神戸市-KOBE-


災害対応シミュレーションゲーム 『ダイレクトロード』

最終更新日
2016年7月14日

震災対応シミュレーションゲーム「ダイレクトロード」協力の中に道は開ける・・・
防災ゲーム『ダイレクトロード』は、
神戸市消防局が作成したカードゲーム型の防災研修教材です。
  
災害時に周りの人の命を救うために必要な、現実的で具体的な行動を、仲間と協力して楽しみながら学ぶことができます。社内のビジネス研修や学校での防災学習、地域活動等にご活用ください。

ダイレクトロード 『海辺の町』

ダイレクトロード第1弾は、南海トラフ地震直後1時間をシミュレーションする『海辺の町』です。ゲームを通して、地震直後の行動を修得するとともに、コミュニケーション能力、リーダーシップ、情報分析能力の向上を目指しましょう。

ゲームの想定

ここは瀬戸内海に面した美しい海辺の町。ある日、とうとう南海トラフ地震が発生し、大きな被害が出ています。皆さんは、それぞれが持ち寄った情報や知識を基に、周りにいる人たちに指示を出して、さまざまな被害に対処してください。なお、この町には地震発生から80分で津波が到達すると予想されています。自分たちが避難する時間を考えると、活動できる時間は限られています・・・

ゲームに必要なもの
道を切り開く仲間5〜7人(1グループにつき)1グループ6人が最適です
全体の進行役1人進行票がありますので誰でもできます
周りにいる人役グループが多い場合に数人2グループまでなら進行役が兼ねられます
説明書1枚ゲームの想定とルールが書いてあります
地 図1枚不完全な「海辺の町」の地図です
情報カード(28枚)1セット情報が文字・画像・暗号で書いてあります
指示書(4枚)1セット4種類の指示書を作成することになります
Looking back用紙人数分ゲーム後の振り返り用紙です
筆記具鉛筆数本・消しゴム各自1本づつ用意してください
10時計1個グループ毎にあれば最適です
ゲームのルール

ダイレクトロード「海辺の町」28枚の情報カードから町の位置関係を割り出しつつ、被害状況の把握と対処方法を見つけます。そして4種類の指示書を作成して、周りにいる人(役)に的確な指示を出します。ただし、自分の情報カードは他のメンバーに見せることはできず、全て言葉にして伝えなければなりません。

ゲームの進め方

ダイレクトロード実施風景1 各グループに「説明書(1枚)」「地図(1枚)」「指示書(4枚)」を配ります。
2 メンバーに「情報カード(28枚)」を裏向けで1枚ずつ全て配ります。
3 想定とルールを説明します。 (10分間)
4 ゲームを行ないます。 (45分間)
5 全員に「Looking back用紙」を配って記入してもらい、振り返りを行ないます。 (15分間)
  
※複数グループで実施する場合は、タイムを競うグループ戦にすると盛り上がります。
※初対面のグループでもアイスブレイクはおこなわず、災害発生時と同じ、たまたま居合わせた緊張感の中で実施してください。むしろ「クロスロード」「HUG」「DIG」などの防災ゲームのアイスブレイクとしてお使いください。

ダイレクトロード 『海辺の町』 をやってみたくなったら・・・

自由利用マーク以下よりデータをダウンロードして、チャレンジしてください。
推奨対象は、中学2年生から70歳位までの方です。
内容を変更せず、非営利目的であれば、ご自由に使用・転載・複製していただいてかまいません。その代わり実施された場合は、ご意見・ご感想をお送りいただき、さらなる地域防災力の向上に、ご協力をお願いします。
      
難易度別にBasic(主に中学生向け)、Standard(一般向け)、Master(防災関係者向け)の3タイプがあります。
実施には「3タイプ共通部分」&「情報カード」のどちらか&「指示書」のいずれか、をダウンロードしてお使いください。実施後に「フィードバック用紙」で取りまとめを行ない、結果をご送信ください。

Copyright (C) 2015 Kobe City Fire Bureau. All Rights Reserved.
    
※神戸市内の場合は、消防職員が進行役として参加させていただくこともできますので、ご相談ください。
※正解例が必要な場合は、「フィードバック用紙」内に記載した担当宛てにメールをお送りください。折り返しお送りします。

注意事項

『海辺の町』の状況設定は、津波到達までに時間的な余裕のある地域です。太平洋岸にお住まいの方々や、津波の心配が無い地域にお住まいの方々は、その点をご了承のうえ実施してください。

全国の消防職員の皆さまへ

たくさんのお問い合わせをいただき、ありがとうございます。
誰でも自由に無償で使うことができる、市民向けや職員向けの新たな研修教材を、ゲーミフィケーションを用いた手法で作成しませんか?個人でも組織単位でもかまいません。ご賛同いただける方はご連絡ください。

リンク

全国各地の地域や学校で、知恵を絞った防災教育や防災訓練が実践されています。
以下のサイトには、良質な情報が集まっていますので、参考にしてください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。