神戸市-KOBE-


設置してよかった!住宅用火災警報器(奏功事例)

最終更新日
2018年9月20日

平成29年に全国で発生した住宅火災は11,408件、
死者は889人(放火自殺者を除く)でした。
住宅火災13件に一人の割合で、尊い命が失われています。

住宅用火災警報器を設置しててよかった! 事例 (奏功事例)

住宅用火災警報器の義務化以降、神戸市内で実際にあった奏功事例をご紹介します。

火災を直前に防いだ事例

しらすちゃん早く気づく

早く気付く

初期消火に成功した事例

しらすちゃん2階でも気づく

初期消火成功

4コマ漫画アロマテラピー

4コマ漫画仏壇

近所の人が気づいてくれた事例

しらすちゃん近所の人が気づく

近所の人が気付く

たばこの不始末

設置してよかった!事例一覧(奏功事例一覧)

平成29年末までに神戸市であった火災警報器等の奏功事例の一覧です。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。