神戸市-KOBE-


災害受援計画

最終更新日
2013年4月9日
  • [4月9日]災害受援計画の策定

どすこい防サイくん 神戸市では、阪神・淡路大震災や東日本大震災の経験と教訓を踏まえ、大規模災害時に他の自治体や機関からの応援を迅速かつ効率的に受け入れられるよう、学識経験者を交えた「神戸市災害受援計画策定委員会」等において検討を重ね、応援受入本部の設置や受援担当者の指定、応援者に求める経験・資格等の指定、民間に協力を求めることが可能な業務の選定などを盛り込み、実用的なマニュアルとして活用できる「神戸市災害受援計画」を策定しました。

災害受援計画(総則)

 大規模災害時における支援の受入れについて、基本的な考え方や内容、前提条件などを総則としてまとめました。

災害受援計画(対応計画:直下型地震編):概要版

 支援を要する業務を迅速かつ効率的に対応するために、業務ごとに業務フローと受援シートを作成し、対応計画として定めました。

 以下は、個別の計画ごとに掲載しています。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。