外国人区民のための生活情報の学習会

最終更新日
2017年8月31日

中央区に住む人の約1割が外国籍であり、その中には、日本語が十分理解できず、防災の基礎知識やごみの分別に関するルールといった、日本での生活に必要な情報を得ることが難しい方も一定数おられると考えられます。
そのため、そうした外国籍の区民の方を対象として通訳を介した学習会を実施するため、7ヶ国語で翻訳資料を作成し、以下に公開しています。

<対応言語>
英語、中国語、韓国・朝鮮語、ベトナム語、フィリピノ(タガログ)語、ポルトガル語、スペイン語

1.近くに住んでいる人と仲良く暮らすためには

2.命を守る防災学習

(1)南海トラフ巨大地震・津波、地震・津波のときの避難の流れ

(2)ハザードマップ

(3)中央区緊急避難場所・避難所一覧

(4)水道水について・大地震が発生した時は

(5)火事・救急の時は119番通報!

3.ごみ出しルール

(1)ごみと資源の出し方ルール/ごみ分別アプリ「5374(ごみなし)アプリ」

(2)詳しいごみの分別や出し方のルール

4.在住外国人支援制度の紹介(国際コミュニティセンター(KICC)のご案内)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。