神戸市-KOBE-


消防職員採用案内

最終更新日
2019年6月17日

神戸の今と未来を守る、使命

神戸市消防職員採用説明会を実施します(要 申込)

神戸市消防職員の仕事や魅力について、より身近に知っていただくため、就職説明会を実施します。

日時:令和元年8月1日(木)・2日(金)
    13:30〜16:30(受付13:00から)
    内容は2日間とも同じです。ご都合のよい日を選び参加してください。

場所:神戸市役所4号館1階
    神戸市中央区加納町6丁目5番1号

対象:神戸市消防職員採用試験の受験を検討されている方
    (大学卒、高専・短大卒、高校卒の区分を問いません)

内容:(1)業務説明及び採用試験について
    (2)管制室見学
     〜水上消防署へ移動〜
    (3)訓練展示・庁舎見学
    (4)若手職員との座談会

※訓練展示、庁舎見学、座談会は、ポートライナー(貿易センター駅→ポートターミナル駅:210円)を利用し水上消防署へ移動して実施します。
  移動に係る交通費につきましては、各自でご負担願います。

就職説明会への申込方法

訓練写真以下の必要事項を明記したうえで、タイトルを「消防職員就職説明会申込み」として、下のリンクからお申込みください。

必要事項
1.氏名
2.性別
3.年齢
4.参加希望日
5.受験を検討している区分(大学卒、高専・短大卒、高校卒)
6.電話番号(申込状況によって、電話にて日程調整をさせていただく場合がありますので、連絡のつきやすい番号をお知らせください)
7.「水上消防署での訓練展示・庁舎見学・座談会」の出欠

申込締切日:令和元年7月19日(金)

先着順で受付を行います。
インターネットを利用できない方は神戸市消防局職員課(078−322−5739)までお問い合わせください。

注意事項

申込を受け付けましたら、確認メールを返信します。

迷惑メール防止のためにメールの拒否設定をしている場合は、あらかじめ設定を解除するなど、返信メール(@office.city.kobe.lg.jp)を受信できるようにしておいてください。

※お申込後、7日以内に返信メールが届かない場合は、お手数ですが、お電話でお問い合わせください。

※この説明会に参加したかどうかが、採用に影響することはありません。


神戸市消防職員採用試験(大学卒)  

1次試験(基礎的能力、専門、適性検査)
6月23日(日)
場所:甲南大学

2次試験(面接・グループワーク・体力検査)
8月5日(月)〜7日(水)のいずれか2日間
場所:神戸市内(未定)

3次試験(面接・論文・身体検査)
9月4日(水)〜9日(月)のいずれか2日間
場所:神戸市内(未定)

最終合格発表
9月中旬予定

採用予定人数:約30名



申込期間:4月25日(木)〜5月23日(木)正午まで
       <申込受付は終了しました。>
  

神戸市消防職員採用試験(大学卒航海、高専・短大卒、高校卒) 

<大学卒航海>

1次試験(基礎的能力・専門・適性検査)
9月29日(日)
場所:未定

2次試験(面接・グループワーク・体力検査)
10月18日(金)〜25日(金)のいずれか2日間
場所:未定

3次試験(面接・論文・身体検査)
11月中旬
場所:未定

採用予定人数:若干名


案内の配付開始日:令和元年7月22日(月)

申込受付期間:令和元年7月22日(月)〜8月5日(月)消印有効

申込方法:郵送

 <高専・短大卒、高校卒> 

1次試験(高専・短大卒:基礎的能力・適性検査) (高校卒:教養・適性検査)
9月29日(日)
場所:未定

2次試験(高専・短大卒:面接・グループワーク・体力検査) (高校卒:面接・集団討論・体力検査)
10月18日(金)〜25日(金)のいずれか2日間
場所:未定

3次試験(面接・論文・身体検査)
11月中旬
場所:未定

採用予定人数:(高専・短大卒)約10名、(高校卒)約25名


案内の配付開始日:令和元年7月22日(月)

申込受付期間:令和元年7月22日(月)〜8月5日(月)正午

申込方法:インターネット申込
   

試験の変更点

平成31年度における消防区分の試験の変更点については、以下のとおりです。

<大学卒採用>
専門試験において、「法律」「経済」「体育」区分を統合して、「総合」区分に名称変更します。
全ての試験区分における専門試験の解答数が30題(90分)から25題(80分)になります。

