神戸市-KOBE-


神戸市の違法駐車対策

最終更新日
2018年4月17日

違法駐車等防止条例の運用

神戸市では、平成6年5月1日に「神戸市違法駐車等の防止に関する条例」を施行し、市民の皆さんのご協力のもと、年間を通じて次のような活動を展開しています。

違法駐車等防止重点地域の指定(主として都心部対策)

違法駐車等が著しく多いため一般交通その他市民の生活環境に重大な支障を生じさせ、緊急に指導及び啓発活動等の措置を講ずる必要があると認められる地域を、関係地域住民及び関係団体の意見を聴き、関係行政機関と協議のうえ市長が指定します。

現在、三宮、湊川、新長田、六甲道の4地区を「違法駐車等防止重点地域」に指定しており、各季の交通安全運動や違法駐車等追放強化運動(毎年11月実施)にあわせて、兵庫県警察と連携しながら指導啓発活動を実施しています。

違法駐車等追放推進地域の指定(主として住宅地対策)

違法駐車等により一般交通その他市民の生活環境に支障を生じさせ、地域住民が自主的に違法駐車等の追放運動に取り組もうとしている地域又は取り組んでいる地域を、関係地域住民及び関係団体の意見を聴き、関係行政機関と協議のうえ区長が指定します。

「違法駐車等追放推進地域」では生活道路を中心に、主として夜間にパトロールを行っています。また神戸市、兵庫県警察、交通安全協会等関係機関と連携し街頭啓発活動等にも参加しています。

違法駐車等推進地域実施要綱

違法駐車等推進地域実施要綱及び各種様式は下記のとおりです。

違法駐車等追放強化運動

 幹線道路や生活道路での違法駐車は、交通渋滞や飛び出しなどの交通事故の誘因となります。また、消防車や救急車など緊急自動車の走行を妨げるほか、バスの走行環境を悪化させ、日常生活の迷惑になるなど、市民の安全で快適な生活環境に悪い影響を及ぼしています。

このため、市民の駐車モラルやマナーの向上を図るべく、全市をあげて違法駐車等追放強化期間を設け各区で住民パトロールや街頭広報などを実施しています。

強化期間

毎年11月1日〜10日頃(予定)

スローガン

「とめないで 道路はあなたの 車庫じゃない」

神戸市違法・迷惑駐車追放シンボルマーク

神戸市違法・迷惑駐車追放シンボルマーク遺法駐車をなくすためには、何と言っても、ドライバー自身が駐車の法令・マナーを遵守することです。

「たった一台くらい」といった安易なその行為が、多数の違法駐車を発生させます。

ドライバーひとりひとりがルールを守るよう心がけましょう。

市民の皆様へ

たとえば「地域でこういう取り組みをしたら効果があった」など、違法駐車等をなくするためにはどうすれば良いか、みなさまからのご意見・ご提案をお待ちしております。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。