神戸市-KOBE-


土砂災害に備えて(問い合わせ:078-322-5409)

最終更新日
2018年7月9日

個人の記憶を 社会の記録に

平成30年は昭和13年阪神大水害から80年となることから、当時の経験・記憶を後世に伝え、災害に強いまちづくりに役立てようとしています。当時の状況、ご家族から伝え聞いた話など、お聴かせいただける方または紹介頂ける方を募集します。(平成30年8月31日まで)

昭和42年六甲山系豪雨災害50年行事実行委員会からの情報提供

昨年は、昭和42年の六甲山系豪雨災害から50年目の節目の年となったことから、国、県、神戸市、芦屋市、西宮市、宝塚市、神戸新聞社、サンテレビジョンからなる同実行委員会が立ち上げられ、土砂災害の経験を伝え、そしてそれを活かし備えることの大切さを次世代に引き継ぐとともに、今後の土砂災害の軽減に向けて、自助・共助・公助の重要性を普及・啓発するため、4月から10月にかけて国、県、市が各種防災関連行事を展開してきました。

 関連行事の開催に伴い実行委員会及び各構成団体に蓄積された情報は、単なる記録情報に止めず地域の防災力向上のための防災教育・防災啓発に利用されてこそのものであることから広く情報提供するものです。

土砂災害特別警戒区域指定状況

・平成29年3月31日 北区(上谷上〜大池〜上唐櫃周辺地区)で33箇所の土砂災害特別警戒区域が指定されました。

・平成29年7月18日 北区(下唐櫃、有野、有野台、藤原台、柳谷、附物、吉尾周辺地区)で52箇所の土砂災害特別警戒区域が指定されました。

・平成29年12月26日 北区(淡河町、山田町(衝原、坂本、西下、東下、中、福地、原野、下谷上、柏尾台、青葉台)、有馬町周辺地区)で149箇所の土砂災害特別警戒区域が指定されました。

・平成30年2月27日 北区(大沢町、八多町、有野町、山田町(下谷上、藍那、小河、小部)周辺地区)で112箇所の土砂災害特別警戒区域が指定されました。

・平成30年5月29日 北区(長尾町、道場町、緑町、大原、鈴蘭台東町・西町・南町・北町、泉台、筑紫ヶ丘、惣山町、若葉台、北五葉、南五葉、ひよどり台周辺地区)で86箇所の土砂災害特別警戒区域が指定されました。


※指定の最新情報は神戸市の窓口システムか兵庫県CGハザードマップでご確認ください。

※引き続き神戸市の他の地域でも調査を行います。

移転・改修支援

神戸市では、土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)内にある既存不適格住宅に対して移転、改修を支援する補助制度を設けています。
詳しくはお問合せください。

移転支援事業 様式

改修支援事業 様式

台風シーズンに備えて、土砂災害への警戒を!

どすこい防サイくん 平成26年8月の大雨では、広島をはじめ多くの地域で土砂災害が発生し、本市においても各地で土砂災害による被害が生じるなど、近年激化する気象災害への一層の注意が必要です。
 このページの各章をご覧いただき、「お住まいの地域の危険箇所、避難先の確認」、「防災情報の収集方法の確認」、「非常持ち出し品の準備」など、日頃の備えをしていただくとともに、ご家庭や地域で、もしもの時にどうすればいいか話し合いましょう。

土砂災害とは?

土砂災害防止法について

土砂災害警戒区域はどこで確認できる?

土砂災害 わが家の避難マップ

 「土砂災害 わが家の避難マップ」は、地域の土砂災害の危険箇所をより詳細に確認できるように地図を大きく表示したもので、緊急避難場所などの避難先を確認し、ご自身で避難ルートを書き入れ、土砂災害が発生する前の立ち退き避難に役立てていただくものです。


※「土砂災害 わが家の避難マップ」に関するお問い合わせは神戸市危機管理室(電話:078ー322−6236)まで。

スマホ向けアプリ「六甲マイスター」〜六甲山を楽しく学ぶ〜

国土交通省 六甲砂防事務所は、六甲山地での過去の土砂災害や砂防事業の取り組みについて、歩きながら楽しく学んでいただくためにスマホ向けアプリを作成しました。ぜひ、スタンプを集めて「六甲マイスター」を目指して下さい。全てのスタンプを集めた方には六甲砂防事務所にて砂防カードを進呈します。

リンク集

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。