神戸市-KOBE-


平成29年度兵庫県南海トラフ地震津波一斉避難訓練

訓練内容

 この訓練は、兵庫県下の瀬戸内海沿いの市町(神戸市を含め14市1町)を対象に実施される、南海トラフ地震を想定した、津波一斉避難訓練です。
 下記の防災行政無線による放送と緊急速報メール(エリアメール)の発信は、沿岸部だけでなく神戸市内全域が対象となりますので、防災行政無線の屋外スピーカーから流れる放送をきっかけに地震から身を守る安全行動をとったり、ご自身の携帯電話が緊急速報メールに対応しているかどうかの確認などを行いましょう。
 また、津波浸水想定区域内にお住まいの方や企業のみなさんは、この機会に、避難訓練や避難場所の確認などを行い、もしもの時に備えましょう。

実施日時

 平成29年11月1日(水曜)11時11分

当日(11月1日)の情報発信について

(1)防災行政無線の訓練放送

防災行政無線イラスト11時11分に市内全ての防災行政無線の屋外スピーカーや戸別受信機から「訓練・緊急地震速報」を放送します。
 
<放送内容>
(上りチャイム)
 こちらは、ぼうさいこうべです。
 只今から、訓練放送を行います。
 
(緊急地震速報チャイム音)
 緊急地震速報。
大地震(おおじしん)です。大地震(おおじしん)です。
 これは訓練放送です。 ×3回
 
 こちらはぼうさいこうべです。
 これで訓練放送を終わります。

(2)訓練緊急速報メール

エリアメールイラスト 防災行政無線の訓練放送から約3分後(11時14分ごろ)に、緊急速報メール(エリアメール)で「訓練・大津波警報」の情報を発信します。
 対応している全ての携帯電話が鳴動しますのでご注意ください。マナーモードにしていても音が鳴ります。
 また、着信音や内容、ご自身の機種が受信できるかどうかなどを確かめるきっかけにしてください。
 ※本訓練は、兵庫県の瀬戸内海沿いの市町を対象に行われているため、神戸市以外の対象地域にも、緊急速報メール(エリアメール)が発信されます。

浸水想定区域や防災行政無線の設置位置については、下記ページの「くらしの防災ガイド」の地図面をご確認下さい。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。