神戸市-KOBE-


神戸市消防局監修 生活あんぜん・あんしん情報誌『雪』

最終更新日
2016年6月1日

『雪』 平成28年6月1日発行第68巻第6号(通巻780号) 神戸市消防局は、神戸市危険物安全協会発行の月刊誌『雪』に、消防に関する情報や日常生活に役立つ情報をご提供するとともに、その監修に携わっています。
 
 『雪』は、さまざまな顔を持った特色ある月刊誌です。
○防災・防火・救急などに関する情報をご提供する『情報誌』です。
○神戸市が実施する施策や事業をご紹介する『広報誌』です。
○安全で安心なまち“神戸”を発信する『タウン誌』です。
○行政と市民を結び、人と人、地域と地域をつなぐ『コミュニティ誌』です。
○神戸にゆかりのあるさまざまな著名人が集う『文芸誌』です。
○市民の皆さまの安全を守る消防職員の資質向上を図る『機関誌』です。
○人・事故・災害などの記憶を後世に伝える『記録誌』です。

お知らせ

 平成23年5月号から7月号に掲載した「東日本大震災 緊急消防援助隊派遣職員手記」と平成23年10月号に掲載した「東日本大震災 東北地方消防職員手記」が旬報社より一冊の本として出版されました。
 また、同社より出版されたものの絶版となっていました「阪神・淡路大震災 消防隊員死闘の記」が復刊されました。

情報誌『雪』 最新号のご紹介(神戸市消防局情報提供部分)

平成28年6月1日発行 第68巻第6号(通巻780号)

TOPIC!設置していますか?住宅用火災警報器

グラビア記事

第46回神戸まつり
長田四大祭 第12回花水木まつり
第93期初任科鍛錬健足訓練
建設中の高速道路で橋げた落下事故発生

その他の記事

平成28年度危険物安全週間
神戸市消防局新車両のご紹介「津波・大規模風水害対策車」

情報誌『雪』関連ページ

誌名「雪」の由来

消防章 「消防章」と呼ばれる消防のマークは、太陽を中心に水管・管そう・筒先から放出する水柱を配した「雪の結晶」の形をしています。 雪の結晶は、水・団結・純潔を意味し、消防士の性状を、水管・管そう・水柱は、消防の任務を遂行する機械と水を、太陽は、市民の皆さまをあたたかく守りたいという、消防士の願いを表しています。
 「雪」は、創刊当初は「神戸消防」という名前でしたが、昭和27年11月号から消防の象徴である「雪」に改名しました。

情報誌『雪』発行概要

 『雪』は昭和24年3月7日、神戸市消防局職員向け機関誌『神戸消防』として創刊後、のちに『雪』と改名し現在に至ります。
 当時から消防記事に限らず、文芸・評論・時事解説などを掲載、執筆陣も神戸に関わりの深い文化人、大学教授など多岐にわたり、神戸の文化・情報誌の草分けともいわれています。
 現在は「生活あんぜん・あんしん情報誌」として、神戸市内の事業所の皆さま、市民の皆さま、まちづくり関係者、全国の消防・防災関係者などにお読みいただいています。
 また、日本赤十字社兵庫県支部「兵庫県声の図書赤十字奉仕団」“グループはあもにい”により、毎号記事の抜粋が朗読、録音され、全国の視覚障害者の皆さんに届けられています。
 『雪』は、市民の皆さまや市内事業所の皆さまをはじめ、消防職員・消防団員の購読料と広告掲載料で成り立っています。
 
装丁 A5判 基本80ページ(4色カラー)
内容 生活安全情報、消防関連記事、一般記事(エッセイ、スポーツ、映画・本紹介)など
定価 1部250円(本体+消費税) 
※年間購読料(平成27年4月号から翌3月号) 3,936円(消費税・送料含む)
販売場所 
・神戸市役所2号館2階「市政情報室」
・神戸・三宮センター街「あかつき書房」
・神戸市総合インフォメーションセンター

情報誌『雪』に関するお問い合わせ先

生活あんぜん・あんしん情報誌『雪』監修委員会事務局

掲載内容については、こちらにお問い合わせください。 
電話 078−325−8510(神戸市消防局予防課内)

神戸市危険物安全協会事務局

年間購読のお申込み、広告掲載のお申込みについては、こちらにお問い合わせください。『雪』は全国どなたでもご購読いただけます。
電話 078−325−8515(神戸市消防局査察課内)