神戸市-KOBE-


地域活動支援制度の概要紹介(様式等のダウンロード)

最終更新日
2018年7月1日

 まちづくり活動、地域活動に関係の深い神戸市の支援制度を紹介いたします。また、各支援制度に関する申請様式等についてもリンクをしておりますのでご活用ください。(再掲あり)

美化・環境・マナー

名称目的対象・要件内容申請様式等問い合わせ先
まちづくり活動助成住環境の保全や改善,良好なまちなみ形成など市街地の計画的な整備を推進する地元組織の活動費,まちづくり計画策定経費等の一部を助成し,まちづくりを推進するまちづくり協議会等まちづくり活動に要する経費の一部を助成
(1)構想・計画作成
(2)まちづくりニュース等の発行
(3)会議,ワークショップの開催
(4)アンケート調査 等
様式はこちら住宅都市局
まち再生推進課
322-5483
各区まちづくり(推進)課
まちづくり専門家派遣まちづくり協議会等が,まちづくり構想等の作成や住環境の維持・改善をしていくためのルールづくりを行う場合などに,まちづくりアドバイザー・まちづくりコンサルタントを派遣し,技術的・専門的な支援を行うまちづくり協議会等登録されたまちづくり専門家を地域の実情に応じて派遣し,まちづくり活動を支援する
(1)まちづくりアドバイザー派遣
これからまちづくりを考えようとする地域の方々に対し,まちづくりや建築物の共同化・協調化等に関する講演,アドバイスを行う
(2)まちづくりコンサルタント派遣
まちづくり活動を行うまちづくり協議会等に対して,まちづくり方針や構想・計画の作成,建築物の共同化・協調化などの基本計画や事業計画の作成,並びに地域の合意形成等を行う
様式はこちら住宅都市局
まち再生推進課
322-5483

