広報サポーターだより

最終更新日
2017年8月1日

平成29年8月号

鈴木商店の記念碑が完成!

鈴木商店記念碑 7月7日に除幕式のあった、鈴木商店の記念碑を見に行ってきました!
 一時は世界一の商社であったといわれる鈴木商店をご存知ですか?
 鈴木商店ゆかりの地である旧本店跡地を通る度に、どうして跡地であることを示すものが何もないのかと寂しく思っていましたが、この度、その存在を示す記念碑が立ちました。
 明治、大正期に全盛を誇った鈴木商店は米騒動で焼き討ちにあい、ここ栄町7丁目にあった本店は全焼しました。この地にあった立派な本店はたった2年ほどしか存在しませんでした。鈴木商店の本店は焼き討ちのあと、旧居留地に移転します。
 破綻したあともその流れを組む企業は現在に生きています。そして驚くべきことに、登記上まだ鈴木商店は存続しているとのことです。
 神戸にこんなにすごい商社があった!そしてこの付近を鈴木商店の社員が実際に歩いていた!想像するだけでも楽しいですよね。

(まーちゃん)


鈴木商店記念碑

都会で御朱印集め

生田神社 生田裔神八社というものをご存知ですか?
 神戸の市街地には生田神社を囲むように「一」から「八」までの数字がついた神社があり、「港神戸守護神厄除八社」とも呼ばれています。
 この八社に祀られているのは、生田神社の祭神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)と素盞鳴尊(すさのおのみこと)とが剣玉を交換した誓約(うけひ)の際に生まれたとされる3人の女神と5人の男神とされています。
 


交通局御朱院帳 これら全ての神社を一宮から順番に八社を巡礼して厄払いを願い、ご朱印を集めるのがちょっとした話題となっています。
 全ての神社を巡回しても、所要時間は3時間から4時間程度。歩いて回ることも可能ですが、交通局では、市バス・地下鉄を利用して八社巡りをしやすいよう、各神社の解説と、案内地図が記された「交通局御朱印帳」を無料で配布されています。
 定番の異人館や中華街の観光スポット巡りも素敵ですが、各神社の周りには素敵なお店や緑あふれる場所もたくさんありますので、まだ自分の知らない神戸の一面を探しにぜひ、気軽に楽しめる御朱印めぐりはいかがでしょうか。

(むう)

広報サポーターだよりに関する問い合わせ先

区まちづくり推進課
電話 078-232-4411(内線211) FAX 078-242-3599