神戸市-KOBE-


「協働と参画」推進助成

「協働と参画」推進助成とは・・・

神戸市では、市民のみなさんとの「協働と参画のまちづくり」をすすめています。この助成制度は、行政だけでは気づかない・解決できない地域課題を、市民のみなさんのアイデアを活かして、市民と行政が協働により、解決に取り組む活動を支援するものです。
※平成30年度、「パートナーシップ活動助成」から名称を変更しました。

目次  備考
「協働と参画」推進助成(テーマ別助成・一般助成)       −   
被災地等支援助成       −   
認定NPO等支援助成       −       

「協働と参画」推進助成(テーマ別助成・一般助成)

・対象団体:企画した活動を主体的に実施できる、神戸市内に活動拠点を置く公益活動に取り組む団体。
・対象活動:上記団体が神戸市内で行う、市が提示した以下のテーマに具体的に取り組む活動(テーマ別助成)。もしくは、地域課題や社会課題を団体自らが具体的に解決していく神戸市との協働の活動(一般助成)。
<平成30年度テーマ>
1.空家・空地を活用して地域活性化につなげる活動
2.「KOBE ストップ the 食品ロス」運動に参画する活動
・助成金額:マッチングファンド方式により算出された助成金限度額又は以下の区分に応じた金額のいずれか低い額を上限として助成。
※ただし、助成金額は総活動費の2分の1を超えることができません。

区分金額
テーマ別助成100万円
一般助成@単年度コース80万円
A複数年度コース30万円/年間
(3年間合計:上限80万円)

募集案内 ※平成30年度の募集は終了しました。

採択団体(テーマ別助成)

採択団体(一般助成)

活動報告(テーマ別助成)

採択団体に、活動の成果や反省点等について発表していただく、活動報告会を開催しています。資料は、以下のリンクからご覧いただけます。

活動報告(一般助成)

採択団体に、活動の成果や反省点等について発表していただく、活動報告会を開催しています。資料は、以下のリンクからご覧いただけます。

被災地等支援助成

・対象団体:企画した活動を遂行できる専門性が高く、全国各地の被災地または市内で支援活動の経験がある団体で、神戸市内に活動拠点があるもの
・対象活動:(1)全国各地の被災地で市民活動団体等と交流し、かつ、阪神・淡路大震災の経験やノウハウを伝える活動
        (2)全国各地の被災地から主に神戸市内へ避難して来られた方を支援する活動
・助成金額:上記(1)の活動 1団体上限50万円
        上記(2)の活動 1団体上限25万円

募集案内 ※平成30年度の募集は終了しました。

採択団体

活動報告

採択団体に、活動の成果や反省点等について発表していただく、活動報告会を開催しています。資料は、以下のリンクからご覧いただけます。

災害派遣等従事車両証明書の発行

被災地での活動を支援するため、高速道路通行の無料措置を行っています。

認定NPO等支援助成

・対象団体:認定NPO法人、パートナーシップ協定を締結した団体のうち市に登録したもの

・対象活動:市内で行う地域課題や社会問題を団体自らが解決していく活動
・助成金額:パートナーシップ活動推進寄附金(団体希望寄附)の9割

採択団体

活動報告

採択団体に、活動の成果や反省点等について発表していただく、活動報告会を開催しています。資料は、以下のリンクからご覧いただけます

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。