各区まちづくり(推進)課
犬猫飼育マナー啓発活動支援事業地域ぐるみによる啓発活動を支援する自治会等の地域団体啓発備品の提供・貸出様式はこちら保健福祉局各衛生監視事務所
猫繁殖制限推進事業地域住民の同意のもと,野良猫の不妊手術や給餌,糞尿等の適正管理を行う「地域猫活動」を推進する地域住民の同意を得て「地域猫活動」を行う地域活動団体地域猫活動の啓発・指導助言 地域猫活動団体の登録及び腕章の提供様式はこちら保健福祉局各衛生監視事務所
美緑花重点スポット美化活動助成市が設定する重点スポット(不特定多数の人が往来する公共的な場所)において住民団体が実施する継続的な美化活動を助成することにより,美しい魅力あふれるまちの実現を目指す市内の自治会,婦人会,老人クラブ,子ども会その他の地域住民団体等(構成世帯又は構成員の数が概ね20世帯又は20人以上の団体)で,原則年4回以上の美化活動を実施すること市が設定する重点スポット(不特定多数の人が往来する公共的な場所)において住民団体が実施する美化活動に対する助成様式はこちら環境局 地域環境課 322-6678 各区まちづくり(推進)課
防犯カメラ設置補助金交付事業(不法投棄防止カメラ設置経費の助成)これまで不法投棄防止のため様々な地域活動を行っている地域において,不法投棄防止の地域活動を支援する多量あるいは経常的に廃棄物が不法投棄される地域のうち,これまでに不法投棄防止のための様々な対策を行っている地域において,一層の地域支援が必要と認められる自治会,婦人会,老人クラブ,子ども会などの地域団体不法投棄防止カメラを設置するために必要な経費を助成
1箇所 上限15万円 ただし,新たに自立柱(ポール)を設置し,その自立柱(ポール)にカメラを取り付ける場合は,1箇所につき上限25万円
様式はこちら環境局 事業系廃棄物対策部
322-6832
道路愛護地域活動事業(道路愛護団体)神戸市が管理を行っている道路において、自主的に清掃・草刈り等の道路愛護活動を継続的に行っている市民団体に対し、活動を支援する。道路愛護活動を行う団体を結成し、活動の届出を行い、その活動を継続的に行っている市民団体神戸市が管理を行っている道路の清掃・草刈り・不法投棄物の回収・その他簡易な道路の維持・補修活動を行っている市民団体に対し,活動内容に応じ助成金を支給する様式はこちら建設局道路部管理課占用係
322-5385
「毎日登山道等森守ボランティア」制度六甲山のハイキングコース沿いの美化,保全育成を図り,利用者が快適に利用できるよう,市民・行政が協力してハイキングコース等の愛護育成及び管理を行うことを目的とする毎日登山等において,ボランティア活動を行う市民団体,NPO毎日登山等ハイキングコース及び山麓展望公園等において,ボランティア活動を行う団体に助成を行う建設局 森林整備事務所 371-5937
はり紙,はり札,立看板除却事業道路又は道路占用物件等に違法に貼られ,設置されることにより,道路交通の障害となり,まちの美観を損ねている はり紙等の除却を自主的に行う場合,活動を支援するはり紙等の除却を行うことが適当と思われる地域団体で市長と協定を締結した団体お住まいの地域で,はり紙等の除却を自主的に行う場合,活動を支援する様式はこちら建設局道路部管理課占用係
322-5385
まちの美緑花ボランティア身近な公共空間である公園に愛着を持ってお世話していただくとともに,活動を通じて地域コミュニティ形成の場として活用していただく自治会,婦人会,老人クラブ,子ども会,ボランティア団体,NPO,企業の中のボランティアグループ等管理をお願いする公園の面積,選択作業の内容に応じて,活動の一部費用として助成金を支給する様式はこちら建設局公園部 管理課 322-5420 建設局各建設事務所
市民公園制度地元住民が管理者となり,神社仏閣の境内地や遊休地等都市空間を公園的に利用する地元自治会,婦人会,老人クラブ,子ども会等が母体となり、市民公園設置者・管理者を結成し、市は市民公園条例に基づき市民公園として認定公告する(1)施設助成  ベンチ・遊具等の供与(当初設置時)
(2)管理助成 面積に応じて管理に要する費用を助成
建設局公園部管理課
322-5420
建設局各建設事務所
市民花壇制度公園・街路・広場・空地などを活用し,市民が自主的に花壇を設置し育成・管理することにより,地域の環境美化とコミュニティづくりに役立てる神戸市市民花壇設置要綱に基づき下記要件を満たした花壇を市民花壇として承認
・団体要件:自治会,婦人会,老人クラブ,子ども会,緑化を目的としたボランティア団体など
・土地・面積要件:道路等から良く見える場所で、土地所有者の同意が得られること、地植え花壇の場合は総面積30平方メートル以上、プランターの場合は10基以上かつ総面積4.5平方メートル以上
(1)花壇育成管理費用の一部助成 年額15,000円(ただし,新規承認年度は承認時期に応じて15,000円上限)
(2)花苗の助成 年3回、各回240株、計720株を上限
(3)市民花壇活動の奨励と育成管理の技術向上を目的に毎年度市民花壇コンクールを実施
様式はこちら建設局公園部管理課
322-5420
建設局各建設事務所
公園清掃ボランティア身近な公共空間である公園に愛着を持ってお世話していただくとともに,活動を通じて地域コミュニティ形成の場として活用していただく自治会,婦人会,老人クラブ,子ども会,ボランティア団体,NPO,企業の中のボランティアグループ等清掃をお願いする公園の面積に応じて,ボランティア活動に対する報償金を支給する 建設局公園部管理課 322-5420
ふれあい市民緑地市街地やその周辺にある樹林等において,土地所有者の協力のもとに,市民団体が樹林の手入れなどの里山活動を行うことによって市街地にある緑地の保全育成を図る土地要件:市街地または,その周辺にあり,樹林の面積が概ね300平方メートル以上あることなど
団体要件:神戸市内にあり,3年以上継続して活動でき,土地所有者の了解を得られることなど
市は,里山活動の場を求めている市民団体と,樹林の維持管理に困っている土地所有者との仲介や調整を行い,市民公園制度に基づく「ふれあい市民緑地」の認定や,市民団体への助成等を行う建設局公園部計画課自然環境係
322-5254
河川愛護活動に対する助成金河川愛護団体が行う河川愛護活動を支援し,市民の河川愛護思想の普及高揚を図る河川愛護団体(神戸市河川愛護要綱に基づき河川愛護団体結成届を受理した団体)河川美化活動の実績に応じて,一団体あたり基本額30,000円及び作業延長に応じた加算額5,000円〜40,000円を助成交付基準額とし、河川美化活動の対象経費の合計額と比較していずれか低いほうを交付対象額とする建設局防災部河川課
322-5466
せせらぎ水路管理会下水処理水の有効活用を促進し、水辺空間の創造及び健全な地域コミュニティの発展育成に資することを目的として、せせらぎ水路の活用を積極的に行おうとする団体に、一定の助成を行います。(1)対象団体:自治会、婦人会、老人会、子供会等の公共的団体を母体とする団体
(2)対象区域:対象水路は、公共下水道管理者が維持管理するもので、かつ日常的に下水の処理水が流れている公道内の水路
(3)その他、「せせらぎ水路管理会に関する要綱」に定める。
公道内の下水処理水が流れている水路(下水道管理者が維持管理)において、せせらぎ水路管理会に対して、せせらぎ水路の活用や良好な維持管理、広報活動に関して助成を行います。建設局下水道部施設課 322-5458
景観形成助成景観形成の取り組みを支援し,魅力ある都市景観の形成を図る景観計画区域,都市景観形成地域,景観形成市民協定締結区域,眺望景観形成区域周辺 等都市景観の形成に資する建築物や外構の修景助成,広告物等の修景助成様式はこちら住宅都市局 景観政策課
322-5484
夜間景観形成支援制度神戸市夜間景観形成実施計画の具体化を促進し,実施計画に即した地域を主体とする良好な夜間景観の形成を推進する実施計画の対象エリア(都心・ウォーターフロントエリア)内の景観まちづくりに取り組む地域団体及び事業者ただし,原則同一地区内に一団体とする・照明整備等への助成(助成率…公共空間1/2・その他1/3,上限500万円まで)
・重点地区等での照明アドバイザーの派遣(1回3万円,上限1地区30万円まで)
様式はこちら住宅都市局 景観政策課
322-5629
資源集団回収活動助成金制度新聞・雑がみ・段ボールなどの古紙類をリサイクルする市民の資源集団回収活動を促進することにより,ごみの減量・資源化の取り組みを進め,もって循環型社会の実現を図る自治会,婦人会,PTA,老人クラブ,子ども会,その他地域団体(要登録)(1)拠点回収
・新聞,雑がみ,段ボール  2円/キログラム
・その他(古布 等) 3円/キログラム
(2)各戸回収 1円/キログラム
・新聞,雑がみ,段ボール 等 1円/キログラム
(3)常設保管庫
上限20万円
環境局資源循環政策課 322-5344
エコタウンまちづくり地域住民や事業者が主体となって,積極的に環境にやさしい行動を選択しながら生活していくまち(エコタウン)に向けた活動を支援し,エコタウン活動の広がりを通じて全市を循環型社会に転換していく概ね小学校区を活動範囲とする地域団体推奨する取組メニュー(約30種)及び地域特性を活かした独自メニューに取り組む地域団体に対して,活動経費を助成様式はこちら環境局 地域環境課
322-6943
神戸市生物多様性保全に関する活動助成事業生物多様性 神戸プランに基づき、生物多様性保全活動に対する市民理解を深め、保全活動への市民参加を促進するため以下のすべてを満たす団体が対象となります。
・営利を目的とした団体でないこと
・3年以上の活動実績がある団体
・神戸市より同内容の活動に対する他の補助金を受けていない団体
・暴力団でない及び会員に暴力団員が含まれていない団体
・活動の実施場所の地権者、管理者等に説明を行い、理解を得ていること。
(1)「神戸版レッドデータ2015」に記載のブラックリスト(生態系や地域固有の生きものに影響を及ぼす外来種リスト)掲載種のうち、外来生物種及び侵入警戒種の防除活動(ただし、防除後の処分方法等が事業計画により明らかである事業に限ります。)
(2)「神戸版レッドデータ2015」に記載の希少種のうち、Cランク(神戸市内において極力、生息・生育環境、自生地などの保全が必要な種)以上の保全対策を行う野生動植物の保全・保護活動を行う事業。
様式はこちら環境局 自然環境共生課
322-5316
アカミミガメ防除活動の助成事業神戸版レッドデータ2015のブラックリスト(生態系や地域固有の生きものに影響を及ぼす外来種リスト)に選定されているアカミミガメを防除することにより、河川の生態系を保全するとともに、生物多様性に対する市民の理解を深めるため以下の条件をすべて満たす団体とします。
(1)営利を目的とした団体でないこと
(2)同内容の活動に対する他の補助金を神戸市より受けていないこと
(3)暴力団でないこと及び団体の会員に暴力団員が含まれていないこと
以下の要件を全て満たすアカミミガメ防除のための活動が、助成金交付の対象です。
(1)神戸市が指定する河川、ため池等で行われること  (平成29年度は、西区明石川水系の活動を優先します。)
(2)捕獲機材を3つ以上、連続2日以上設置すること  (かご網は貸出も可能です。)
(3)機材の設置又は回収時に、アカミミガメの防除に関する講習会を開催すること
様式はこちら環境局 自然環境共生課
322-5316
神戸市市民の水辺活動助成市内の水環境の保全や,環境学習の機会を確保することで,市民がより身近な水辺に親しめるよう,支援を行う神戸市市民の水辺連絡会会員団体市内における環境保全活動の充実と連携の強化を図るため,昭和56年より結成している「神戸市市民の水辺連絡会」会員団体に対して,その活動に係る経費の一部を助成する環境局 地域環境課 322-6943