神戸市職員採用試験情報の詳細については、下記のリンク先から御確認ください。

平成30年度 採用試験実施状況

平成30年度 神戸市消防職員採用試験の実施状況は下記のとおりです。
大学卒は6月に、大学卒(航海区分)、高専・短大卒、高校卒は9月に第1次試験を実施しました。

区分申込者数受験者数1次合格2次合格3次合格競争率
大学卒114(3)85(2)47(1)34(1)26(0)3.3倍
高専・短大卒 67(4)47(4)20(1)12(1) 6(0)7.8倍
高校卒284(8)231(7)73(3)44(3)27(1)8.3倍
                                                               ※ ( )はうち女性数

 

神戸市消防局技術職員(ヘリコプター操縦士)募集案内 <受付は終了しました>

ヘリ写真神戸市消防局では、兵庫県とヘリコプター(BK117C-2)3機を共同運航し、365日県下全域への出動体制を確保しています。
このたび、ヘリコプターの操縦業務に従事する職員を募集します。

業務内容神戸市消防局において技術職員として、回転翼航空機BK117を操縦し、
ヘリコプターの運航業務に従事します。
募集人数1名
応募資格昭和50年4月2日以降に生まれた人で、次の要件を全て満たすこと。
1 航空法に基づく事業用操縦士(回転翼航空機)の資格を有すること
2 航空法に基づく第1種航空身体検査証明書を有すること
3 電波法に基づく航空無線通信士の資格を有すること

※地方公務員法第16条各号に該当する人及び日本国籍を有しない
人は受験できません。
選考方法書類審査、面接・論文・身体検査(詳細な日程は後日連絡)
なお、採用に際しては現有ライセンスを考慮します。
勤務地神戸市消防局警防部航空機動隊
(住所 神戸市中央区神戸空港8番地12)
採用予定日平成31年度中(応相談)
申込方法以下の書類を平成31年5月31日までに下記申し込み先へ郵送してください。
・履歴書(写真貼付)
・事業用操縦士(回転翼)技能証明書の写し(限定事項証明書を含む)
・航空経歴表の写し 
・回転翼航空機の総飛行時間が分かる書類の写し
・第1種航空身体検査証明書の写し
・航空無線通信士の証明書の写し
問い合わせ・
申し込み先
神戸市消防局総務部職員課
郵便番号:650-8570 神戸市中央区加納町6丁目5番1号
電話番号:078(322)5739(直通)
FAX番号:078(392)2119
E-mail:fb_shokuin@office.city.kobe.lg.jp

 神戸市主催の説明会

 <平成31年の神戸市主催説明会実施状況>
    4月25日、26日  場所:市役所4号館及び水上消防署

 <平成30年の神戸市主催説明会実施状況>
    4月26日、27日  場所:市役所4号館及び水上消防署
    7月23日、24日  場所:市役所4号館及び水上消防署
 
<平成29年の神戸市主催説明会実施状況>
    4月24日      場所:神戸市民防災総合センター(神戸市消防学校)
    7月26日、27日  場所:市役所4号館及び水上消防署

 

 大学等で実施する説明会

  大学等で実施する説明会は以下のとおりです。
  消防職員が参加する回では、消防職についての説明も実施しておりますので、皆様のお越しをお待ちしております。

神戸市が求める人物像

神戸市が求める人材像

神戸市消防局 〜infomation〜

女性消防吏員について

女性消防隊神戸市消防局では、平成9年度から女性消防吏員を採用し、現在57名の女性消防吏員が市内各消防署や消防本部で活躍しています。
平成15年度からは司令課へ配置し、現在2名が管制業務に就いているほか、9名が救急隊員として勤務しています。
また、女性の就業可能な職域の検討を進め、平成26年度からは原則全ての消防隊業務に従事できることとし、現在、5名の職員が消防隊として活躍しています。(H30.12.31現在)

総務省消防庁では、女性消防吏員の更なる活躍に向け、全国の消防吏員に占める女性の比率を平成38年度当初までに5%に引き上げるよう数値目標を設定しており、今後益々の女性消防吏員の活躍が期待されています。

 音楽隊員募集!

  神戸市消防局では、音楽隊員として勤務のできる音楽の素養がある方も求めています。
 (消防職員として採用されるものであり、音楽隊以外の消防業務に就くこともあります)

 消防局の仕事紹介

  消防局の仕事内容を、KOBE動画チャンネルで紹介しています。
  4月から新たに広報PR動画「守りたい街がある」を掲載しています。
  消防局の業務内容や訓練の様子などを紹介していますので、ぜひ御覧ください。
  
  以下のリンクから視聴できます。

問い合わせ先

神戸市消防局 総務部 職員課
〒650−8570 神戸市中央区加納町6丁目5番1号 神戸市役所4号館3階
電話 (078)322−5739

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。