神戸市-KOBE-


西消防署

最終更新日
2018年10月12日

お知らせ

 西消防署では、平成30年10月9日から平成30年11月30日ごろまで、エレベーター取替工事が行われます。
 工事期間中は、エレベーターが使用できません。また、騒音などが発生します。
 ご迷惑をおかけしますが、ご協力よろしくお願いします。
 
 

情報

西消防署トピックス

防火管理の基本と届出についてまとめたインデックスを作成しました!

防火管理インデックス

住宅用火災警報器の奏功事例

 西消防署管内で、「住宅用火災警報器を設置していたおかげで、間一髪、燃え広がらずに済んだ。」という事案がありましたので、紹介します。


 この事案は、早朝、家人がまだ寝ている時間に発生しました。
 家人は2階で寝ており、火事が発生したのは無人の1階リビングでした。
 住宅用火災警報器の音で目を覚ましたご主人は、1階のリビングに急いで降りていくと、電気温風器のそばの服から、1mくらいに炎が上がっているのを発見。水道水による消火でそれ以上に燃え広がらず消し止めることができました。


 このお宅ではリビングにも住宅用火災警報器を設置しており、しかも、設置している3台を無線連動型という1つの警報器が感知すると他の部屋の警報器も鳴り出すタイプでしたので、より早い段階で対処できました。

電気温風器と住宅用火災警報器の状況

燃えた服の状況(上)電気温風器と住宅用火災警報器の状況
(下)燃えた衣類の状況

 このように、住宅用火災警報器は、住人に音声等の警報でいち早く火災を知らせることで、早期発見、消火、避難を可能にします。
 住宅用火災警報器は法律で設置が義務付けられています。
 自分や大切な家族の命を守るためにも、まだ設置していないお宅は、すみやかに設置しましょう。

カセットガスボンベの処理方法にご注意を!

 神戸市内の居酒屋でガス爆発が起こりました。
 報道によりますと「店員が店の奥でカセットコンロ用の使い捨てガスボンベ数本に穴を開けてガスを抜く作業をしていたところ、爆発した」というものでした。
 他にも不適切なガスボンベの廃棄処理方法により火災が発生しています。
 廃棄にあたっては、次の点に気をつけて廃棄処理をしてください。


1 全部使い切ってください
2 必ず火の気のない風通しのよい屋外で穴をあけてください
3 他のごみと絶対に混ぜないで、指定袋に入れて廃棄してください


 下の写真は、IHヒーターの上で、カセットコンロを使用していたところ、誤ってIHヒーターのスイッチを押してしまったため、カセットガスボンベが熱くなって爆発した事案の写真です。
 爆発の威力が伝わってきます。

爆発により破壊したカセットコンロの状況(左)カセットボンベの爆発により、破壊したカセットコンロ
(右)爆発により、底が吹き飛んだカセットボンベ(左側のボンベは正常品)

火災で被災した際の手続き案内(平成23年11月15日)

消太敬礼イラスト火災で自宅が全焼・半焼した市民の方が、一日も早く普段の生活に戻るための手続き等がスムーズに行えるよう、各種手続きや問い合わせ先をまとめた案内一覧を作成しました。
なお、神戸市西区以外で発生した火災の場合、連絡先が異なる場合もありますので、その場合は各機関に確認してください。

放火されない環境づくりについて

放火イラスト例年出火原因の上位に放火があげられます。
火災が多発する時季を前に市民の皆様には、「放火されない環境づくり」のために、火の元に注意していただくとともに、屋外に燃えやすいものを放置しない、あるいは無人の建物は施錠を徹底していただくなど、注意していただきますようお願いします。

コンテンツ

速報データ

西区で発生した火災の件数と、救急出動件数です。速報値ですので、訂正される場合があります。

西区月別火災発生件数
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月総数
平成28年48114109416772284
平成29年73710108597610 82
 
西消防署月別救急出動件数
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月総数
平成28年7977808067056866638628127077177738579165
平成29年893715815708730745856785641805805 8498

環境宣言

西消防署は、平成19年3月に「神戸環境マネージメントシステム」ステップ2の認証を受け、環境マネージメント活動を推進しています。

こうべ環境フォーラムロゴ

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。