防災・防犯・交通安全

名称目的対象・要件内容申請様式等問い合わせ先
青色防犯パトロール活動物品支給事業地域での防犯活動を支援する兵庫県警察から青パト実施団体としての証明を受けた団体青色防犯パトロールの実施に必要な青色回転灯と広報用のマグネットシートを支給する様式はこちら危機管理室
322-6238
防犯カメラ設置補助事業地域での防犯活動を支援する地域における継続的な防犯活動を行っている自治会等の地域団体地域団体が行う防犯カメラ設置に要した経費の一部に対して補助する危機管理室
322-6238
災害時要援護者支援事業にかかる支援「神戸市における災害時の要援護者への支援に関する条例」にもとづき,地域での助け合いの取組みを推進するため要援護者の支援をしようとする防災福祉コミュニティ,ふれあいのまちづくり協議会,自治会,地区民生委員・児童委員協議会,消防団,地域自立支援協議会その他の団体であって市長が認めるもの(1)講師派遣
取組みを始める地区に対し,先進地区の代表者等を派遣する
(2)印刷経費等の負担
要援護者支援に資する印刷物等の経費の負担
保健福祉局 くらし支援課
322-0308
私道の街灯助成夜間の交通安全と防犯を目的に,昭和39年度より市民と市が協力して進めている「光のまち神戸」運動の一環として,私道上及び民地内にある街灯の新設・取替・維持管理経費の一部を助成する自治会・管理組合等の地域団体で設置及び管理しており,かつ基準を満たした道路を照明している街灯助成額(年間1灯あたり)
(1)電気料金・電球代の年間経費 2,000円
(2)灯具(かさ・器具)等の新設・取替経費
・32W相当LED灯具 助成率2/3以内 限度額11,000円
・32W蛍光灯灯具 助成率2/3以内 限度額6,000円
・上記以外の20W以上灯具 助成率2/3以内 限度額2,400円
(3)支柱の新設・取替経費 助成率1/2以内 限度額20,000円
建設局道路部管理課事務係
322-5381
家具固定専門員派遣事業地域の防災活動として,地震災害時に家具等の転倒防止のため家具固定に取り組む地域団体に対して,専門員を派遣し,家具固定を促進するまちづくり協議会,自治会,マンション管理組合,防災福祉コミュニティ,ふれあいのまちづくり協議会地域の団体が5戸以上まとまって家具固定に取り組む場合,神戸市家具固定専門員を派遣し,対象となる世帯に対して2家具まで無料で家具固定を行う(対象世帯:65歳以上の方,障がい者,小学生以下の方がいる世帯)様式はこちら住宅都市局 耐震推進課 322-6608
すまいるネット出前講座高齢者の住まい,地震に強い住まい,マンション管理などの住まいに関する普及啓発市内在住・在勤・在学の概ね10人以上の集まり(政治・宗教・営利を目的とした催しを除く)すまいるネットの職員が地域の会合に出かけて,すまいに関する情報提供を行う
所要時間は既存の会合にあわせ,10分程度からの実施が可能
テーマは
(1)安心して暮らせる住まいづくり
(2)地震に自信ありますか?
(3)高齢者の住まいのあれこれ
(4)みんなで取り組むマンション管理 など
時間・テーマなどは、応相談
神戸すまいまちづくり公社支援課(すまいるネット)
222-0186
防災福祉コミュニティ育成事業地域において自主防災活動を実施する,防災福祉コミュニティに対して,その組織の運営や活動を支援する防災福祉コミュニティ防災福祉コミュニティの活動経費の一部助成として運営活動費,提案型活動費を助成 また,防災資機材の更新に係る経費,新たな防災資機材の整備に係る経費の一部を助成様式はこちら消防局 予防課地域防災支援係
322-5754

交流・助け合い(こども・子育て・高齢者支援)

