神戸市-KOBE-


電源コードにいたわりを

電源コードだけでも様々な出火原因があります

 私たちの生活になくてはならない電気製品ですが、これまで多くの火災が発生しています。中でも電源コードから出火した事例は数多く、様々な原因により火災へ至っているのをご存知でしょうか?
 使用者の不注意や誤使用により、火災が発生していることも多いことから、適切に使用することで未然に火災を防ぐことができます。今回は、火災が発生する原因と予防方法を紹介していきます。

トラッキング

 呼んで字のごとく、トラック(電気の通り道)が形成されて出火に至る現象です。まず、プラグ刃間のような通常電気が通らない箇所に、埃や水分が付着することで、微弱な電流が流れる状態となります。すると、火花放電を繰り返し、プラグ刃間の樹脂が徐々に炭化して出火に至ります。

トラッキングイメージ

【予防策】
 電源プラグ等は差しっぱなしにしないでください。トラックは隙間に入った埃や水分等の異物により徐々に形成されることから、定期的な確認とこまめに清掃をすることで発生を抑制できます。冷蔵庫の裏などの普段、触らない箇所は特に注意が必要です。

半断線

 電源コードの芯線に屈曲や踏み付けといった外部からの大きな力が加わることで、芯線の一部が断線することです。半断線した部分の抵抗が増えることで発熱し、絶縁被覆が溶融します。すると、異極間の芯線が接触しショートして出火に至ります。

判断線イメージ

【予防策】
 電源コードが損傷しないように家具等に接触する場所に這わさない、カバーを取り付け保護する、ステープル等で固定しないようにしてください。また、電源プラグをコンセントから抜く際は、コードを引っ張らずに必ず電源プラグを持って抜くようにすることも大切です。

過電流

 テーブルタップ等の接続器具には、最大消費電力が定められていますが、たこ足配線のように最大消費電力を超えてしまうと、異常発熱して発煙や発火するおそれがあります。また、電源コードを束ねた状態や、コードリールを巻いた状態で使用していると、放熱しにくくなり、最大消費電力以下の使用状況でも発熱するおそれがあります。

電源コードを束ねて出火

【予防策】
 最大消費電力を必ず確認し、コードを伸ばして発熱しない使用状況にすることも心掛けてください。   
 また、エアコン等の消費電力の大きな電気製品の中には、始動時に一時的に大電流が流れることがあるため、最大消費電力内でも発熱するため、事前に取扱説明書や本体表示を確認し、記載されている指示に従ってください。

少しの予兆を見逃さないで!

 電気コード等の接続器具は出火するまでに予兆が見られることがあります。電源が付いたり消えたりすれば半断線になっていたり、異臭がすれば、発熱による絶縁被覆の溶融やトラックが形成しているなどの可能性があります。
 少しでも予兆に気付けば、すぐに点検し、使用の中止や買い換えを検討してください。

コードを束ねる(NITE動画)コードを束ねる(NITE動画)

机でコード損傷机でコード損傷(NITE動画)

実験動画神戸市消防局実験動画