神戸市-KOBE-


神戸市民防災総合センター

最終更新日
2016年12月1日
  • [12月1日]「消防音楽隊」ページを更新しました。
  • [11月24日]「応急手当講習会」ページを更新しました。
  • [11月15日]「消防学校」ページを更新しました。
  • [11月7日]トップページを更新しました。
  • [9月26日]「消防科学研究所」ページを更新しました。
  • [9月16日]「特別消防隊」ページを更新しました。

市民防災総合センターこのホームページでは、神戸市消防局の施設である神戸市民防災総合センターについて紹介します。

神戸市民防災総合センターは、昭和54年3月に開所しました。
消防職員、消防団員を教育・訓練する消防学校、市民や事業者などを対象に防災研修や応急手当講習会を実施する市民研修係、演奏による消防広報などを行う消防音楽隊、火災原因の鑑定などを行う消防科学研究所で構成され、『安全都市 神戸』を支えるため、人材育成や、災害の軽減などを目的とする業務を行っています。

また、消防長の命により特別消防隊として出動できる体制を整えています。

業務内容

ペーパークラフト

特別消防隊が運用している車両のペーパークラフトです。