神戸市-KOBE-


光化学オキシダントによる大気汚染(光化学スモッグ)

最終更新日
2019年2月7日

光化学オキシダント(光化学スモッグ)予報・注意報などの発令状況

現在の発令状況はこちらをご覧ください。

光化学オキシダント(光化学スモッグ)とはどんなものですか?

光化学オキシダント発生のしくみ光化学オキシダントは、工場や自動車から排出される窒素酸化物(NOx)及び揮発性有機化合物(VOC)を主体とする一次汚染物質が、太陽光線の照射を受けて光化学反応を起こすことにより発生する二次的な汚染物質です。
また、高濃度の光化学オキシダントが原因で、空が霞んでもやが掛かったような状態になることがあり、この状態のことを光化学スモッグが発生しているといいます。

光化学オキシダント(光化学スモッグ)は、どのような時期に発生するのですか?

日差しが強く、気温が高く、風が弱い日等に高濃度になりやすく、注意が必要です。

なお、光化学オキシダント(光化学スモッグ)予報・注意報などは、4月下旬から10月中旬までの期間において、光化学オキシダント濃度が発令基準に達したときに発令されます。

光化学オキシダント(光化学スモッグ)は、人体にどのような影響を及ぼすのですか?

光化学オキシダントの濃度が高くなると目やのどに刺激を与え、目がチカチカする、のどが痛い等の健康被害がみられることがあります。

こうした症状が出たときは、まず目を洗う、うがいをするなどの処置を行い、安静にしてください。

症状が回復しないとき、手足のしびれ、呼吸困難などの症状が生じたときは、早めに医師の診察をうけて下さい。