神戸市-KOBE-


消防音楽隊の演奏

最終更新日
2017年4月18日

スマートフォン等、環境によっては再生できないことがあります。

神戸市歌  (信時 潔:作曲、木村靖弘:作詞)

1.朝雲(あさぐも)あがれり 光のうずに 伸びゆくいらかの 虹こそかかれ
 伝統つとに時代に先駆く 絵巻とひろがる 歴史の都
 栄(は)えあれ神戸 神戸 神戸 われらひらかん


2.潮の香揺れひく 汽笛のすえに 七つの海原 幸(さち)よぶかどで
 躍進きょうぞ 時代に勢(きお)えり 名だたる海港 世界の都
 栄(は)えあれ神戸 神戸 神戸(こうべ) われら興(おこ)さん


3.山脈(やまなみ)明(あ)かれり 呼交(よびこ)う声に 心もはずみて いそしむところ 
 産業まさに 時代に羽ばたく 花咲き匂える 文化の都
 栄えあれ神戸 神戸 神戸 われらたたえん

神戸市消防の歌 (神戸市消防局:詞選定、富田 砕花:詞補作、永野 善三郎:作曲)

1.六甲雲(くも)に立つところ 港都(こうと)のまもり身に負いて
 日夜を分かず防災の 構えは解かぬ奉公に
 消防われらのこの至誠(しせい) おお神戸市消防隊


2.指令一たび飛ぶところ 隊員機材挙(こぞ)り立ち
 猛火にいどみたじろがず たばしり競う水ばしら
 消防われらのこの備え おお神戸市消防隊


3.日新 良心 前進の 訓(おし)えの楯に降りつみて
 かがやく雪もいさぎよし 隊旗にちかう烈烈(れつれつ)の
 消防われらのこの気魄(きはく) おお神戸市消防隊

ハロー・ファイアマン  (石田昌勝:作曲)

神戸市消防音楽隊のために作曲された行進曲です