名称目的対象・要件内容申請様式等問い合わせ先
老人クラブへの補助高齢者の生きがいと健康づくりのために,自主的に組織し運営する老人クラブの活動に対して助成するおおむね60歳以上で,活動が円滑に行われる程度の同一小地域内に居住する30人以上の会員で組織する老人クラブ・結成補助金 結成時 10,000 円
・運営補助金 年額 63,600円
・活動補助金 会員数に応じ
年額38,000円〜116,400円
保健福祉局 高齢福祉課
322-5223   各区まちづくり(支援)課
ふれあいのまちづくり助成地域での住民相互の助け合いを支援するため,ふれあいのまちづくり協議会が主体的に取り組む福祉,環境,防災,教育等,さまざまな分野における地域活動について,その経費の一部を助成する(1)福祉意識を高める事業(講習・学習会等の開催や福祉施設等との交流など)…それぞれ1回あたりの参加者5人以上
(2)仲間づくりを進める事業(ふれあいサロン,子育てサークルづくり)…それぞれ1回あたりの参加者5人以上
(3)世代間交流…参加者20人以上
(4)住民相互の生活支援事業(地域デイサービス,地域リハビリ)・・・月1回以上開催、1回あたりの対象者3人以上(家事援助サービス,外出介助サービス)・・・月1回以上開催、1回あたりの対象者3人以上(身近な相談機能づくり)・・・月1回以上開催
(5)ちょっとボランティア運動の推進・・日常的な困りごとについて,地域での支えあいの仕組みとしてボランティアを募集し,年に数回実施日を定めて行う活動
(6)地域でのユニバーサルデザインの推進・・・人にやさしい・人がやさしいまちづくりに向けて,ユニバーサルデザインの考え方を取り入れた活動
(7)サテライト実施・・・自治会館など地域福祉センター以外の場所で実施する地域福祉活動(参加者5人以上)ただし,次の条件の一つを満たすこと。
活動エリア境界から地域福祉センターまでの距離が概ね1キロメートル以上あること
地域福祉センターが2階にあり,かつエレベーターがないこと
地域福祉センターの面積が230平方メートル未満 ただし,集合住宅の集会所で地域福祉活動を実施する場合はこの限りではない。
(8)地域福祉センターにおける防火管理者の設置・・・地域福祉センターの防火管理者に交代し,後任に資格取得が生じた場合,または地域福祉センターの防火管理者が再講習を受講する場合
(1)福祉意識を高める事業(講習・学習会等の開催や福祉施設等との交流など)…1回5,000円・年24回以内
(2)仲間づくりを進める事業(ふれあいサロン,子育てサークルづくり)…1回3,000円年24回以内
(3)世代間交流…年1回10,000円
(4)住民相互の生活支援事業(地域デイサービス,地域リハビリ,家事援助サービスなど)…1事業あたり1ヶ月5,000円
(5)ちょっとボランティア運動の推進…1回10,000円以内年6回以内
(6)地域でのユニバーサルデザインの推進(UDの考え方を取り入れた自主的な企画事業)…1事業20,000円年3回以内
(7)サテライト実施…1回3,000円 年6回以内
(8)地域福祉センターにおける防火管理者の設置 年1回8,000円以内
市民参画推進局 市民協働課
322-0319
各区まちづくり(支援)課
民間地域福祉センター管理運営  概ね小学校区ごとに整備している地域福祉センターの管理運営を「ふれあいのまちづくり協議会」を指定管理者として指定したうえで管理運営を委託し、地域福祉活動、交流活動、環境、防災活動 各種の地域活動を行う。(地域福祉センター以外での活動も含む)  民間地域福祉センターを管理運営する「ふれあいのまちづくり協議会」民間地域福祉センターの設置及び管理運営にかかる経費の補助金。
(1)運営費補助
(a)運営費・・・当該年度の開館日数に応じて支払う。
(b)その他管理費・・・管理運営物件の面積に応じて支払う。
(c)電話料・・・月額3,100円
(d)地域福祉活動費・・・月額20,600円

(2)建設費補助
センターの新築・改修等に要する総事業費のうち占用面積にかかる費用に3分の2を乗じて得た額とし、1件につき700万円を限度とする。
備品費補助  センターの新築等に必要な備品等を対象として、50万円/件を限度とする。
市民参画推進局 市民協働課
322-0319

