平清盛ゆかりの史跡

最終更新日
2016年5月30日

平清盛ゆかりの史跡

 

平安時代の末期、平清盛は、当時、大輪田泊(おおわだのとまり)と呼ばれた兵庫の港で中国(宋)との貿易を行いました。また、治承4年(1180)には、わずか半年間ではありますが、京都から現在の兵庫区北部地域に都を遷しました。このページでは、兵庫区内に残る平清盛ゆかりの史跡を紹介します。

平清盛ゆかりの史跡散策マップ

神戸・清盛隊 お披露目

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。