神戸市-KOBE-


土砂災害対策に関する有識者会議

最終更新日
2015年3月27日
  • [5月20日]土砂災害対策に関する有識者会議(第4回)議事要旨を掲載しました。

どすこい防サイくん 近年、全国各地で土砂災害により大きな被害が発生しています。
 神戸市も、六甲山系をはじめとした山地が広がり災害が発生しやすい地形・地質であること、また気象変化が激しくなってきたことをうけ、土砂災害対策に関する有識者会議を開催し、土砂災害から神戸市民の安全・安心を守るために必要な施策について検討を行っています。

土砂災害セミナーを開催しました(12月13日)

 土砂災害に関する知識を深め、日ごろの備えやいざというときの情報の入手方法、より安全な避難について考える「土砂災害対策セミナー」を開催しました。
 土石流やがけ崩れなどの土砂災害は、地域ぐるみの備えが必要です。
 お住まいの地域やご家庭で土砂災害について話し合い、「いのちを守る」取り組みを始めましょう。
  
日時:平成26年12月13日(土曜)午後2時から午後4時まで
場所:兵庫県民会館9階「けんみんホール」
    (神戸市中央区下山手通4丁目16の3)
議題:土砂災害対策に関する基礎知識、避難勧告等を受けた際の判断と避難行動
講師:兵庫県立大学 環境人間学部大学院 環境人間学研究科
    木村 玲欧 准教授 ほか

会議開催状況

関連情報・資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。