各区まちづくり(支援)課
ひとりぐらし高齢者ふれあい給食会活動助成  ひとりぐらし高齢者にふれあい交流の場を提供するとともに,地域コミュニティへの参加を促し,閉じこもりや地域での孤立を防ぐ地域福祉センターや地域の集会所などで定期的に給食会を開催するグループに対し,各区社会福祉協議会を通じて必要な活動経費の一部を助成する。地域福祉センターや地域の集会所などで定期的に給食会を開催するグループに対し,各区社会福祉協議会を通じて必要な活動経費の一部を助成する。各区社会福祉協議会
ひとりぐらし高齢者友愛訪問活動助成ひとりぐらし高齢者の福祉増進と地域住民の連帯感を高めるために,ひとりぐらし高齢者の安否の確認や話し相手など友愛訪問活動を行うボランティアグループに対し,必要な活動経費の一部を助成する地区民生委員児童委員協議会を範囲として,原則5人以上,5人以上が困難な場合は3人以上の友愛訪問ボランティアで構成され,3人以上の概ね65歳以上のひとりぐらし高齢者を週1回以上訪問するグループで,区社協が認めたものに活動経費の一部を助成。地区民生委員児童委員協議会、友愛訪問活動グループに対し、各区社会福祉協議会を通じて必要な活動経費の一部を助成する。各区社会福祉協議会
青少年育成地域活動の充実  地域ぐるみでの青少年の健全育成及び青少年を取り巻く環境の整備  地区青少年育成協議会(11地区:事務局 各区まちづくり課又はまちづくり支援課)(1)青少年育成活動に関する総合的な施策を企画立案し,さらにその効果的な実施に必要な関係機関相互のネットワークの形成を図ること
(2)青少年が自立できる環境づくりの推進,並びに青少年を非行等からまもる環境づくりの促進を図ること
(3)その他地区青少年育成協議会の目的を達成するために必要な事業を行うこと
こども家庭局 こども青少年課地域連携係
322-5181
青少年の主体的な地域参画活動支援事業中高生を中心とした青少年(以下「青少年」という。が地域社会に自ら進んで参画し、主体的に行う活動を幅広く支援することにより、地域への愛着を育み次世代の地域の担い手を育成することを目的とし、地域団体等が行う青少年の支援に対し助成する。地域で,青少年の健全育成を目的に,主として地域住民で組織され,継続的な活動を行っている青少年育成団体,青少年団体年間を通じて,以下のような事業を実施する団体に対して助成を行う
(1)青少年が主体的に行う地域行事の企画・運営 夏まつりや野外活動の企画・運営など
(2)青少年のコミュニケーションの場の運営
おしゃべり広場,青少年との ふれあい喫茶,スポーツ広場など
(3)青少年のサークル活動の支援
音楽活動,ボランティア活動,
野外活動,農業体験活動,
空き店舗を活用した経営体験など
(4)青少年によるイベントの企画運営の支援
音楽イベントの青少年による
実行委員会など
(5)青少年が主体として活動する異世代との交流事業
中高生による小学生を対象とした昔遊び塾,大人と青少年のフォーラムなど
様式はこちらこども家庭局 こども青少年課
322-5181
放課後児童健全育成事業保護者が労働等により昼間家庭にいない小学生に対し、授業の終了後、適切な遊び及び生活の場を与えてその健全な育成を図るため、地域の住民が自主的に地域活動の一環として実施する放課後児童健全育成事業に対して助成する。ただし、新たに実施しようとする場合、当該小学校区内に放課後健全育成事業を実施する施設が既にある場合、助成しない。(1)放課後児童を18人以上保育していること。ただし10人以上18人未満の場合で、市長が特に必要と認めるときは、この限りでない。
(2)保育場所及び地域の協力を得た運営組織があること。
(3)設備及び運営が条例基準に適合すること。
放課後児童健全育成事業の運営費等の助成こども家庭局こども青少年課 322-5210  
神戸っ子のびのびひろば(神戸市放課後子供教室推進事業)国の「学校・家庭・地域の連携協力推進事業」における放課後子供教室推進事業を実施する。具体的には,小学校の施設を利用して,子どもたち(小学校1〜6年生)を対象に,地域の方々の参画を得て,安全・安心な居場所づくりを進めていく各小学校の学校施設開放運営委員会等の地域団体に委託平日の放課後や週末などに,学校の余裕教室や図書室・多目的室・運動場などを活用し,子どもたちが自由に過ごせる場所をつくり,学びや読書・遊びなどの自主的な活動ができるようにするこども家庭局こども青少年課 322-6948
子どもの居場所づくり事業子どもたちの育ちを身近な地域で支援することを目的として,ひとり親家庭や共働き家庭で夜遅くまでひとりで過ごすなど,課題を抱える子どもたちが,放課後等に食事,学習,団らんなどを通して安心して過ごすことができる「子どもの居場所づくり」に取り組む地域団体等に助成する神戸市内に主な活動拠点を有し,地域活動又は児童の支援に資する福祉活動等に関する3年以上の活動実績を有し,子どもの居場所づくり事業を継続して実施できる団体等年間を通じて,以下のような事業を実施する団体に対して助成を行います。
(1)食事を調理し,提供する事業を含む子どもの居場所づくり
(2)学習習慣の定着や基礎的な学力の向上のための,宿題や自主学習を支援する事業を含む子どもの居場所づくり
(3)保護者への相談・支援,子どもの生活支援など上記1の趣旨に合致し,市が適当と認めた事業を含む子どもの居場所づくり
こども家庭局こども青少年課こども育成係 322-5210
子ども会活動助成地域の子ども会の育成と活動の支援を図り,児童の健全育成に資するため,子ども会に対して助成する区子ども会連合会に加入し,10人以上の就学前3年〜中学生により構成され,地域内の全児童を対象に活動している子ども会<単位子ども会に対する補助>
・助成額(年額)
・新規結成助成額 1単位5,000円と子ども会の会旗1組
・単位活動助成 10人〜19人 12,000円 20人〜29人 20,000円 30人〜49人 27,000円 50人〜99人 35,000円 100人〜199人 48,000円 200人以上 61,000円
神戸市子ども会連合会事務局
366-3774

