神戸市-KOBE-


神戸市ハザードマップ(土砂災害・水害に関する危険予想箇所)

最終更新日
2018年6月19日

アクセスの集中などにより、神戸市ハザードマップを閲覧しづらい場合は、「兵庫県CGハザードマップ」をご覧ください。

1.神戸市ハザードマップ(土砂災害・水害に関する危険予想箇所)

ご確認いただける地図
【大雨に関する地図】
土砂災害危険区域/浸水想定区域(河川、下水(雨水管)・側溝、地下施設)/河川モニタリングカメラ/アンダーパス情報

【津波に関する地図】
浸水想定区域(津波)/防潮施設

【その他】
屋内の緊急避難場所/屋外の緊急避難場所/応急給水拠点 ほか

↓ 画像をクリックしてください

神戸市ハザードマップを閲覧しづらい場合

外国語対応ハザードマップ(WEB版)

英語、中国語(簡体字)、韓国語に対応したWEB版ハザードマップは以下の通りです。

2.「くらしの防災ガイド」の概要(英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語の凡例表もあります)

神戸市ハザードマップイメージ広報紙KOBE防災特別号「くらしの防災ガイド」は、毎年、梅雨時期前の6月初旬から中旬頃に発行しています。
紙面には、大雨や地震に関する情報や、災害発生時の行動に関する情報を掲載するとともに、区別の「土砂災害・水害に関する危険予想箇所図」(上記の説明をご参照ください)がご覧いただけます。
「くらしの防災ガイド」は、市内各戸に配布するほか各区役所には所管する区のものを、市役所2号館建設局防災部防災課には各区全てのものを置いています。

ハザードマップ凡例表 外国語版について 

「くらしの防災ガイド」に掲載している「土砂災害・水害に関する危険予想箇所図」(ハザードマップ)について、外国語版(英語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)、韓国語)の凡例表を公表しております。

3.「避難勧告!その時、どうする?」〜サンドアートを用いたアニメーション動画を配信)

神戸市では、土砂災害からの避難行動の重要性を広く呼びかけるため、「サンドアート」の手法を用いた動画を製作しました。市のポータルサイトやYouTubeより閲覧できます。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。