神戸市-KOBE-


可燃性ガスによる火災 スプレー製品・カセットボンベにご用心!

身近にある可燃性ガス

 日々の生活で使用している可燃性ガスには、どのようなものがあるでしょうか?ガスこんろの都市ガスやプロパンガス、またはカセットボンベといった、燃焼させることを目的としたものがすぐに想像されるかと思います。
 しかし、それら以外にも、私たちは日々の生活の中で、燃焼させることを目的としていない、可燃性ガスを含んだスプレー製品をたくさん使用しています。
 今回は、身近に存在する可燃性ガスが火災を引き起こした事例を紹介し、その危険性について考えてみたいと思います。

殺虫剤のガスに引火した事例

ろうそくの火が足元のガスに引火しています 自宅の玄関で見つけた害虫を駆除しようと、住人がスプレー式殺虫剤を害虫に向けて噴射し、明り取りのろうそく用意したところ、玄関に溜まっていた殺虫剤に含まれる可燃性ガスに、ろうそくの炎が引火し爆発しました。
 この火災が起こった要因の一つに、スプレー式殺虫剤に使われていた可燃性ガスが空気よりも重たい気体であったため、居室よりも一段低くなった玄関に滞留していたことが挙げられます。

シュレッダーが爆発した事例

シュレッダーが爆発しています シュレッダーを使用中、紙詰まりを起こして動かなくなったため、パソコン等の機器の埃を吹き飛ばすための「エアダスター」をシュレッダーに吹きかけたところ、シュレッダーから発生した何らかの火花が、内部に滞留していた可燃性ガスに引火し、爆発しました。
 この火災が起こった要因の一つに、使用されているガスのほとんどが可燃性ガスであるエアダスターを、シュレッダーへの使用を禁止する注意書きに気づかずに、吹きかけたことが挙げられます。

スプレー製品にご注意!

 スプレー製品による火災は、爆発を伴って発生するため、ほとんどの事例で負傷者が発生しています。
 スプレー製品は、その便利さから、危険性については忘れられがちですが、まずは製品に記載された注意書きをよく読み、その内容に従って、火の気のない安全な場所で使用してください。

捨てる時にもご注意!

 神戸市内では、ごみ回収作業中のごみ収集車から出火する火災が、毎年20件以上発生しています。
 これらの火災の原因のほとんどが、スプレー製品やカセットボンベに残っていた可燃性ガスに起因しています。

適切な廃棄方法とは?

 スプレー製品やカセットボンベは以下の手順で廃棄しましょう。
1 最後まで使い切る。
2 本体に穴を開ける。
3 燃えないごみの袋にスプレー製品とカセットボンベのみを入れる。
4 カセットボンベ・スプレー缶の廃棄日に、定められた場所に出す。
 ただし、注意点があります!「最後まで使い切る」とを守らずに穴をあけてしまうと、ガスが穴から漏れ出て爆発を引き起こす可能性があり大変危険です!必ず最後まで使い切り、火の気がなくて風通しの良い屋外で穴を開けるようにしてください。

※廃棄方法については下記のリンクを参照下さい。

回収ボックス設置中!

回収ボックスのイラストです 神戸市ではエアゾール缶の拠点回収を進めており、環境局の各事業所の他に、一部の区役所や消防署(北消防署・北神分署・垂水消防署・高丸出張所・西消防署)においても、回収箱を設置しています。
 穴を開けることに不安を感じられる方は、お近くの回収箱までお持ちください。