各区まちづくり(支援)課
母子健康づくりグループ支援事業核家族化や少子化などにより,育児の孤立化が懸念される中,母子の心身両面の健康保持・増進のために,地域での支援体制の強化を推進する妊婦及び乳幼児とその保護者からなる育児グループ・サークル育児の悩みや不安を解消したり,お母さんたちが,友達をつくる場として,児童館など地域の身近なところで親子遊びや子育て情報の提供と交換などを行う。また,保健師・栄養士など専門職による相談を行っているところもある。各区こども保健係
子育てコミュニティ育成事業児童館施設を地域に開放することを推進し,児童館施設を活用した日祝日開放や行事を実施することにより,地域における子育てコミュニティづくりを推進する開放委員会(自治会・婦人会・老人クラブ等地域団体の代表者・子ども会・青少年育成協議会の代表者・民生委員児童委員・主任児童委員で構成する)委託費(年額) 開放委員会配分 1児童館当たり 100,000円こども家庭局 こども青少年課こども育成係
322-5210
神戸市立学校施設開放事業学校施設開放事業を基盤にして,地域住民の世代間交流及び生涯学習の振興を促進し,当該学校区及びその周辺の子供たちに遊びや体験機会を提供する事業を実施することにより,地域の教育力の向上を図ることを目的としています各学校の施設開放運営委員会学校開放施設を活用し,次の事業を行う。
(1)子供の多彩な体験活動の機会を提供する事業
(2)地域の多世代が交流する事業
(3)社会的な課題や地域の課題を学習する事業
(4)文化クラブやスポーツクラブ活動を行うための初心者教室事業,体験事業
様式はこちら教育委員会事務局地域連携推進課 322-5814
神戸市立学校プール開放事業学校プール開放事業を基盤にして,地域住民の世代間交流及び生涯学習の振興を促進し,神戸市内に在住する子供とその保護者にプール開放を提供する事業を実施することにより,地域の教育力の向上を図ることを目的としています各学校施設開放運営委員会学校のプール施設を神戸市内に在住する子供とその保護者に開放する事業を行う様式はこちら教育委員会事務局地域連携推進課 322-5814
神戸市立幼稚園庭開放事業幼稚園庭開放事業を基盤にして,園児の保護者の交流及び生涯学習の振興を促進し,当該園区及びその周辺の子供たちに遊びや体験機会を提供する事業を実施することにより,地域の教育力の向上を図ることを目的としています各幼稚園の幼児のひろば運営委員会幼稚園庭開放を活用し,次の事業を行う。
(1)子供の多彩な体験活動の機会を提供する事業
(2)地域の多世代が交流する事業
(3)社会的な課題や地域の課題を学習する事業
様式はこちら教育委員会事務局地域連携推進課 322-5814

健康増進

名称目的対象・要件内容申請様式等問い合わせ先
健康こうべ21市民推進員制度個人の健康づくりにとどまらず,家族や仲間,地域,職域での健康づくりの活動の輪を広げ,積極的に健康づくりに取り組む市民を増やす市内在住,在勤,在学などの方で,家庭,地域,学校,職域などの場で健康づくりに取り組まれている方市民主体の健康づくり活動を継続的に取り組めるように,情報誌の配布やセミナーによる健康づくりに関する情報提供や区を通した活動支援を行う様式はこちら保健福祉局
健康政策課
322-6511
いきいき健康サポート事業地域の方々の健康づくり・介護予防のために,地域福祉センターなどを活動拠点とする地域団体に医療専門職を派遣し,健康相談を行うふれあいのまちづくり協議会等の地域団体医療専門職(健康サポーター)が,参加者の個々の健康相談に応じ,アドバイスを行う
・1回につき90分程度
・派遣スタッフの調整のため開催2ヶ月前までに申込
・無料(会場料は利用者負担)
様式はこちら保健福祉局
保健所調整課
322-6517

講座・講習

名称目的対象・要件内容申請様式等問い合わせ先
出前トーク地域のグループの会合等へ,市の担当職員が出向いて,市政情報をわかりやすくお伝えし,意見交換を行い,まちづくりについて,ともに考える市内在住・在勤・在学の概ね20人以上のグループ(政治・宗教・営利を目的とした催しを除く)市政の説明1時間,意見交換30分の概ね1時間30分
テーマ集から,開催を希望する日の2週間前までに申し込む,無料,会場費は利用者(主催者)負担
様式はこちら市長室広聴課
神戸市イベント案内・申込センター
333-3372
地域コミュニティ基礎講座自治組織の新任役員を対象に,地域活動を行ううえで基礎的な知識を習得してもらうことで,自治組織の地域活動を支援する自治会等の新任役員自治組織に関する講義,ワークショップ実施市民参画推進局 市民協働課
322-5170
コミュニティ・インストラクター派遣制度地域活動について経験,技能,知識等をもち,助言や指導ができる人を,神戸市コミュニティ・インストラクターとして,その経験等を地域活動の中で活かしていくことにより,自主的な地域活動の活性化と地域相互の交流を図る市内の自治会等のほか,市民により構成されている地域の団体希望する住民自治組織へ,コミュニティ・インストラクターを派遣する
※利用料は無料
様式はこちら神戸市コミュニティ相談センター
361-4565
NPO・地域団体支援アドバイザー派遣事業NPO等の運営手法・技術等を熟知したアドバイザーをNPO等に派遣し,各々の実情・課題に応じた適切な指導を行うことにより,課題の解決とともに,その取り組みを通じて組織基盤の育成・強化を図る神戸市内に事務所を置くNPO法人・任意団体,地域団体(自治会等)組織運営・経営に関する課題について,自ら課題解決に意欲的なNPO等に対して,NPO等の運営手法・技術を熟知したアドバイザーを派遣し,各団体の実情に応じた適切な指導を行う市民参画推進局
市民協働課
322-6837
こうべUDサポーターによるユニバーサルデザイン出前学習会地域活動をされている方々を対象にユニバーサルデザインについての関心・理解を深めていただき,日常の活動・生活に活かしていただく市内在住・在勤・在学,又は市内でボランティア活動をされている方の概ね10人以上のグループ(政治・宗教・営利を目的とした催しを除く)「こうべUDサポーター」と呼ばれる市民講師がより身近な事例などを紹介し,わかりやすく講演します
・UD基礎講座 30〜60分程度,ワークショップ等も開催可能(事前打ち合わせ要)
・開催1か月前までに問い合わせ先まで申込
・無料
(ただし,会場費は利用者負担)
(公財)こうべ市民福祉振興協会経営企画課
743-8193
KOBEまなびすとネット 生涯学習市民講師登録制度市民が気軽に学びあい,教えあう生涯学習社会づくりを進める神戸市内に拠点を置く5人以上のグループ,サークル等の団体または学校豊富な知識・経験,優れた技術や技能を持ち,ボランティア活動として教える市民を登録し,広く紹介する※交通費等として,3,000円程度の利用者負担が必要生涯学習支援センター(コミスタこうべ)
251-4731
消費者学級活動助成社会経済環境の変化や規制緩和の進展に伴い,消費者には確かな知識や判断力を身につけ適切に行動することが求められていることから,消費者としての自立を図る消費者によって自主的に組織された10人以上の神戸市民で構成されたグループで,消費生活やくらしに関する学習活動を年間6回以上かつ9時間以上行うこと
※1回あたりの平均活動時間は,90分以上とします
消費生活に関する問題を自主的に学習するグループを「消費者学級」として運営を支援する様式はこちら市民参画推進局
消費生活センター消費者教育係
371-1247
くらしのいきいきトーク悪質商法による被害を未然に防ぐため,また,くらしに役立つ身近な事柄について学習していただくため,専門の講師の派遣を無料で行う概ね15人以上のグループ・月〜金曜日(祝日は除く)9時〜16時の間
・約1時間(30分〜90分でご希望の時間に合わせます)
・神戸市消費者協会より派遣
・講師謝礼等は一切不要・会場(場所)の確保をお願いします
・営利目的の場合はお断りします
様式はこちら市民参画推進局
消費生活センター消費者教育係
371-1247
消費マスターによる「くらしと消費出張トーク」消費生活マスター(「神戸コンシューマー・スクール」において本市が養成した消費者問題の解決方法の提案ができる人材)を学校や地域にゲストティーチャーとして派遣し,情報通信や金融,食生活や住環境,悪質商法対策などの広い範囲にわたる消費者問題に関する学習をサポートする概ね15人以上のグループ地域や学校に出向いて,消費生活に関するテーマで講師を派遣
テーマ一例
(ご要望をお聞きして,プログラムを構成)
・食生活・衣服・住環境・情報通信・金融・契約等
様式はこちら市民参画推進局
消費生活センター消費者教育係
371-1247
すまいるネット出前講座高齢者の住まい,地震に強い住まい,マンション管理などの住まいに関する普及啓発市内在住・在勤・在学の概ね10人以上の集まり(政治・宗教・営利を目的とした催しを除く)すまいるネットの職員が地域の会合に出かけて,すまいに関する情報提供を行う
所要時間は既存の会合にあわせ,10分程度からの実施が可能
テーマは
(1)安心して暮らせる住まいづくり
(2)地震に自信ありますか?
(3)高齢者の住まいのあれこれ
(4)みんなで取り組むマンション管理 など
時間・テーマなどは、応相談
神戸すまいまちづくり公社支援課(すまいるネット)
222-0186
こうべまちづくり学校身近なまちづくりへの関心を高め、安全・安心で地域特性を生かした住民主体のまちづくりの担い手を育成するため一般市民身近なまちづくりへの関心を高め、各講座で学んだ知識・技術などをみなさんが生活する地域や神戸のまちづくりに生かしていただけるようなメニューを用意しています住宅都市局計画部まち再生推進課
322-6634

