区長の日記

最終更新日
2017年4月24日

区長の日記(2017年4月)

4月24日(月)春の訪れを『リッくん』とお祝い

六甲アイランド ウェルカムフェスティバル2017 4月22日は六甲アイランド ウェルカムフェスティバル2017 に参加しました。
当日は天候にも恵まれ大勢の方々が参加されていました。このフェスティバルは、今春から六甲アイランドで新たな生活を始められた方々への「ウェルカム!」歓迎のお気持ちを込め、また、春の訪れをお祝いするイースターイベントであるとお伺いしています。
六甲アイランドは、来年3月15日でまちびらき30年となります。まちびらき30周年を記念するロゴマークとキャラクターを公募し、採用された作品が会場で紹介され表彰式も行われました。どちらのデザインにも六甲アイランドの島の形がモチーフされていますが、みなさん分かりますか?さらに、キャラクター『リッくん』の着ぐるみもお披露目されました。今後は色々なところで『リッくん』も六甲アイランドのPRに活躍してくれます。神戸市および東灘区としましても、地域の皆様とともにまちびらき30周年を盛り上げていきたいと思います。

  • ロゴマーク
  • リッくん

4月12日(水)御影公会堂の改修工事竣工記念式典

御影公会堂の改修工事竣工記念式典 今年は桜の開花が平年より少し遅かったので、始業式、入学式のタイミングで満開となりました。4月9日(日)には、御影公会堂の改修工事竣工記念式典を行いましたが、当日は石屋川の桜も満開で艶やかに式典を彩っていました。
 改修工事では、昭和の初期に建てられた当時の面影を残しながら、耐震補強やエレベーターの設置などのバリアフリー対策も行い利用しやすい施設となりました。また、地下には御影郷土資料室・嘉納治五郎記念コーナーが設けられ、等身大の銅像も設置されています。リニューアルして再開された御影公会堂が、東灘区さらには神戸市のシンボルとして全国に魅力を発信できるよう取り組んでいきます。

4月3日(水曜)着任のご挨拶

着任のご挨拶 4月1日に東灘区長に就任しましたかど野 敦雄(かどの あつお)です。
 東灘区には伝統文化として地域の方々が守り続けているだんじりや、日本一の酒どころとして名高い「灘五郷」の魚崎郷と御影郷があります。また、御影公会堂など明治末期から昭和初期にかけて育まれた阪神間モダニズムを象徴する歴史的な建造物があり、いち早く洋風文化を生活の中に取り入れたまちには、魅力的なスイーツ店が多数あるなど、多彩な魅力があふれています。このまちで東灘区政に携われることを大変うれしく思っています。
 東灘区は若い世代の転入が多く、多子高齢化のまちです。これから区民の皆様と一緒に、子どもやお年寄りの地域での居場所づくりをはじめ、幅広い世代が暮らしやすい取り組みを進めてまいります。住んでいる人がいつまでも住み続けたい、東灘区から転出した人がいつかまた戻りたいと思える、『ふるさと都市・東灘』の実現に取り組んでまいりますので、ご支援とご協力を賜りますようお願いいたします。

区長の日記(バックナンバー)

以前の日記がご覧いただけます。