神戸市-KOBE-


研修会・講演会

平成28年度自殺未遂者支援者研修

◆事例検討を通して、自殺企図・自殺念慮者への具体的な支援や必要な支援につなげていく連携について学び、自殺の再企図の防止につなげられるよう研修を実施しました。

◆自殺の危険性のある方と接する際に、どのような支援や対応をしていくべきかについて具体的に学ぶための研修を実施しました。

平成28年度ゲートキーパー養成研修

 ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気づき声をかけ、話を聴いて、必要な支援につなげ、見守る人のことです。
 自殺対策では、悩んでいる人に寄り添い、関わりを通して、「孤立・孤独」を防ぎ、支援することが重要です。一人でも多くの方にゲートキーパーとしての意識をもっていただけるよう研修を実施しました。

高齢者の精神疾患の理解と対応

◆高齢者の方と関わる機会の多い支援者が、こころの不調やうつ病のサインに気づき、早期に適切な関わりができるよう研修を実施しました。
 詳しくは、下記PDFをご覧ください。

働く人のこころの不調の気づきと対応

◆管理監督者などが、こころの不調のある職員に気づき、適切に対応できるよう研修を実施しました。
 詳しくは、下記PDFをご覧ください。

子どものこころの病気の理解とその対応

◆子どもの育成や支援に関わる職員等が、子どものこころの病気を正しく理解し適切に対応できるよう研修を実施しました。
 詳しくは、下記PDFをご覧ください。

平成28年度ゲートキーパー養成研修(基礎編)

これまでの研修の取組み(参考)

ゲートキーパー養成研修(平成27年度の取組み)

働く人のためのメンタルヘルス講座(平成27年度の取組み)

ストレスは誰もが気づかないうちに抱えていると言われています。ストレスと上手に付き合っていけるよう、自分のストレスに気づくこと、また、その対処法学び、こころの健康づくりにつなげられるよう講座を開催しました。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。