東灘区 神戸っ子応援団のページ

最終更新日
2017年9月20日

神戸っ子応援団 「神戸っ子応援団」とは,家庭・地域・学校・神戸市が一体となり、地域ぐるみで子どもたちを健やかに育てていくための取り組みです。中学校区を単位として、小学校1 年生から中学校3 年生までの9 年間を通して子どもたちを応援します。東灘区では、平成25年4月に「みかげっ子応援団」が加わり、7中学校区で6つの応援団が勢ぞろいしました。「神戸っ子応援団」に、皆様、どうかご参加をお願いいたします。

最新情報

東灘区の応援団

本庄・東灘応援団

  • 運営委員会
  • 昔のくらし
  • 見守り隊
  • 吹奏楽部

 本庄中学校区では、東灘小学校・本庄小学校・本庄中学校の3つの学校の児童・生徒を支援する応援団を平成23年度立ち上げ、「本庄・東灘応援団」と命名して、活動を始めています。
 応援団の合言葉は、「できる人が できるときに できることから」
 登下校時の通学路の見守りや図書室の整理・貸し出し、学校行事の準備・受付、授業の補助、特別に支援の必要な児童生徒の介助など、学校内外の様々な場面での活動を支援していただきます。
 現在、PTA・青少協・婦人会・まちづくり協議会・防災コミュニティ・消防団・自治会など、地域の多くの団体にボランティアとしてご協力をいただいています。
 「本庄・東灘応援団」についてのお尋ねは、各小中学校へお願いします。

魚っ子応援団

  • ドッジボール
  • 防災かまど
  • 住吉川クリーン作戦
  • 青少協行事ボランティア

 平成21年度から学校支援地域本部のモデルとして立ち上げてから「神戸っ子応援団」へと仕組みが変わりました。魚崎は、酒蔵の町として発展し、近年は住宅が増え、多くの子どもたちが生き生きと活動しています。その子どもたちを支える様々な取り組みが行われています。

RIC応援団

  • ボランティア
  • 盲導犬
  • 命の感動体験
  • 幼児とのふれあい
  • クリーン作戦

 六甲アイランドの全域、1中学校と2小学校で活動する応援団です。地域と協働してのクリーン作戦や近隣幼稚園や児童館での交流体験など、地域と学校(児童・生徒)が結びついた活動を数多く展開しています。その活動内容を平成28年12月2日に開催された「実践報告会」で全市に向けて発表しました。

うはらの里応援団

  • 横断幕
  • 吹奏楽部
  • クリーン作戦
  • 1年生歓迎
  • 命の感動体験

 「うはらの里応援団」は、神戸市内でも最大級の応援団で、東灘区の中央部に位置する2つの中学校(本山・本山南)と5つの小学校(本山第一・本山第二・本山第三・本山南・福池)が含まれます。昔からのこの地域の呼び名「うはら」を名称に取り入れています。
 各小学校では、以前から多くの地域団体や保護者の方々が子どもたちのために、学習支援や地域行事など幅広い支援をしていただいています。中学校では、生徒がボランティアとなって地域の様々な行事に貢献するようになりました。児童館・幼稚園・保育所(園)とも連携した活動が行われています。これら多くの活動を応援団の取組としてもとらえていただけるよう、応援団の役員・コーディネーターの方々、学校が粘り強く発信しています。
 平成24年度の活動については、平成25年2月28日に開催された「実践報告会」で、全市に向けて発表しました。


渦が森・住吉応援団

  • 読み聞かせ
  • 昔のくらし
  • 図書室
  • スポーツ活動
  • だんじり体験

 伝統を誇る住吉の町と高台に位置する渦が森の住宅地が情報を共有して活動しています。地域のシンボル住吉川でのクリーン作戦や川遊びなど、地域ぐるみの支援の中で、子どもたちは住吉の自然と共に成長しています。

みかげっ子応援団

  • 応援旗
  • 募金活動
  • 青少協プール
  • まちたんけん
  • 読み聞かせ
  • 夏祭り
  • 横断幕

 伝統ある御影の町で、平成25年度立ち上げに向けて協定締結が行われました。小中学校共に、すでに多くの支援があります。これらの支援の輪を緩やかに結びつけ、発展していけるよう取り組んでいきます。

神戸っ子応援団ハンドブック

神戸っ子応援団ハンドブック

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。