神戸市-KOBE-


南海トラフ地震に関連する情報について

最終更新日
2017年10月31日

 中央防災会議防災対策実行会議「南海トラフ沿いの地震観測・評価に基づく防災対応検討ワーキンググループ」の報告(平成29年9月26日)では、南海トラフ沿いで発生する、大規模地震につながる可能性がある現象を観測し、その分析や評価結果を防災対応に活かすことができるよう、適時的確な情報の発表に努めることが重要であると指摘されています。また、国・地方公共団体はあらかじめ当面の暫定的な防災体制を定めておく必要があることも指摘されています。
 
 この報告を踏まえ、新たな防災対応が定められるまでの当面の間、気象庁は「南海トラフ地震に関連する情報」を発表することとしました。この情報は、平成29年11月1日から運用を開始します。

「南海トラフ地震に関連する情報(臨時)」について

 気象庁は、南海トラフ全域において、異常な現象を観測した場合や地震発生の可能性が相対的に高まっていると評価した場合等に、「南海トラフ地震に関連する情報(臨時)」の発表を行います。
 詳しくは、気象庁のページでご確認ください。

神戸市の対応

 気象庁から「南海トラフ地震に関連する情報(臨時)」が発表された場合、神戸市では関係機関と連携して情報収集に努めるとともに、必要な警戒体制をとることとしています。

日頃からの備えが大切です

 南海トラフ地震や津波に備えるため、平常時から、自宅の揺れ対策、非常持出品・備蓄品の確認、家族との連絡のとりかたなどを確認しておきましょう。