神戸市-KOBE-


第2回 中学生からみた「北区の魅力」 ショートムービー

  • [3月31日]応募作品の一部を公開しました!
  • [12月8日]12月6日(日曜)ショートムービーの発表会を開催しました!
  • [9月1日]8月4日(火曜)に地域を知ろう!フィールドワーク in 大沢を開催しました!
  • [6月24日]今年もショートムービーの募集を始めました!

平成27年度に募集をいたしました中学生による作品の一部を下記に公開しております。中学生からみた「北区の魅力」をぜひご覧ください。

北区の魅力 IN 神戸電鉄

神戸電鉄の隠された魅力をまとめました。

ハートフル有馬

「北区の魅力」それは有馬中学校のハートフル有馬です。有野台を中心に中学生が行うボランティア活動。その一部を紹介します。

Nature of YAMADA

この作品は、季節ごとに変化する田畑の景色など、それぞれの季節ならではの山田の風景を中心に撮影しました。四季の移ろいを身近に感じる山田の里。私たちはこの地域を大切にしていきます。

たかし、せなの北区7つの魅力

自然豊かな北区にはさらに7つの魅力あふれる場所があります。今回はその7つに焦点を当て紹介しました。

山田の神社を訪ねて

私たちの住む山田町には、たくさんの神社があります。それらの歴史を伝え、興味をもっていただこうと制作しました。作品を通して、神社の魅力の一端をお届けし、皆さんに足を運んでいただけたらと思います。どうぞご覧ください。

素晴らしきかな星和台

「かえる先生」・「小島」・「そぼろちゃん」の3人が、星和台中学校のよい所を紹介します。とっても楽しい映像だよ。

北区のみりょく 〜しんてつにのって〜

北区の動脈としてさらなる発展を願っている我が郷土研究部が、様々なおもいを抱きつつ、懸命に各地を結ぶ神戸電鉄とともに北区の魅力をさぐる。

山田中学校と山田の地域

私たちが通う山田中学校の周りの自然や建造物。それらの素晴らしさを歴史とともに、皆さんに知ってほしいと思い、この作品を制作しました。どうぞお楽しみください。

フィールドワーク in 大沢

8/4の大沢町フィールドワークの様子についてまとめました。

ショートムービー発表会の開催します!(イベントは終了しました)

 いよいよ中学生から募集しました「ショートムービー」をお披露目します。今年も力作ぞろいですので、是非みなさまお越し下さい。
 また当日は、ショートムービーだけではなく、小学生から募集した「北区の魅力」をテーマにした作品を展示しています。
 ショートムービーや絵画であらわされた子どもたちの「北区の魅力」を、是非会場にお越しいただきご観覧ください!


日時:平成27年12月6日(日曜)
第1部:絵画コンクール表彰式(13:00〜)
第2部:ショートムービー発表会(13:45〜)
場所:北神区民センター ありまホール


同時開催:「北区の魅力」作品展
・中学生の自由作品
・北区小学生絵画コンクール作品

中学生からみた「北区の」魅力」ショートムービー募集中!!(平成27年度の募集は終了しました)

キタールさんあなたは自分の住んでいる地域の素晴らしさを知っていますか?



応募テーマは「北区の魅力」です!  (作品のジャンルは問いません)



個人での応募はもちろん、学校、生徒会、クラス、部活動などのグループでの応募もできます。
※撮影時間は3分以内にまとめてください。




地域学習に! 映画作成体験に! 
中学校生活の思い出として、ぜひぜひチャレンジしてみてください。



応募作品は、12月6日(日曜)に北神区民センター「ありまホール」で発表します。
その後、北区ホームページ、YouTube、神戸電鉄の車内で配信する予定です。



たくさんの応募作品をお待ちしています!

〜地域を知ろう!フィールドワーク in 大沢〜(イベントは終了しています)

2回目となる今年度も夏休みに「地域を知ろう!フィールドワーク」を開催し、中学生のショートムービーづくりを全面的にバックアップします!

ア 日時:平成27年8月4日(火曜) 9時から15時まで
イ 集合場所:神戸電鉄岡場駅(8時20分出発)
ウ コース:岡場駅〜神付 産土の森〜ワイン用ブドウ畑〜光山寺〜とうもろこし畑〜豊歳神社〜大沢地域福祉センター【昼食・感想交換会】〜岡場駅
エ 共催:北神中学校生徒会会議(当日は北神の生徒会の皆さんが運営を行います!)
オ 後援:北神中学校PTA連合会
カ 協力:大沢っ子応援団・介護老人保健施設らぽーと

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。