阪神・淡路大震災1.17のつどい

最終更新日
2014年1月27日

 平成26年1月17日で、「阪神・淡路大震災」から19年が過ぎました。
 震災でお亡くなりになられた方々を追悼するとともに、震災で生まれた「きずな・支えあう心」を次世代へ語り継いでいくため、東遊園地の「慰霊と復興のモニュメント」を中心に、「阪神・淡路大震災1.17のつどい」を行いました。
 この「つどい」は、ご遺族・市民のみなさんと神戸市が準備段階から連携しながら進めました。
 当日は、約11,000人の方々に献花をしていただきました。また、東遊園地では約9,000人の方々に、全市では約10,000人の方々に記帳をしていただきました。

「阪神・淡路大震災1.17のつどい」について

日時=平成26年1月17日(金曜)5時〜21時
場所=中央区東遊園地(神戸市役所南側)

5時
・ 「1.17(竹灯ろう)」点灯
・ 記帳・献花受付開始(〜21時)

5時46分
・ 黙とう
 −神戸市震災19年追悼の集い−ご遺族と市長による追悼のことば、献花

14時46分
・ 黙とう

17時46分
・ 黙とう

21時
 『阪神・淡路大震災1.17のつどい』終了

会場周辺の地図

会場周辺の地図・参列者(献花者)数 : 約11,000人
・記帳者数(全市) : 約10,000人(うち東遊園地 約9,000人)

「阪神・淡路大震災1.17のつどい」に関するお問い合わせ

阪神・淡路大震災1.17のつどい実行委員会(電話:078-322-6491協働と参画のプラットホーム内)
※「震災19年追悼の集い」に関しては、行財政局行政監察部庶務課(電話:078-322-5062)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe ReaderR」または「Adobe Acrobat ReaderR」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。