神戸市-KOBE-


兵庫区保育所防災フェア2019を実施しました(令和元年5月29日)

最終更新日
2019年6月18日

 令和元年5月29日(水曜)、兵庫公会堂で区内保育所園児に兵庫消防団による防災教育が実施されました。
 火災時の避難の仕方や衣類に着火した場合の対処の仕方など、子供たちが実際に体を動かして楽しく体験してもらう「アメリカ式防災教育」や、地震防災紙芝居、消防車見学などの防災学習を行いました。

徒歩による避難 「みんなで安全なところへ!」
 大きな地震により津波警報が発令されたという想定で、各保育所から湊川公園まで徒歩により避難しました。

消防団員による「アメリカ式防災教育」の説明を真剣に聞き、体を動かして楽しく体験できました。 「とまる!たおれる!ころがる!」
 衣類に着火した場合は、立ち止まり床に倒れて転がると火を消すことが出来ます。

シーツを煙に見立てて脱出 「煙からの避難は姿勢を低くして!」
 シーツを火災の煙に見立ててみんなで脱出しました。

防災絵本の読み聞かせ 神戸市消防局企画の防災絵本『地震がおきたら』
 垂水消防団の方々に読んで頂きました。

消防車の見学 「大きくなったら消防士さんになりたいな!」
 消防士さんのお話を聞く目はキラキラと輝いていました。

消防音楽隊お演奏 「みんなで楽しく」
 消防音楽隊の演奏にあわせて歌って踊って、大いに盛り上がりました。