神戸市-KOBE-


新型インフルエンザに関する情報

新型インフルエンザ

 新型インフルエンザとは、通常の季節性インフルエンザと違い、新たに人から人に伝染する能力を有することとなったウイルスを病原体とするインフルエンザであって、一般に多くの人が当該感染症に免疫を獲得していないことから、急速かつ大規模なまん延を引き起こし、世界的大流行(パンデミック)となるおそれがあるものです。

新型インフルエンザ2009は季節性インフルエンザとしての扱いとなりました

 2009年(平成21年)4月にパンデミックを引き起こしたA/H1N1亜型のウイルスを病原体とする新型インフルエンザは、2011年(平成23年)3月に厚生労働省が、大部分の人がそのウイルスに対する免疫を獲得したこと等により季節性インフルエンザとして扱い、その名称も「インフルエンザ(H1N1)2009」とすると公表しました。

インフルエンザに関する情報