提案型活動支援

名称目的対象・要件内容申請様式等問い合わせ先
「協働と参画」推進助成市民による地域活動の自主性及び自律性を尊重しつつ,市民主体の積極的な課題解決のための取り組みを支援することにより,市民と市との協働を進め,地域力の強化を図る企画した活動を主体的に実施できる,神戸市内に活動拠点を置く公益活動に取り組む地域組織・NPO・実行組織など(営利を追求することを主目的とする団体・暴力団関連団体を除く)市民が自ら企画・提案・実施するよりよい地域づくりのための活動(地域課題の解決や地域の活性化につながる活動)について,市民から募集し,公開の提案会,審査会を経て助成を行う市民参画推進局
市民協働課
322‐6837
地域提案型活動助成地域での課題解決のために地域で実施していく活動について活動経費の一部を助成する活動を実施する団体各区で内容が異なりますので,詳しくは各区まちづくり(推進・支援)課まで各区まちづくり(推進・支援)課
防災福祉コミュニティ育成事業地域において自主防災活動を実施する,防災福祉コミュニティに対して,その組織の運営や活動を支援する防災福祉コミュニティ防災福祉コミュニティの活動経費の一部助成として運営活動費,提案型活動費を助成 また,防災資機材の更新に係る経費,新たな防災資機材の整備に係る経費の一部を助成様式はこちら消防局
予防課地域防災支援係
322-5754
歴史的建築物の保全活用に係るイベント補助事業歴史的建築物の保全・活用に係る普及啓発事業を実施する事業者に対して、その費用の一部を補助することによって、市民の歴史的建築物への関心を高める機会を提供し、もって保全・活用に向けた取り組みが広がることを目的とする歴史的建築物の保全活用について取り組んでいる企業・団体・実行組織イベントの実施に係る経費のうち、実施に向けた事前準備及びイベント開催時に直接的にかかる経費(ただし、飲食にかかる経費は除く)
補助の対象となる経費に、3分の1を掛けた額または15万円の低い方の金額を限度
住宅都市局計画部景観政策課
322-5484

その他(団体支援など)

