神戸市-KOBE-


防災に関するリンク集

 

まさかのときは、準備のための時間がありません。日ごろから、お住まいの近くの避難所をいくつか確認しておくように心がけましょう。また、実際に避難するときに慌てないよう、避難経路についても家庭や地域で話し合っておきましょう。

お住まいの地域の周辺の公園や小学校などで、住民のみなさまが主体となった防災訓練が実施されています。自由に見学できる防災訓練の情報をご覧ください。訓練の中には、当日でも参加が可能な訓練もありますので、お住まいの地域で防災訓練が実施される場合、地域の防災力向上のため、積極的に参加しましょう。

「土砂災害・水害に関する危険予想箇所図(ハザードマップ)」では、パソコン・スマートフォン・タブレット端末から、大雨による土砂災害や河川などの浸水及び地震による津波の危険予想箇所や、避難所の情報等についてご確認いただけます。
また広報紙KOBE防災特別号「くらしの防災ガイド」では、大雨や地震に関する情報や、災害発生時の行動に関する情報について掲載しております。

近い将来起こる可能性の高い、東南海・南海地震や津波およびその他の活断層型地震の基礎知識、地震への備えの情報、各区の津波避難対象地区などをご覧になれます。同パンフレットは、危機管理室、各区役所、消防署で入手することができます。

災害時に手助けが必要な方(要援護者)を支援していくための条例「神戸市における災害時の要援護者への支援に関する条例」を策定し、地域での助け合いの取り組みを推進します。

兵庫県では、県民の防災活動を支援するため、防災対策に役立つ気象観測情報を、「兵庫県防災気象情報」として、インターネットに掲載しており、注意報・警報、地震・津波情報、河川水位、アメダス、ポイント天気、週間天気予報などがご覧になれます。

「広報紙KOBE防災特別号」に記載している土砂災害危険予想箇所図及び土砂災害に関する情報をご覧になれます。
台風などの災害に備えて、ふだんから家族みんなで確認しあい、早期の自主避難等に役立ててください。

大雨により河川のはん濫が近づいた場合、住民のみなさまが迅速かつ安全に避難し、自ら身を守っていただくよう作成した「洪水ハザードマップ」がご覧になれます。

いざというときにすぐに持ち出されるように、必要なものを準備しておきましょう。特に食品や飲料水の賞味期限は、まめにチェックし、賞味期限が迫ったものから順に入れ替えておきましょう。

神戸市内を流れる22河川のうち30ケ所の川の流れる様子を、インターネットカメラで撮影し、河川の危険な増水の様子をパソコンでチェックすることができます。

事前に登録を行うことで、風水害による避難指示や地震情報などの緊急情報を電子メールで知ることができます。
事前の登録がなくても、随時神戸市からの緊急情報などを閲覧できます。
※ソフトバンク3Gの一部機種については対応できておりません。

レーダー降雨情報システムを使った降雨情報を10分毎に提供。阪神間の広域情報から神戸市域を南部と北部に分けた詳細図まで4区分で提供しています。
その他にも降雨履歴や週間天気予報も掲載しています。