神戸市-KOBE-


地域の取り組み 安全・安心活動

活動内容の紹介

兵庫区防災福祉コミュニティの取組み

防コミ写真防災福祉コミュニティとは、阪神・淡路大震災の教訓をもとに大災害時の対応として、「自助=自らの命は自らで守る」、「共助=自分たちのまちは自分たちで守る」という精神で地域の安全安心を守るため作られた自主防災組織で、兵庫区にあっては平成7年度、明親校区からスタートし平成13年度には兵庫区内全域の17地区で結成されました。

これらの組織を支援するために地区担当制度があります。地区担当制度とは、防災福祉コミュニティの皆様が、防災訓練などの防災に対する取り組みを実施しやすいよう消防防災課消防係の係員が地区担当者となって個々に防災福祉コミュニティを支援しています。

※ご注意※
消防係員は24時間3部交替制なので3日毎に出勤します。地区担当者への相談等は事前に係名を確認してください。

兵庫区防災ジュニアライセンスチームの取組み

ジュニアライセンスチーム写真この取組みは、学校と地域住民及び消防団・消防署が連携して、区内中学校1年生に対して体験型の防災教育を実施することにより、災害に対する知識を習得するだけでなく、「命の尊さ」及び「助け合いの大切さ」を学び、地域の一員として防災訓練等の地域活動にも積極的に参加できる人材を育成することを目的します。

兵庫区婦人防災安全委員の取り組み

この制度は、コミュニティ防災意識の核として、市民の都市災害に対する自主的な防災意識の高揚を図るとともに、家庭における防災安全体制づくりを推進し、もって市民生活の安全性を高めることを目的として発足し、神戸市婦人団体協議会より推薦を受けた300名に対し、神戸市消防長が2年の任期で委嘱しています。
兵庫区では、25名の委員が委嘱されており、兵庫区総合防災訓練に参加するなど様々な防災活動を実施しています。

兵庫区グリーンパトロール員の取り組み

山のアイコングリーンパトロールは、山を愛し、山を守ろうとする市民の中から、グリーンパトロール(みどりを守る指導委員)を委嘱し、市民と行政機関とのコミュニケーションを深めるとともに、その活動を通じて、神戸市の山林における火の使用、木の愛護等についての正しい知識を広め、山でのモラルを高め、もって神戸のみどりを守ろうとするものです。
兵庫区では、16名の委員が神戸市長より委嘱されており、山火事防止や山のみどりを守るための活動を実施しています。

はちどりネット

はちどりネットアイコン「はちどりネット」(防災協力事業所)とは、JR福知山線列車脱線事故を契機として、身近で事故などが発生した場合、あらかじめ登録した住民や事業所など(災害連絡員)に事故発生の一報を伝える連絡網を整備すると共に、登録された事業所(防災協力事業所)は、自分たちのできる範囲でできることを自主的にしていただこうという制度です。
兵庫区では、26事業所に登録していただき、その業種の特殊性を生かし、地域の防災に貢献していただいています。

〜南米アンデス地方の古くてあたらしいお話〜
炎が燃え盛る森、われ先にと逃げ惑う動物たち。
だれもがみな自分のことだけを思う気持ちで精一杯。
そんな中、ちいさなちいさな一匹のハチドリだけが、
何度も何度も森へと飛んでいき、水のしずくを1滴ずつ落としていく。
笑ってたずねる動物たちにハチドリはこう答えます。
「私は、私にできることをしているだけ」

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。