神戸市-KOBE-


水道施設耐震化の施策体系

最終更新日
2006年4月1日
水道施設耐震化の施策体系
基幹施設の耐震化貯水施設ダム堤体の補修・補強
ダム堤体の管理の強化
導水施設導水路の補修・補強
導水管の耐震化
被災施設の補修
浄水場の供給予備カの確保等を考慮した更新
送水施設被災施設の補修
送水トンネルの必要に応じた更生・補強
バックアップ機能の強化
送水管の耐震化
配水池被災施設の補修
必要に応じた補強や更新
緊急貯留システムの整備運搬給水基地拠点配水池等の整備(緊急遮断弁の設置)
大容量貯水槽の整備
配水管の耐震化  500mメッシユ(幹線)の耐震管路網の構築
200mメッシュ(支線)の耐震管路網の構築
防災拠点等へ至るルートの耐震化
人工島向け配水管の2系統化
メッシユを構成しない非ダクタイル管路等の耐震化
市街地大容量送水管の整備 大容量送水管の整備
防災機能を有する拠点施設の整備 
建築物等の耐震化ポンプ室・電気室・事務所新設・更新時における耐震設計の強化
テレメータ用鉄塔新設・更新時における耐震設計の強化
電気・計装設備の耐震化と
管路情報システムの整備
受配電設備2回線受電化等
自家用発電機設備の整備
テレメータ・テレコントロールシステムバックアップシステムの構築
データ通信機能の拡充
管路情報管理システムマッピングシステムを利用した災害時支援機能の強化
モニタリングシステムの整備
新エネルギーの利用浄水場・配水池での太陽光発電の導入
給水装置の耐震化 材質・構造および配管方法の耐震性強化
改善促進策の実施