神戸市-KOBE-


神戸市「津波防災」ウェブサービス『ココクル?』

最終更新日
2014年5月1日

神戸市では、南海トラフ巨大地震・津波からの安全で迅速な津波避難をしていただくため、観光、買い物、ビジネス等で神戸を訪れる来街者など地理に不案内な方の多い都心部(三宮・元町〜ハーバーランド)における情報提供・啓発が必要となっています。この度、社会課題をデザインの持つ美と共感の力で解決する「issue+design」プロジェクトに参画し、不特定多数の方々がどこにいても情報が取れるサービスとして”神戸市「津波防災」ウェブサービス『ココクル?』”を開発し、平成26年5月1日からスタートします。このサービスにより来街者の方々が、安心して神戸を楽しんでいただければと考えております。

1.『ココクル?』の概要

不特定多数の方々がどこでも津波避難の情報を入手できるツールとして、スマートフォンに対応したウェブサービスです。
主な内容は、
1  地理情報機能(ハザードマップ)
利用者の現在位置を端末のGPS機能を活用して表示し、兵庫県が平成26年2月に公表した津波浸水想定図との関係を見ることができます。背景はグーグルマップと連動していますので、拡大縮小も可能ですし、目印となる建物等も表示されます。また、トップページでは、GPS機能を活用し、利用者の現在位置での津波想定浸水深を一目で分かるように表示しています。来街者等神戸の地図を読むのに時間がかかる方にも、このサービスをより身近に利用していただけるのではないかと考えています。
2 啓発情報機能 〜もしも5〜
神戸を安心して楽しんでいただくために事前に知っていただきたいポイントを5つにまとめています。
内容は“平常時に意識していただきたいことや準備していただきたいこと”として、
 1“もしも”地震がおこったら...(南海トラフ巨大地震が発生したときの被害想定)
 2“もしも”に備える情報防災(情報収集・安否確認のための手段の確保について)
“地震・津波時に行動していただきたいこと”として
 3“もしも”のときに身を守る(揺れから身を守る行動)
 4“もしも”のときに避難する(津波の際の避難行動の考え方)
 5“もしも”帰宅困難者になったら(一時滞在施設の案内等)
   を記載しております。
3  情報シェア機能
東日本大震災では停電や電話回線の制御が発生する中、情報発信や共有にインターネット回線が効果を発揮しました。本サービスではその教訓を踏まえ、来街者の方々が友人、家族等に自分の状況や現在地を知らせるための情報共有機能を備えました。4つコンテンツ(ツイッター、フェイスブック、ライン、E‐mail)との連携を備えています。


2 「ココクル?」の2つのメリット

観光、買い物、ビジネス等で神戸を訪れる来街者を含む利用者の皆様には、大きく2つのメリットがあると考えております。
 1地理に不案内な方が地図を読まずとも現在位置が表示されるハザードマップ
 2ご家族、ご友人に安否を伝えたい方がご活用いただけるよう、インターネット回線を利用した情報シェア機能


例)トップページ例)トップページ

例)ハザードマップ例)ハザードマップ

※issue+design プロジェクトとは

『社会の課題に、市民の創造力を』テーマに、地域や日本、世界が抱える社会課題をデザインの持つ美と共感の力で解決することに挑戦するユネスコデザイン都市・神戸発のデザインプロジェクト。本プロジェクトから生まれたいくつものアイデアが実際の社会課題解決のために実現しています。2010年度に実施した「避難所+design」からは東日本大震災支援ツール「できますゼッケン」が生まれ、気仙沼市、釜石市、石巻市他の被災地で活用いただいています。また、2012年度には、若者世代自殺予防対策ウェブサイト「ストレスマウンテン」を制作。

issue+design プロジェクト例