神戸市-KOBE-


災害に強い水道づくり

最終更新日
2017年3月31日

神戸市水道施設耐震化基本計画

阪神・淡路大震災において、水道施設は大きな被害を受け、長いところでは復旧に10週間を要しました。神戸市水道局では、この震災で得た教訓や市民の皆さんの声をもとに、「市民の皆さんに安心してお使いいただける耐震水道」の構築を目指し、平成7年7月に「神戸市水道施設耐震化基本計画」を策定しました。

主な取組み

阪神・淡路大震災を教訓に、災害に強く、早期復旧が可能な水道づくりを目指し、耐震化施策を進めています。

いざという時、水はここにあります〜災害時給水拠点〜

地震などの災害時に断水した場合には、「災害時給水拠点」から近隣のみなさまに水をお配りします。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。