神戸市-KOBE-


垂水消防署 救急のページ

最終更新日
2016年9月7日

インフルエンザに気を付けて (^^)/

インフルエンザ対策 残寒の候、皆様風邪など召されずにお過ごしでしょうか。
先日私はインフルエンザにかかってしまいました。インフルエンザは高熱にうなされとても辛い病気です。インフルエンザが流行っている現在、マスクをしていても感染してしまうことが有ります。
そこで、今回私が皆さんに伝えたいのは、感染してしまった後、他の人にうつさないようにすることが大事ということです。インフルエンザは高熱が出て2日もすれば、熱は下がり、体調も良くなってきます。しかし、熱が下がったからと言って外へ出てはいけません。インフルエンザウイルスは熱が下がっても潜伏しており、他の人にうつしてしまいます。
現在、インフルエンザにかかっている人、身内でインフルエンザにかかっている人がいましたら、潜伏期間に気を付けて下さい。

垂水養護学校スクールバス救急対応訓練を実施しました

訓練風景 平成28年8月24日 垂水消防署内において、垂水養護学校のスクールバス車内における救急対応訓練を実施しました。スクールバスで登下校中における児童・生徒の急病、急変等に対する緊急時の初動対応訓練をスクールバス車内と、その緊急連絡を受けた養護学校職員室の双方が同時に行い、課題を抽出し、緊急時の初動対応能力の向上並びに、現状のマニュアル改善に繋げ、児童・生徒の安全安心に寄与することを目的として、垂水養護学校が主体的に訓練計画から実施までを行い、垂水消防署救急係員がその訓練のサポートを実施しました。垂水養護学校と垂水消防署の連携を深め、双方にとって有意義な訓練となりました。

平成27年度 救急技術研修会開催される

救急技術研修会の様子神戸市消防局では、救急技術研修会を2日間にわたり開催しました。この救急技術研修会は、医師から救急隊の活動について指導と助言を受けることにより、救急隊の知識及び技術の研鑽を計ることを目的としています。救急隊32隊が救急活動のシミュレーションをおこない、医師の検証を受けました。

救急隊員は市民の安全安心を確保する最前線部隊として、様々な研修をおこなって活動技術を向上させています。

感染症にご注意を!

 1月以降、神戸市内においてインフルエンザの流行が目立ってきました。
 また、この時期はノロウィルス等による感染性胃腸炎も流行します。
 下記の情報を参考にしてください。

ヒートショックについて

 立春もすぎ、暖かさを感じる日もありますが、まだまだ寒い日もありそうです。
 神戸市消防局では、ヒートショックについて注意を促しています。 
 ヒートショックとは、気温の低い日に、暖かい室内と、浴室や洗面所等の家の中でも寒い場所との急激な温度差により、血圧の急激な変化を招くことでおこる現象です。
 詳細については、下記をご覧ください。

 上記リンク先ページでもお伝えしているとおり、高齢者が一人で入浴する場合は、家族に一声かけてから入浴するように、家族内でルール作りを行ってください。
 また、家族の方は、高齢者の入浴中には、ときどき声を掛けて様子を見るなど、高齢者を長時間一人きりにしないようにしてください。
 「ヒートショック」により体がダメージを受けた場合には、速やかに救急要請してください。

救急車が来るまでにできること

 いざというとき、救急車が来るまでに、あなたにもできることがあるかもしれません。
 下記リンクをご覧ください。