していくことなどが大事であると考えます。また、自治体がEMSの認証を取得し登録することによって、業務改善やコストダウンのツールとすることなどが可能であると考えます。

私たち灘区役所が行うこと

1.Plan(計画)

灘区役所の環境保全の取り組みに関する意図及び原則である環境宣言定め、自らの事業活動に伴って発生する環境への悪影響を削減し、環境改善効果のある事業を推進する「環境マネジメントマニュアル」を策定します。

2.Do(実行・運用)

3.Check(点検・是正)

実行・運用している環境マネジメントプログラム等の進捗状況を定期的に監視、測定し、進捗の遅れや法的及びその他の要求事項の順守がなされていない場合は是正等を行います。

4.Action(見直し)

最高経営層が環境マネジメントシステムの運用状況等を確認し、必要な見直しを定期的に行います。

灘区役所の「環境宣言」

環境宣言

(1)基本理念

灘区は、神戸市の南東部に位置し、北に六甲山、摩耶山、南に大阪湾をひかえ海と山に囲まれた地域で、古くからの多くの歴史的な資産とともに、温暖で豊かな自然環境に恵まれてきました。今、地球温暖化や廃棄物の増加に代表されるように、私たち人間の活動が環境に対して大きな影響をもたらしていることを、私たちは認識するとともに、地球環境を守り、美しいまちづくりを推進し、さらに次の世代へ引き継いでいくために組織が一丸となって環境への負荷の低減に努力します。

(2)方針

灘区役所は、灘区行政に係わる全ての事務事業に伴う環境に及ぼす影響(以下「環境影響」という。)を低減するために、次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して地球環境との調和を目指します。

1.灘区役所の事務事業に係わる環境影響を常に認識し、環境汚染の予防及び環境保護を推進するとともに、環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。
なお環境保護には、持続可能な資源の利用、気候変動の緩和及び気候変動への適応などを含みます。

2.灘区役所の事務事業に係わる環境関連の法的及びその他の要求事項を順守します。

3.灘区役所の事務事業に係わる環境影響のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取組みます。

4.一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境宣言を全職員に周知するとともに一般の人々が入手できるようにします。

5.環境改善活動に積極的に参画します。

上記の方針達成のために、目標を設定し、定期的に見直し、環境マネジメント活動を推進します。


制定日 平成16年10月1日
改訂日 平成29年4月1日
灘区役所
区長 廣瀬 万希子

企業・事業者がISO1401やKEMSなどのEMS(環境マネジメントシステム)の認証を取得し、登録する意義

KEMSは、費用、労力等の点でISO14001取得が困難な中小企業等の組織にとっても取り組みやすい制度です。 KEMS取得により、次のような効果が期待されます。

(注)KEMSの認証取得後に、KEMSに基づく環境取組が十分なされない場合、上記の効果は期待できません。

問い合わせ

灘区役所の環境改善活動に関すること

灘区役所総務課
(電話) 078-843-7001(内線206)

KEMS(神戸環境マネジメントシステム)に関すること

こうべ環境フォーラム事務局
(電話) 078-367-2640

掲載したイベントは主に行政主催のものです。催しの詳細については各問い合わせ先までお尋ねください。