神戸市-KOBE-


リチウムイオン電池の思わぬ危険性

 新年、明けましておめでとうございます。本年も市民の皆さんの生活に役立つあんぜん情報を発信していきますのでよろしくお願いします。

私たちの回りの携帯機器

 私たちの身の回りには、今や携帯電話にデジタルカメラ・ビデオ、ノートパソコンなど携帯できる電子機器で溢れ、これら電子機器の充電池としてはリチウムイオン電池が大半を占めています。さらにこのリチウムイオン電池の生産性、安全性等の向上により、近年では電気自動車や飛行機のバッテリー等多岐にわたり使用されています。今や我々の生活に無くてはならない電池といえるでしょう。

リチウムイオン電池とは

 電子機器の電池は、アルカリ、ニッケル水素電池が主流でしたが、高機能の電子機器の登場で小型で大容量の電池が必要となり開発されたのが、このリチウムイオン電池です。
 この電池のメリットは、
 (1)電圧が高い
 (2)エネルギー密度が高い
 (3)メモリー効果がない
 (4)サイクル寿命が長いなど高い利便性がある
 デメリットとしては、
 (1)エネルギー密度が高いため、危険性も高い
 (2)常用領域(一般的に4・2ボルト以下)と危険領域(4・3ボルト以上)が接近している (過充電等で火災危険がある)
 (3)電解液に有機溶媒(可燃性)が使用されているため高温で発火危険がある
 これらのデメリットより、以前から神戸市でも火災事例が報告されていました。
 
 火災事例
 (1)ノートパソコンを充電していたところ突然発熱・発火したが2件。
 (2)ラジコン専用電池を充電していたが、充電器の設定が間違っていたため過充電となり発火した。
 (3)携帯電話の電池パックを犬が噛んだことにより、発熱出火した。
 (4)釣用電動リールを充電しようとしたが、なかなか満充電にならず、数十時間充電した後に発熱出火した。
 (5)ラジコン専用電池を2年ぶりに充電しようとしたがバランス充電していなかったために発熱出火した。
 (6)携帯電話用の携帯充電器を充電していたところ発熱出火した。
 これら火災事例で共通していることは、そのほとんどが充電中に出火していることです。

  • 事例(2)過充電により発熱出火
  • 予備電池にも犬の歯形が確認される

なぜ充電中に火災事故が多いの?

 リチウムイオン電池はデメリットでも書いた通り非常にデリケートな電池で、充電中にその影響が顕著に現れます。そのため電池にガス排出弁や保護回路が設置されています。保護回路には電圧・電流や温度を監視するセンサーや2セル以上の電池をバランスよく充電するバランサーなどのいずれかが設置されています。
 充電中、万が一、リチウムイオン電池に異常があれば充電を中止してくれますが、エラーが出ているにもかかわらず無理やり充電した場合や専用充電器以外、また間違った設定で充電した場合など保護回路が正常に働かず、電池内部から発熱し出火に至ったケースがあります。
 事例(1)、(6)は、電池本体の不具合による火災と判明しましたが、事例(2)、(4)、(5)は取り扱い不良と判明しました。

異常の前兆とかはないのですか?

ノートパソコンのバッテリー内部の状況 充電前や充電後に膨らんでいた場合や普段と違うと感じた場合は直ちに充電を中止してください。
 また、長期間使用していない場合も、電池が劣化(過放電状態2・5ボルト以下)している可能性が高く、充電器で充電してもエラーが表示されますので、これらの異状の際は無理に充電せず使用を取りやめてください。

他に注意することはないですか?

 事例(3)のように、動物が噛んだり、高所からの落下衝撃により破損爆発することもありますので、保管場所及び取り扱いには十分注意してください。
 また電池の充電、保管の際は、高温多湿下を避け、安全な場所で専用充電器を使用してください。他の諸注意も取扱説明書または注意書きに記載されていますので使用の際には必ず目を通すようにしましょう。
 我々の生活の質を向上してくれる携帯電子機器ですが、消費者の危険知識の向上も望まれるところです。