神戸市-KOBE-


NPO学生交流拠点「神戸ソーシャルキャンパス」

最終更新日
2017年8月1日

 神戸市では、平成28年度から市内の大学生等と社会的課題に取り組んでいるNPOとの交流や相談ができる場所(交流スペース)を設置し、大学生等のNPO活動やソーシャルビジネスの起業を促進しています。これにより、市内のNPO活動やソーシャルビジネスの活性化を図るとともに、若者に選ばれる都市を目指しています。

NPO学生交流拠点「神戸ソーシャルキャンパス」

神戸ソーシャルキャンパス場     所:神戸市中央区雲井通5−3−1 サンパル2階
開 館 日 時:火曜〜日曜(月曜・祝日定休日) 14時〜20時30分
運営事業者:特定非営利活動法人しゃらく
お 問 合 せ:078-241-9797 base@123kobe.com

事業概要

(1)活動・起業相談、マッチング
 コーディネーターが交流拠点に常駐し、在学中のNPO活動やソーシャルビジネスに関する相談を受け付けます。
 NPO等のボランティア募集や、インターン募集情報をデータベース化し、SNSを通じて最新の情報を学生に発信します。

(2)ボランティア・スタディツアー
 学習を目的としたボランティア・スタディツアーを実施することで、学校では学ぶことができない体験の場を提供します。

(3)フィールドワーク
 商店街活性化、子供の貧困など、NPO等が取り組む特定の課題に対して、複数の学生がチームを組み、中長期間取り組むことで、実践的な技術が身につきます。

(4)インターンシップ
 NPO等に学生を一定期間派遣し、社会的課題に取り組むことにより、就業体験の機会を提供します。

そのほか、市内企業がスポンサーとなり、優秀なソーシャルビジネスプランに賞金を提供する「ソーシャルビジネスプランコンペ」等の事業も実施する予定です。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。