神戸市-KOBE-


身の周りに潜む火災を予防しよう!!

 今回は火災統計から出火原因上位のものについて、出火事例と、その予防方法をご紹介します。

出火原因別統計

 過去5年の火災を出火原因別にみると、「放火」「たばこ」「コンロ」「電気」が毎年のように出火原因の上位を占めています。

 平成22年平成23年平成24年平成25年平成26年
1位放火
(171)
放火
(178)
放火
(163)
放火
(157)
放火
(150)
2位コンロ
(79)
たばこ
(80)
たばこ
(76)
たばこ
(82)
たばこ
(74)
3位たばこ
(77)
電気
(59)
コンロ
(71)
コンロ
焼却火
(56)
電気
(59)
4位電気
(58)
コンロ
(50)
電気
(57)
コンロ
(54)

放火による火災

ポストの中に放火している様子 放火による火災件数は年々減少していますが、依然として出火原因の1位となっています。
 
事例
(1)建物の窓枠に掛けられたビニール傘に放火され、建物外壁と自転車が焼損した。
(2)郵便受けに花火を投げ入れられたため、郵便受け内にあったチラシ等が焼損した。
 
 このように、放火は建物の周囲に置かれた物品に火をつけられるケースが大半です。家の周囲に傘立てや家庭ごみなど、燃えやすいものを置かないようにし、ポスト
には投函されたチラシや手紙類をためないようにしましょう。

たばこ火災

吸殻をゴミ箱に捨てている様子 近年、たばこの健康への影響が広く報じられ、街中での喫煙スペースの縮小、飲食店では「店内禁煙」のマークを見かけることも少なくありません。こういった背景から、喫煙者が減ってきているように思われますが、たばこによる火災は出火原因の上位を占めています。
 
事例
(1)布団上でたばこを吸っていて、火種が敷布団の上に落ちたことに気付かずに寝てしまったため火災に至った。
(2)灰皿内の火のついた吸い殻をゴミ箱に投げ入れたため、ゴミ箱内の紙屑に着火し、出火した。
 
 たばこ火災の予防として、喫煙する際は決まった場所で喫煙し、吸い殻はそのまま他の
ゴミと一緒にせず、いったん水に浸してから捨てるようにしましょう。

コンロ火災

着衣着火の様子 コンロ火災はSiセンサーコンロの普及で減少傾向にあるものの、年間60件近く発生しています。
 
事例
(1)ガスコンロで、サラダ油を温めている途中に、その場を離れたためサラダ油から出火した。
(2)ガスコンロ奥に落としたしゃもじを取ろうとした際、ガスコンロの炎が着衣に着火した。
 
 調理中はその場を離れず、揚げ物をする際は過熱防止装置の付いたコンロを使用するようにしましょう。
 また、着衣着火の防止には、防炎製品の着用が効果的です。

電気火災

トラッキングの様子 電気火災は過去5年で見ると横ばいの数値ですが、私たちの生活環境において多種多様の電化製品が普及していることから、今後、増加していくものと予想されます。
 
事例
(1)テーブルタップに差し込まれたコンセントプラグがショート(トラッキング現象)し出火した。
(2)テーブルタップにたこ足配線していたため過負荷により出火した。
 
 
 トラッキング現象は、ほこりのたまりやすい場所で発生しやすく、コンセント周りを定期的に掃除するようにしましょう。なお、拭き掃除をする際は洗剤や水を使わず、乾拭きするようにしてください。

実権動画

QRコード 火災を予防するには、まず火災を知ることです。神戸市消防局では、さまざまな出火実験をおこない、動画を神戸市消防局ホームページとYou Tubeに配信しています。右のQRコードを読み取ってぜひご覧ください。