神戸市-KOBE-


カセットボンベ・スプレー缶の火災

カセットボンベやスプレー缶はコンパクトで使い勝手がよく、カッセトコンロのほかにも殺虫剤、制汗剤など様々な用途に使用されています。時期を問わずほとんどの人が使うことがあるカセットボンベ・スプレー缶ですが使用方法や処理方法を間違うと大きな事故に繋がります。

カセットボンベ・スプレー缶の起因する火災件数

過去5年のカセットボンベ・スプレー缶の起因する火災(平成29年は8月16日現在の件数)を比較すると、今年は例年と比較し多いペースで発生しています。
要因としてカセットボンベ・スプレー缶の穴あけ中の火災が増えていることが考えられます。
また、こういった火災は人の近くで発生することから、高い確率で負傷者が発生し、ほとんどの人が火傷を負います。

表

火災事例

ガスコンロで調理中にシンク内で中身が残っているカセットボンベに穴を開けガス抜きをしたところ引火爆発した。

再現実験

写真は家庭の台所を再現しており向かって左側にガステーブルコンロ、右側にシンクが配置されています。
(1)台所のガステーブルコンロの右側のバーナー上で片手鍋を使用し湯を沸かしていた際にカセットボンベの穴あけ作業を行った。
(2)シンクに溜まった可燃性ガスがガステーブルコンロに溢れ出てバーナーの炎に引火。
ガスは空気より重いため、シンクに溜まりやすく、近くで火を扱うと溜まったガスに引火します。   
過去の事例では給湯器などに引火した例もあります。

出火前

出火した瞬間

火災の発生要因

カセットボンベ・スプレー缶は中にLPG(液化石油ガス)等の可燃性のガスが入っており、コンロの火やライターの火などの火源はもちろん、静電気などの小さな火花でも引火して火災に至る恐れがあります。

火災を防ぐためには

廃棄の際は、神戸市の場合、中身を使いきり「火の気のない」「風通しのよい屋外」で穴をあけてガス抜きを行ってください

正しく使用し適正に廃棄!

カセットボンベ・スプレー缶の火災はほとんどが人のミスによるものです。少しの心がけで防げることですので、正しく安全に使用し適正に廃棄しましょう