名称目的対象・要件内容申請様式等問い合わせ先
神戸市市民活動補償制度市民の社会奉仕活動と市政参加の円滑な推進を図るため市民活動に従事する者がその活動中の事故等により,他人の生命,身体若しくは財物等に損害を与え法律上の賠償責任を負った場合,又は傷害等を負い,医療機関で治療を受けた場合に,補償金を支払う。<補償内容>
■賠償責任補償
(1)身体賠償(対人)
1名あたり限度額 1億円
1事故あたり限度額 5億円
(2)財物賠償(対物)
1事故あたり限度額 1,000万円
(3)保管者賠償1事故あたり限度額 500万円
■傷害補償
(1)傷害補償金治療のため医療機関に通院,入院,手術した場合に給付する
(a)通院 1日 2,000円 (事故の日から180日間において,通院日数90日を限度)
(b)入院 1日 3,000円 (事故の日から180日間を限度)
(c)手術 入院して手術を受けた場合に保険会社が定めた金額を給付
(2)後遺障害補償金500万円を限度額として,障害の程度に応じて給付
(3)死亡補償金500万円
市民参画推進局
市民協働課
322-6492
地域集会所新築等補助自治会,町内会などの自治組織が集会所を建設・整備する場合に,建設費(用地費,建物撤去費等を除く)の一部を助成する(1) 地域の自治組織が設置及び運営し,住民福祉のために利用する施設
(2) 加入者が50世帯以上である自治組織が存在する地域を対象として設置する施設
(3) 会議及び集会に必要な設備を備えていること
(4) 建築基準法その他の法令に適合するもの
(5) 建設等の工事費が15万円以上
(6) 当該年度末までに完了する整備
(7) 組織の加入者の同意がある
(8) 同一年度における申請は、1団体につき1施設に限ること
■補助率
・新築・建物買収 2/3
・増改築     1/2
・修繕      1/2
・バリアフリー化 3/4
■限度額
・新築・建物買収  1,200万円※
・増改築       600万円
・修繕        300万円
・バリアフリー化   225万円
(新築等との併用可)
※加入世帯(加入者)が1,000世帯以上の自治組織が延床面積150平方メートル以上の集会施設を「新築・買収」する場合,補助限度額は1,500万円
市民参画推進局
市民協働課
322-6492 各区まちづくり(推進)課
広報掲示板の設置等補助自治会,町内会などの自治組織が広報掲示板の設置等を行う場合に,経費の一部を助成する自治会,町内会などの自治組織各区で内容が異なりますので,詳しくは各区まちづくり(推進)課まで各区まちづくり(推進)課
地域商業活性化支援事業商店街・小売市場の団体等が「集客力向上・売上向上・地域課題解決」をめざして自ら企画・提案する,地域商業の活性化に資する事業を一括して柔軟に支援することにより,地域の個性を活かしたまちの魅力とにぎわいの創出を図る・商店街・小売市場の商業者の団体
・地域商業の活性化に資する活動を実施する地域団体(「3年計画型」のみ)
商店街・小売市場等の団体が企画・提案する地域商業の活性化に資する事業
(1)単年度型(1事業) …年度内に1種の事業を実施する場合
(2)単年度型(複数事業)…年度内に2種以上の事業を実施する場合
(3)3年計画型…概ね3年間の事業計画に基づく事業を実施する場合
様式はこちら経済観光局 商業流通課 322-5336
商店街・市場「応援隊」派遣事業高齢化や人手不足等により活性化策を見いだせない商店街・小売市場に対して、相談体制・人的サポートの拡充により、市民の暮らしに身近な商店街・小売市場の機能強化を図る。市内の商店街・小売市場の団体(市商連・市場連への加盟は問いません)各団体の要請に応じて「応援隊」を柔軟に派遣します。また、各団体の様々な相談にワンストップで対応する「よろず相談員」を配置し、アドバイスや「応援隊」派遣のコーディネート等を行う経済観光局 商業流通課
322-5336
商店街等街路灯電力料補助金単に商店街の活性化にとどまらず,交通及び防犯上の安全を確保し,市民生活の利便性の向上を図る商店街又は小売市場の商業者の団体商店街・小売市場が設置する街路灯のうち,終夜点灯する街路灯の電力料の一部を助成する様式はこちら経済観光局 商業流通課 322-5336
商店街・小売市場共同施設建設補助金小売商業の環境整備を促進し,地域社会との調和とその振興育成に寄与する商店街又は小売市場の商業者の団体商店街・小売市場が行うアーチ・アーケード・防犯カメラシステムの設置などの共同施設の建設(補助対象額が100万円以上の工事)に対して補助金を交付する様式はこちら経済観光局 商業流通課 322-5336
経営技術診断等専門家派遣事業(商業まちづくり等支援事業)専門家を長期または短期で派遣し、地域ビジョンの策定や商業活性化等に関するコンサルティングを行い、共同事業等の活動やまちづくりと一体となった活性化等を支援する。市内の商店街・テナント会や小売市場等の組合(任意団体を含む)専門家派遣に必要な費用の3分の2を神戸市産業振興財団が負担。(審査会による事業審査があります。)神戸市産業振興財団 商業支援課 360-3203
神戸市空き家再生等推進事業空き家及び空き建築物(以下、「空き家」という)を地域の交流拠点等として有効活用するために実施する神戸市空き家再生等推進事業に関する経費について補助金を交付する対象となる空き家の所有者(予定を含む)または、 対象となる空き家を 賃借する者(予定を含む) 地域コミュニティ維持・再生を目的に対象となる空き家を改修して、次の用途に活用する事業とするもの
(1)滞在体験施設
(2)交流施設
(3)体験学習施設
(4)創作活動施設
(5)文化施設
(6)その他市長が認める用途
(1)台所、浴室、洗面所又は便所の改修工事に要する経費
(2)給排水、電気又はガス設備の改修工事に要する経費
(3)屋根又は外壁等の外装の改修工事に要する経費
(4)壁紙の張替え等の内装の改修工事に要する経費
(5)家財の撤去に要する経費
(6)耐震改修工事に要する経費
(7)その他市長が認める工事に要する費用
様式はこちら住宅都市局住宅空地空家活用課 322-6518
空き家・空き地に関するアドバイザー派遣  地域団体からの依頼に応じて、地域団体の会合等にまちづくりコンサルタントを派遣し、空き家・空き地に関する勉強会を行うことにより、地域による空き家・空き地の取り組みを支援する。自治会、ふれあいのまちづくり協議会、婦人会、まちづくり協議会等の地域団体派遣コンサルタントが以下の内容を説明し、出席者で意見交換を行う。
(1)「地域による空き家・空き地対策」
(a)神戸市内の空き家状況
(b)空き家・空き地対策の課題
(c)神戸市による対応事例
(d)地域住民による意見交換

(2)意見交
(a)地域での課題
(b)地域での取組み
※地域で空き家・空き地対策に取り組みたいという気運があれば、次回以降もコンサルタントを派遣する。
様式はこちら住宅都市局空家空地活用課 322−6518